ブラックスワン級スループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラックスワン級スループ
HMS Black Swan 1945 IWM FL 2274.jpg
ブラックスワン級スループ、HMS ブラックスワン(L57)
HMS Mermaid IWM FL 15205.jpg
改ブラックスワン級スループ、HMS マーメイド(U30)
艦級概観
艦種 スループ
艦名
前級 イーグレット級
次級
性能諸元
基準排水量 原型:1,250トン
改型:1,350トン
全長 91.3 m
水線長 86.3 m
全幅 12 m
吃水 基準:3.4 m
満載:3.56トン
機関 アドミラリティ式重油専焼三胴型水管缶2基
+パーソンズギヤードタービン2基2軸推進
最大出力 原型:3,600 hp(2.68 MW)
改型:4,300 hp(3.21 MW)
最大速力 原型:19ノット(35 km/h)
改型:20ノット(37 km/h)
航続距離 12ノットで7,500(22 km/hで13,900 km)
燃料 重油:403~428トン
乗員 180名(改型は192名)
兵装 QF Mk XVI HA 10.2cm:4インチ(45口径)連装高角砲3基6門
ヴィッカーズ QF 4cm:2ポンド(39口径)単装ポンポン砲4基4門
ヴィッカーズ 12.7mm( 50口径)連装機銃4基8門(ブラックスワン級)
エリコンFF 20 mm 機関砲×12門(2連装砲架×6基、改ブラックスワン級)

ブラックスワン級スループBlack Swan class sloop)はイギリス海軍第二次世界大戦時のスループの艦級。改ブラックスワン級もここで扱う。ブラックスワン級は8隻が1939年から1943年に進水し、改ブラックスワン級は29隻が1942年から1945年に進水した。

概要[編集]

フレデリック・ジョン・ウォーカーの乗艦「スターリング」。

本級は船団護衛用に駆逐艦より低速で浮上したVII型IX型Uボートよりは高速であるように機関を小型化した替りに軽巡洋艦並の長大な航続距離を有し、対潜能力に特化したフラワー級などのコルベットリバー級などのフリゲートと同じ設計思想で建造された艦級であるが、戦訓により航空機による航空攻撃への対処として対空火力を強化した改設計が行われたのが本級である。

本級は第二次世界大戦で29隻のUボートを沈め、特にフレデリック・ジョン・ウォーカーが指揮する「スターリング」は9隻のUボートの撃沈に関与した。

戦後もイギリス海軍、エジプト海軍インド海軍パキスタン海軍および西ドイツ海軍で活躍した。1949年4月、アミシスト長江中華人民共和国軍の攻撃を受けた。何隻かは朝鮮戦争に参加した。

艦形[編集]

基本デザインは前級をベースにしており、長船首楼型船体を踏襲している。 軽いシア(艦首の反り返り)の付いた艦首甲板から主砲の10.2cm連装高角砲を背負い式で2基、番主砲の基部から上部構造物が始まり、その上に箱型の艦橋の背後に軽量な三脚式の主マストが立つ。船体中央部の1本煙突の後方に艦載艇が置かれ、2本1組のボート・ダビッドが片舷1基ずつ計2組により運用された。その後方に後部見張り所が立ち、船首楼の最後部に3番10.2cm主砲が後ろ向きに1基が配置された。甲板一段分下がった、後部甲板上に対潜爆雷が配置された。

武装[編集]

主砲は「1936年型 QF Mk XVI HA 10.2cm:4インチ(45口径)高角砲」を引き続き採用している。15.9 kgの砲弾を仰角45度で18,150m、最大仰角80度で11,890mの高度まで到達できた。これを連装砲架で3基を搭載した。砲身の俯仰は仰角80度・俯角10度で旋回角度は340度の旋回角度を持っていたが、実際は上部構造物で射界に制限を受けた。発射速度は毎分15~20発だった。

他に近接対空火器として「4cm(39口径)ポンポン砲」を単装砲架で4基搭載した。近接火器として「ヴィッカーズ 12.7mm(50口径)機関銃」を連装砲架で4基を搭載した。

機関[編集]

機関はアドミラルティ三胴式重油専焼水管缶2基にパーソンズ式オール・ギヤードタービン2基2軸と組み合わせて最大出力3,600hpで最大速力19ノットを発揮した。改良型は4,300馬力で速力20.0ノットと僅かに向上した。

ブラックスワン級[編集]

インド海軍[編集]

  • ゴダヴァリ(HMIS Godavari, U52):1943年3月21日進水。後にパキスタンへ、シンド(Sind)と改名。
  • ジャムナ(HMIS Jumna, U21):1940年11月16日進水。
  • ナルバダ(HMIS Narbada, U40):1942年12月21日進水。後にパキスタンへ、ジェラム(Jhelum)と改名。
  • サトラジ(HMIS Sutlej, U95):1940年10月1日進水。

イギリス海軍[編集]

改ブラックスワン級[編集]

インド海軍[編集]

  • カーヴィリ(HMIS Cauvery, U10):1943年6月15日進水。
  • キスナ(HMIS Kistna, U46):1943年4月22日進水。

イギリス海軍[編集]

  • アクティーオン(HMS Actaeon, U07):1945年7月25日進水。後に西ドイツへ、ヒッパー(Hipper)と改名。
  • アラクリティ(HMS Alacrity, U60):1944年9月1日進水。
  • アミシスト(HMS Amethyst, U16):1943年5月7日進水。
  • チャンティクリア(HMS Chanticleer, U05):1942年9月24日進水。1943年11月18日、U-515の攻撃で損傷、全損となる。
  • クレイン(HMS Crane, U23):1942年11月9日進水。
  • シグニット(HMS Cygnet, U38):1942年7月28日進水。
  • ハート(HMS Hart, U58):1943年7月7日進水。後に西ドイツへ、シェーア(Scheer)と改名。
  • ハインド(HMS Hind, U39):1943年9月30日進水。
  • カイト(HMS Kite, U87):1942年10月13日進水。1944年8月21日にU-344に沈められる。
  • ラプウィング(HMS Lapwing, U62):1943年7月16日進水。1945年3月20日にU-968に沈められる。
  • ラーク(HMS Lark, U11):1943年8月28日進水。1945年2月17日、U-968の攻撃で損傷、全損となる。
  • マグパイ(HMS Magpie, U82):1941年12月30日進水。
  • マーメイド(HMS Mermaid, U30):1943年11月11日進水。後に西ドイツへ、シャルンホルスト(Scharnhorst)と改名。
  • モデスト(HMS Modeste, U42):1944年1月29日進水。
  • ネレイデ(HMS Nereide, U64):1944年1月29日進水。
  • オポッサム(HMS Opossum, U33):1944年11月30日進水。
  • ピーコック(HMS Peacock, U96):1943年12月11日進水。
  • フェズント(HMS Pheasant, U49):1942年12月21日進水。
  • レッドポール(HMS Redpole, U69):1943年2月25日進水。
  • スナイプ(HMS Snipe, U20):1945年12月20日進水。
  • スパロー(HMS Sparrow, U71):1946年2月18日進水。
  • スターリング(HMS Starling, U66):1942年10月14日進水。
  • ウィンブレル(HMS Whimbrel, U29):1942年8月25日進水。後にエジプトへ、エル・マローク・ファローク(El Malek Farouq)と改名。
  • ワイルドグース(HMS Wild Goose, U45):1942年10月14日進水。
  • ウッドコック(HMS Woodcock, U90):1942年11月26日進水。
  • ウッドペッカー(HMS Woodpecker, U08):1942年6月29日進水。1944年2月27日にU-256に沈められる。
  • レン(HMS Wren, U28):1942年8月11日進水。

関連項目[編集]