D-デイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

D-デイD-Day)とは、戦略上重要な攻撃もしくは作戦開始日時を表す際にしばしば用いられたアメリカの軍事用語。語頭のDの由来については諸説あるが、一例として漠然とした日付を表すDayの頭文字という解釈がある[1][2]

歴史上最も有名なD-デイは1944年6月6日であり、これは第二次世界大戦中にナチス・ドイツ占領下のヨーロッパ連合国軍が侵攻を開始した「オペレーション・オーバーロード」の決行日である。詳しくはノルマンディー上陸作戦を参照のこと。

ノルマンディー上陸作戦のD-デイは当初1944年6月5日に設定されたが、悪天候により連合軍最高司令官ドワイト・D・アイゼンハワー元帥は翌6月6日に作戦を延期した。それ以来、1944年6月6日は一般的に「D-デイ」(フランス語では Jour-J もしくは Le Chocと呼ばれる)と呼称されるようになった。これが一般に広く知れ渡ったため、その後の軍事作戦立案担当者は作戦開始の日付を「D-デイ」と呼称するのを避けるようになった。例えば、ダグラス・マッカーサー元帥指揮によるレイテ島への侵攻作戦は「A-デイ」と呼称され、沖縄侵攻作戦は「L デイ」と呼ばれた。マッカーサーは日本本土侵攻作戦の開始日を「X-デイ」(九州、1945年11月に予定)「Y-デイ」(関東、1946年3月に予定)と提案していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ US Army. “US Army FAQ: What does the "D" signify in D-Day, and the "H" signify in H-Hour?” ((英語)). 2008-06-18(JST)閲覧。
  2. ^ “D-Day”. The Oxford Companion to World War II. Oxford: Oxford University Press. (2005). pp. 220. ISBN 0-19-280666-1. 

関連項目[編集]

参考文献[編集]