フレデリック・ジョン・ウォーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレデリック・ジョン・ウォーカー
Frederic John Walker
Fredericjohnwalker.JPG
生誕 1896年6月3日
イギリスの旗 イギリスデヴォン州プリマス
死没 1944年7月9日
イギリスの旗 イギリスマージーサイド州シーフォース
所属組織 イギリス海軍
軍歴 1909 - 1944
最終階級 大佐
テンプレートを表示

キャプテン・フレデリック・ジョン・ウォーカー (Frederic John Walker, CB, DSO and three Bars, RN) (1896年6月3日1944年7月9日) (his first name is given as Frederick in the en:Oxford Dictionary of National Biography[1] and some en:London Gazette entries) はイギリス海軍士官。第2次世界大戦中、大西洋の戦いを通じて、最も成功した対潜戦指揮官の1人である。同名のウィスキーに倣い、ジョニー・ウォーカー(Johnnie Walker)の名で知られた。

来歴[編集]

ジョン・ウォーカーはイギリスの港湾都市、デヴォン州プリマスにて、フレデリック・マレーとルーシー・セライナ (旧姓 Scriven)・ウォーカーの子として生まれた。彼はデヴォン州ダートマス海軍兵学校に進み、優秀な成績を収める。最初の勤務は、弩級戦艦エイジャックス(HMS Ajax)の士官候補生として、1916年にマーメイド(HMS Mermaid)の、1917年にシェパードン(HMS Sarpedon)の中尉として乗船した。第1次世界大戦の終結に伴い、ウォーカーはクイーン・エリザベス級戦艦ヴァリアント(HMS Valiant)へと向かった。ジェシカ・アイリーン・ライダー・ストバートと結婚し、3人の子供を儲けた[1]

戦間期、1920年代-1930年代[編集]

戦間期、ウォーカーは対潜戦を自らの専門分野とした。1924年ドーセット州ポートランドにて設立されたの対潜学校HMSオスプレイ(HMS Osprey)のコースに入校する。ウォーカーはこの形態の海戦におけるエキスパートの一人として、この分野を専門とするポストにつき、いくつかの主力艦にて従事した。1933年5月、彼は中佐に昇進し、第一次世界大戦中に建造された駆逐艦シカリ(HMS Shikari, D85)を担当した。1933年12月、ウォーカーは中国艦隊所属のショアハム級スループファルマス(HMS Falmouth, L34)を指揮。1937年4月、ウォーカーはHMSオスプレイの司令官(Experimental Commander)になった。

第2次世界大戦[編集]

1939年-1941年[編集]

1939年の第2次世界大戦勃発時、ウォーカーは軍人としてのキャリアを終えるかに思われた。中佐から大佐への昇進を断念し、実際に早期退役を待つ身であった。しかし、1940年に退役までの猶予が与えられると、 サー・バートラム・ラムゼー中将下の参謀長に命ぜざれた。しかし、大西洋の戦いにおいて不可欠である対潜戦についての専門知識を持ち合わせているにもかかわらず、ウォーカーは指揮権を与えられないままだった。彼のその任間中、イギリス海外派遣軍, BEF)のフランスからダンケルクでの撤退作戦が行われた。330,000人のイギリス軍・フランス軍将兵のイギリスへの救出を持って、その撤退作戦は奇跡的に成功した。その撤退作戦での業績により、Mentioned in Despatches(MID)を授かる[2]

対潜戦の指揮[編集]

1941年10月、ウォーカーは指揮権を授かると、第36護衛群英語版を、バターン級スループBittern class sloopストーク(HMS Stork, L81)から指揮を執った。この護衛群は2隻のスループと6隻のコルベットからなり、ウェスタンアプローチ管区司令部のあるリヴァプールを拠点とした。はじめ、主にジブラルタルを往来する護送船団を護衛する任務に就いた。

Uボートの脅威に対する、彼の革新的な戦術が初めて試されたのは、32隻で構成されたHG76船団を護衛した時であった。12月19日、その航路の間、5隻のUボートのうち、U-574を含む4隻はウォーカーのグループによる爆雷と激突により沈められた。HG76船団護衛におけるイギリス海軍の損失は、護衛空母オーダシティ(HMS Audacity, D10)、駆逐艦スタンレイ (HMS Stanley, I73)と2隻の商船であった。 この戦闘は大西洋の戦いにおける、輸送船団の初の勝利とされる。 1942年1月6日、Distinguished Service Order英語版(DSO)を受勲する。「恐るべき敵からの攻撃に晒された、我が国にとって貴重な護送船団を護衛し、その間、我らの部隊により彼らの潜水艦と航空機を破壊した、その勇気、手腕、そして決断力」("For daring, skill and determination while escorting to this country a valuable Convoy in the face of relentless attacks from the Enemy, during which three of their Submarines were sunk and two aircraft destroyed by our forces")がその理由であった[3]。彼の隷下であった第36群は、さらに少なくとも3隻のUボートを沈めることに成功した。1942年7月、彼のDSOに最初の線章を与えられた[4]

新対潜戦術の確立[編集]

1942年、ウォーカーはいつか彼が療養することを認めていた第36護衛群を離れ、リヴァプール駆逐隊指揮官英語版となる。1943年、彼は最終的に6隻のスループ型砲艦英語版からなる第2支援群の指揮官となり、船団指揮官として復帰する。 ウォーカーは新型のブラックスワン級スループスターリング(HMS Starling, U66)から指揮を執った。 この支援群は船団を護衛することで行動を制限されるというよりも、船団の対潜能力の強化を目的としていた。ウォーカーはウェスタンアプローチ管区司令長官マックス・ホートン大将にその革新的な新戦術を提案していた。ウォーカーのような、カリスマ性のある対潜戦のスペシャリストと、その下の部隊との連携は、強い力となった。基地への帰還時に船上のタンノイ製スピーカーでA Hunting We Will Goを演奏したという逸話があり、彼のカリスマ性の現れともされる。

1943年-1944年[編集]

IX型Uボート
X型Uボート

1943年6月、ウォーカーは自らの駆逐艦スターリングによって、2隻のUボートを沈没させる功を奏する。6月2日、U-202を爆雷及び砲撃により、6月24日、U-119を対潜爆雷及び激突により沈めたのである。同日、同部隊は、U-449を沈めている。ウォーカーが編み出した最も成功した戦術の一つとして、クリーピング攻撃英語版があげられる。攻撃中Uボートとの接敵を保つため2隻の艦船が共に任務にあたる。これを改善したものとして、爆雷弾幕攻撃英語版がある。これは3隻以上のスループが直線状に並び、対潜爆雷を発射し、集中攻撃を与え、歩兵前方を大砲にて弾幕砲撃する戦法に類似した方法により攻撃する。7月30日、ウォーカーの部隊はビスケー湾を浮上航行中の3隻のUボートに遭遇する。 内2隻はミルヒ・クー(乳牛)と呼ばれた補給用潜水艦XIV型であった。彼が全艦追撃英語版の信号を掲げると、彼の部隊はそれを攻撃し、損害を与え、その潜水を防いだ。XIV型U-462、IX/C40型U-504の2隻はウォーカーの部隊により、XIV型U-461はオーストラリア空軍ショート サンダーランド飛行艇により沈められた。

ウォーカーがリヴァプールへ帰還すると、潜水艦パルティアン(HMS Parthian, N75)が地中海にて1943年8月に喪失、彼の息子であったティモシーが同時に戦死したことを知らされた。

1943年9月14日、バス勲章 (CB)を受章する。"大西洋の戦いにおける対潜戦において、駆逐艦スターリングの指揮をした際のリーダーシップ、そして勇気"("for leadership and daring in command of battleship in successful actions against submarines in the Atlantic." )がその理由である[5]

1943年11月6日、ウォーカーの部隊はU-226とU-842を沈める。1944年前半、ウォーカーの部隊はその効率の良さを1回の哨戒中に6隻のUボートを沈めることによって示す。1944年1月31日、ウォーカーの部隊はU-592を沈め、その年始めての敵艦の撃沈となった。2月9日、彼の部隊はU-762、U-238及びU-734を一交戦中に沈める。さらに、2月11日にU-424を、2月19日にU-264を沈める。1944年2月20日、ウォーカーの部隊の1隻であるウッドペッカー(HMS Woodpecker, U08)が魚雷攻撃を受け、その7日後、本国への曳航中に沈没し、船員は全員救出された。彼らは、市民と海軍本部からの興奮と歓喜とともに、彼らのリヴァプールの基地へ帰還した。A・V・アレクサンダー英語版第一海軍卿はウォーカーたちを歓迎した。ウォーカーは大佐に昇級し、DSOに2個目となる線章を受勲する[6]

3月、ウォーカーの部隊は、レンドリース法によりソ連海軍へ貸与されるためにロシアへと向かうアメリカ海軍軽巡洋艦ミルウォーキーの護衛にあたった。その往路にて、ウォーカーの部隊は2隻のUボートを撃沈し、復路にて3隻目を撃沈させた。ウォーカーの最後の任務は、D-デイにてフランスへ上陸せんとする連合国船団をUボートから守ることであった。その2週間、彼は指揮官として成功した。ウォーカーによる船団は1隻のUボートも見逃さず、多くの敵艦を沈没ないしは破損させた。ウォカー隷下の、この一致協力した遂行の間、彼の任務への献身はすさまじいものであった。休む間もない任務を遂行し、その激務は彼の死へと大きくつながる。1944年6月13日、そのDSO(Distinguished Service Order)に対し、3個目の線章を[7]、1944年6月20日、再びMIDを賜与される[8]

逝去[編集]

1944年7月7日、ウォーカーは脳梗塞を発症する。その2日後、マージーサイド州シーフォース英語版の海軍病院にて48歳で死去。その死は激務と過度の疲労によるものであるとされる。

葬儀はリヴァプール大聖堂にて執り行われ、約1,000人の者が参列した。海軍将兵たちが並ぶ葬列は、リヴァプールの街路を抜け、ドックへと進んだ。棺は駆逐艦ヘスペルス (HMS Hesperus, H57)に乗船し、彼のその最後の行路にて水葬に付された[9]。1944年8月1日、先の名誉に対しMention in Despatchesが授けられた。[10]

余話[編集]

マージー川沿いピアヘッドに立つフレデリック・ジョン・ウォーカーの像

ウォーカーは、大西洋の戦いにおいて、他のイギリス海軍及び連合国海軍指揮官より多くのUボートを沈めた。その手腕は大西洋の戦いにおける勝利への助けとなり、先の大戦において最も重要な指揮官の1人となった。1998年、リヴァプール彫刻家トム・マーフィーによる、典型的なポーズをとったジョニー・ウォーカー大佐の像は、エディンバラ公フィリップによってリヴァプールマージー川沿いのピアヘッド英語版にて公開された。この像のための運動は、キャプテン・ウォーカー同窓協会英語版によって開始された。2003年、この協会のメンバーは、大西洋の戦いの勝利の60周年記念日英語版にて彼らの僚友を祝うために、リヴァプールで集まった。

ジョニー・ウォーカーの孫、パトリック・ウォーカーもまた、イギリス海軍にて勤務している。皮肉にも、彼は潜水艦乗組員として第1潜水戦隊(First Submarine Squadron)の大佐の地位にまで昇級した。パトリックはウォーカー大佐及び彼に奉仕した者に捧げられたキャプテン・ウォーカー同窓協会の会長であるという。

出典[編集]

  1. ^ a b Sainsbury, A. B. (September 2004; online edition, January 2008). “‘Walker, Frederick John (1896–1944)’ (subscription required)”. Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/36690. 2008年1月24日閲覧。
  2. ^ London Gazette: no. 34925, pp. 5063–5068, 1940年8月16日. 2008年1月24日閲覧。
  3. ^ London Gazette: (Supplement) no. 35407, p. 135, 1942年1月2日. 2008年1月24日閲覧。
  4. ^ London Gazette: no. 35648, p. 3346, 1942年7月28日. 2008年1月24日閲覧。
  5. ^ London Gazette: (Supplement) no. 36169, p. 4073, 1943年9月10日. 2008年1月24日閲覧。
  6. ^ London Gazette: (Supplement) no. 36390, p. 902, 1943年9月10日. 2008年1月24日閲覧。
  7. ^ London Gazette: (Supplement) no. 36561, p. 2817, 1944年6月9日. 2008年1月24日閲覧。
  8. ^ London Gazette: (Supplement) no. 36572, p. 2932, 1944年6月16日. 2008年1月24日閲覧。
  9. ^ Macintyre, Donald (1976 (1st ed 1956)). U-Boat Killer. Annapolis, Maryland: Naval Institute Press (1st American ed). pp. 148. ISBN 0-87021-964-2. 
  10. ^ London Gazette: no. 36634, p. 3568, 1944年7月28日. 2008年1月24日閲覧。
  • Robertson, Terence (1956). Walker, RN. London: Evans Brothers Limited. 
  • Dan van der Vat: The Atlantic Campaign (1988). ISBN 0 340 37751 8
  • Paul Kemp: U-Boats Destroyed ( 1997). ISBN 1 85409 515 3

外部リンク[編集]