ヴァリアント (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Valiant (1914).jpg
就航時のヴァリアント
艦歴
発注: フェアフィールド社ゴーヴァン造船所
起工: 1913年1月31日
進水: 1914年11月4日
就役: 1916年2月19日
退役: 1945年7月
その後: 1950年にスクラップ
除籍: 1948年3月19日
性能諸元
排水量: 27,500トン
36,513t(満載)
全長: 195.3m
全幅: 27.6m
(1944年:31.7m)
吃水: 8.8m
機関: ヤーロー重油専焼水管缶24基
+ブラウン・カーチス直結タービン(高速・低速2組4軸推進
最大出力: 56,500shp
最大速力: 24ノット
航続距離 10ノット/4,500海里
(1944年:12ノット/7,400海里)
燃料 重油 3,400トン
乗員 950-1,220名
兵装: 竣工時:
38.1cm42口径MkI連装砲 4基
11.4cm45口径MkI及びMkIII連装両用砲 10基
2ポンド8連装ポンポン砲 4基
12.7㎜4連装機銃 4基
カタパルト 1基
水偵 3機

~1945年:
38.1cm42口径MkI連装砲 4基
11.4cm45口径MkI及びMkIII連装両用砲 10基
2ポンド8連装ポンポン砲 4基
20mm連装機銃 6基
20㎜単装機銃 35基
航空兵装なし
レーダー 竣工時:
279型 2基

~1944年:
273型 1基
274型 1基
275型 4基
279型 2基
282型 4基
283型 4基

ヴァリアント英語HMS Valiant)は、1914年進水イギリス海軍超弩級戦艦クイーン・エリザベス級の一隻である。

艦歴[編集]

1913年1月13日に起工。1914年11月4日に進水。1916年2月19日に竣工。建造はフェアフィールド社。

第一次世界大戦ではグランド・フリートの第5戦艦戦隊に所属して、1916年5月31日にはユトランド沖海戦に参加した。また、同年8月24日に戦艦ウォースパイトと衝突して損傷し9月まで修理をおこなった。

1939年に撮られた近代改装後のヴァリアント

戦間期の1937年3月から1939年11月にかけて近代化改装がおこなわれ、完了後に第二次世界大戦に参加した。

1940年7月3日、ジブラルタルを拠点とするH部隊の一員としてメルセルケビール海戦に参加。 8月末から9月初めのハッツ作戦地中海を通ってエジプトアレクサンドリアへ向かい、地中海艦隊所属となった。12月18日から19日にかけての夜、戦艦ウォースパイトとともにアルバニアヴァロナ砲撃した。1941年1月3日、戦艦ウォースパイト、バーラムなどと共にリビアバルディア砲撃をおこなった。同月エクセス作戦に参加。3月、マタパン岬沖海戦に参加。1941年12月アレクサンドリア入港中、イタリア軍の人間魚雷マイアーレによって大破着底させられた(アレクサンドリア港攻撃)。

1943年10月に空母フォーミダブルから撮られたヴァリアント

南アフリカダーバンでの修理後に地中海に戻り、1943年にはシチリア島上陸作戦(ハスキー作戦)やサレルノ上陸作戦(アヴァランチ作戦)を支援した。1944年東洋艦隊に編入されインドネシアの日本軍攻撃に参加。1944年8月8日セイロン島トリンコマリー浮きドックに入渠中、ドックの崩壊によって本艦は横転、船体中央部のスクリュー軸2本と主舵を損傷した。応急処置の後本格的な修理を行うため8ノットでアレクサンドリアに回航されたが、本艦は針路を保持することが難しく、スエズ運河を通行する前に座礁した。結局、そのままでスエズ湾の通過は困難と判断され、喜望峰経由でイギリスに回航し、デヴォンポート工廠でサルベージ業者と熟練のダイバーにより損傷したスクリュー2軸を切除してから1945年7月退役した。

1948年3月にスクラップとして売却され、1950年解体。

関連項目[編集]

参考図書[編集]

  • 「世界の艦船増刊第22集 近代戦艦史」(海人社)
  • 「世界の艦船増刊第83集 近代戦艦史」(海人社)
  • 「世界の艦船増刊第30集 イギリス戦艦史」(海人社)
  • 「世界の艦船増刊第67集 第2次大戦時のイギリス戦艦」(海人社)
  • 「Conway All The World's Fightingships 1906–1921」(Conway)
  • 「Conway All The World's Fightingships 1922-1946」(Conway)

外部リンク[編集]