トライバル級駆逐艦 (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トライバル級駆逐艦
写真はコサック。
艦級概観
艦種 駆逐艦
艦名 種族名
前級 リバー(河川)級
次級 ビーグル級
性能諸元
排水量 常備:865~1,090トン
満載:-トン
全長 76.2~82.3m(アマゾンは85.3m)
全幅 7.62~7.92m(アマゾンは8.07m)
吃水 2.5~2.6m
機関 形式不明重油専焼水管缶4基
+形式不明直結タービン3基3軸推進
最大
出力
14,000~15,500shp
最大
速力
33.0ノット
航続
距離
-ノット/-海里
燃料 石炭:185トン
乗員 67~72名
兵装 アームストロング 10.2cm(40口径)単装速射砲2基
アームストロングMark 1 12 cwt 7.62 cm:12ポンド(40口径)単装速射砲5基
45cm単装魚雷発射管2基

トライバル級駆逐艦(Tribal class destroyer)は、第一次世界大戦前にイギリス海軍が1905年から1908年にかけて建造した駆逐艦の艦級で12隻が建造された。艦名に世界各国の種族(tribe)の名を用いていることから、この名がある。

概要[編集]

前級であるリバー級は石炭専焼水管缶と3段膨脹式四気筒レシプロ機関と組み合わせて最大速力25.5ノットを発揮したが、これにイギリス海軍第一海軍卿ジョン・アーバスノット・フィッシャーは「次世代の駆逐艦の最大速力は33ノットが望ましい。これを達成するためには新開発の蒸気タービンを採用しなければならない」と提唱した。本級の設計によりそれは反映されたが、代償として小型の船体に嵩張る機関を詰め込んだために本級の船体は脆く、危ういものとなってしまった。このため、イギリス海軍は不具合を改善するべく順次船体を大型化して対処した。また、要求速力33ノットは発揮できたが、代償として燃料消費が大きく、行動範囲は狭められてしまった。なお、本級の基本設計は個々の造船所に任せられたために各造船所ごとにデザインの差異が生じた。

同型艦[編集]

本級は1905年計画において1906にかけて5隻がまず発注され、建造された。

  • アフリディ(Afridi)

ビッカーズ社アームストロング・ニューカッスル造船所より1907年5月8日に竣工。1919年に除籍後解体処分。

  • コサック(Cossack)

キャメル・レアード社Birkenhead造船所より1907年2月16日に竣工。1919年に除籍後解体処分。

  • グルカ(Ghurka)

Hawthorn社ニューカッスル造船所より1907年4月29日に竣工、1917年2月8日に触雷沈没。

  • モホーク(Mohawk)

J S White社Cowes造船所より1907年3月15日に竣工。

  • タタール(Tartar)

ソーニクロフト社Woolston造船所より1907年6月25日に竣工。1921年に除籍後解体処分。

さらに5隻の発注が提案されたが、実際に1906年~1907年計画において建造されたのは2隻だけであった

  • アマゾン(Amazon)

ソーニクロフト社Woolston造船所より1908年7月29日に竣工。1919年に除籍後解体処分。

  • サラセン(Saracen

J S White社Cowes造船所より1908年3月31日に竣工。1919年に除籍後解体処分。

1907年~1908年にかけて5隻が発注されて建造された。

  • クルセーダー(Crusader)

J S White社Cowes造船所より1909年3月20日に竣工。1920年に除籍後解体処分。

  • マオリ(Maori)

ウィリアム・デニー&ブラザー社Dumbarton造船所より1909年5月24日に竣工。1915年5月7日に触雷して沈没。

  • バイキング(Viking)

パルマー社ヤーロー造船所より1909年9月14日に竣工。1919年に除籍後解体処分。

  • ヌビアン(Nubian)

ソーニクロフト社Woolston造船所より1909年4月21日に竣工。1916年10月27日にFolkestoneにてドイツ海軍の駆逐艦による魚雷攻撃で大破。

  • ズールー(Zulu)

Hawthorn社ニューカッスル造船所より1909年9月16日に竣工。1916年10月27日に触雷して大破。

2隻の大破、そして結合[編集]

同時期に大破した2隻の駆逐艦の無事な部分を接合して1隻の正常な駆逐艦として再生するプランが海軍に提出され、実行された。ズールーの艦首部とヌビアンの艦後部を接合する工事が1917年6月7日にチャタム王立造船所で完了された。この駆逐艦は2隻の艦名の造語である「ズビアン(Zubian)」と命名されて1917年6月7日に就役した。しかし、再生後間もない1919年に除籍され、解体処分された。

参考文献[編集]

  • 『Conway All The World's Fightingships 1906–1921』(Conway)

関連項目[編集]