工廠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

工廠(こうしょう)は軍隊直属の軍需工場で、武器・弾薬をはじめとする軍需品を開発・製造・修理・貯蔵・支給するための施設。造兵廠とも呼ばれる。大日本帝国陸海軍はそれぞれ直轄の軍需工場を持っていた。立地条件としては、他国からの攻撃をできるだけ避けられる安全な場所で、輸送の便のよいところが望ましい。

第二次世界大戦末期、工廠は米軍の空襲目標の一つとして攻撃を受けた。当時、成人男性の多くは戦地に送られ、工廠には学生たちが学徒動員され働いており、彼らも空襲の犠牲者となった。

自衛隊は工廠と呼べるものを持たず、兵器の開発・製造を民間企業に委託している。

陸軍の工廠[編集]

再編統合を繰り返したため、それらの名称はさまざまに変わったが、主なものをここに挙げる。

陸軍造兵廠

戦前
戦中

など

海軍の工廠[編集]

海軍工廠

戦前
戦中

内陸に位置する工廠へは鉄道の専用線が引かれた。今も各地の道路やトンネルにその跡が残る。


関連図書[編集]

  • 『陸軍工廠の研究』佐藤 昌一郎 八朔社 ISBN 4938571765(1999/07)
  • 『横須賀海軍工廠史 (1)』 明治百年史叢書 (329) 横須賀海軍工廠 原書房  ISBN 4562013788 (1983/01)

他国の相当する施設[編集]

アメリカ合衆国
イギリス
  • イングランドアーセナルFCなど、工廠の労働者で結成されたチームを起源とするサッカークラブの多くが「工廠」を意味する"Arsenal"をチーム名としている。