ジョニー・ウォーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョニー・ウォーカー赤ラベル

ジョニー・ウォーカー (Johnnie Walker) はスコッチ・ウイスキーの世界的に有名なブランドで、スコットランドキルマーノック (Kilmarnock)の発祥である。現在、ジョニー・ウォーカーは世界最大の総合酒類メーカーの英国ディアジオ社 (Diageo)の傘下に属するブランドの1つである。

ジョニー・ウォーカーはキルマーノックの町の駅のちょうど北側の醸造所で作られ続けている。いまだにストランド (Strand) 通りとジョン・フィニー (John Finnie) 通りには歴史的な保税倉庫と会社の事務所(今は地方自治体)がある。

ジョニー・ウォーカーはスコッチの銘柄としては世界で一番広まっている。200以上の国々で年間1億2000万本売れている。

歴史[編集]

ジョニー・ウォーカー青ラベル

もともとは「ウォーカーのキルマーノック・ウイスキー (Walker's Kilmarnock Whisky) 」として知られ、その銘柄は、ジョン・“ジョニー”・ウォーカーがスコットランドエアシャー (Ayrshire) の食料品屋でウイスキーを売り始めて、それが受け継がれたものである。銘柄は有名になったが、このウイスキーが有名になったのは息子のアレグザンダー・ウォーカーと孫のアレグザンダー・ウォーカー2世によるところが大きい。

ジョン・ウォーカーは1857年に亡くなったが、ウォーカー家が会社を立ち上げ、世界的に有名な銘柄に育て上げたことで彼の遺した物は確固たる物になった。

「ジョン・ウォーカーはウイスキーに名前をつけたが、息子のアレクサンダーのほうが重要な人物である。1852年、キルマーノックを壊滅的な洪水が襲った年にウォーカーの在庫は大打撃をうけた。アレクサンダーが1856年に事業に加わり、狭い範囲での雑貨屋の商売をやめて、卸売業をやるべきだと父親を説得した。会社は始めの頃いろいろな蒸留酒を出していた。キンタイアー半島キャンベルタウンウイスキーや、インナーヘブリディーズ諸島アイラウイスキー(これは、気の利いたスモーキーな風味)、パテントスティルかグレーンウイスキー、『グレンリヴェット』すなわちスペイサイド・ウイスキーなどである。 ウイスキーの売上はジョン・ウォーカーが売っている頃は会社の8%の収入にすぎなかったが、アレクサンダーが息子に会社をついで去る頃にはその数字は90から95%に上がった。」(引用Giles MacDonogh

アレクサンダー・ウォーカーは象徴的な四角いボトルを1870年に発表した。このボトルのもう一つの特徴といえば、ラベルである。24度の角度で張られている。1908年ジェームス・スティーブンソン代表取締役の時、ブランドの一新が行われた。ウイスキーの名前がウォーカーのキルマーノック・ウイスキー (Walker's Kilmarnock Whiskies) からジョニー・ウォーカー・ウイスキー (Johnnie Walker Whisky) に変わった。さらにスローガン「創業1820年-今も続く、力強く!」 (Born in 1820-Still going Strong!) ができた。さらに、2007年現在も広告に使われている大またで歩く人の絵も作られた。商業デザイナーのトム・ブローン (Tom Browne) の描いた絵の人は、テールのある赤いコートを着て、シルクハットをかぶり、片眼鏡をつけヘシアン・ブーツを履き、ステッキを持っており、創業者ジョン・ウォーカーに似せて描かれている。

日本ではジョニ黒、ジョニ赤の名前で親しまれていたが、1957年当時、ジョニ黒は1万円で売られていた。当時の1万円は大卒初任給の二ヶ月分に相当する。2007年のジョニ黒と比べると100倍以上(2007年は大卒初任給約20万円に対して、ジョニ黒の安売店での実売価格は2000円強)していたことになる。当時は洋酒は総じて高価であり、庶民の憧れであった。しかし、1985年頃に並行輸入品や海外旅行土産の免税品が普及すると、より入手しやすくなった。2009年10月、日本でのジョニー・ウォーカーの輸入販売元が長きに渡って輸入販売を担当したMHD モエヘネシー・ディアジオからキリンビールキリンホールディングス傘下)[1]に移行した[2]

ブレンド[編集]

1860年より前はモルトとグレーンウイスキーを混ぜることは違法だった[要出典]。その期間にジョン・ウォーカーはたくさんのウイスキーを売った。特に彼の「ウォーカーのキルマーノック・ウィスキー (Walker's Kilmarnock Whisky) 」である。

1865年にジョンの息子アレクサンダーはウォーカー初のブレンド「ウォーカーのオールド・ハイランド (Walker’s Old Highland) 」を生産した。

1906年から1909年はジョンの孫ジョージとアレクサンダー2世が製品を拡大して、色の名前で売り出した。第一次世界大戦中、「ジョニー・ウォーカー・ホワイト」を作り、1932年にはアレクサンダー2世が「ジョニー・ウォーカー・スイング」を発売した。下の表は様々なジョニー・ウォーカーのブレンドを並べ、生産の年と一番安いものから一番高いものまででまとめている。

Age 1865 - 1905 1906 - 1908 1909 - 1911 1912 - 1931 1932 - 1991 1992 - 1996 1997 - 2012 2012 - 現在
ヤング
(ブレンデッド)
オールド・ハイランド ジョニー・ウォーカー
白ラベル
none given
(ブレンデッド)
スペシャル
オールド・ハイランド
ジョニー・ウォーカー
赤ラベル
12年
(ブレンデッド)
ウォーカーの
オールド・ハイランド
エキストラ・スペシャル
オールド・ハイランド
ジョニー・ウォーカー
黒ラベル
17年
(ブレンデッド)
ジョニー・ウォーカー
スイング
15年
(ヴァッテッド)
ジョニー・ウォーカー・ピュア・モルト
通称:“グリーン”
18年
(ブレンデッド)
ジョニー・ウォーカー
ゴールド
ベリー・オールド
(ブレンデッド)
ジョニー・ウォーカー
ブルー
  • ジョニー・ウォーカー赤ラベル:グレーン・ウイスキーとモルト・ウイスキーのプレミアムブレンド。世界で最も売れているウイスキーでジョニー・ウォーカーの製品のなかで唯一、ほかの物と混ぜて飲むことを念頭においている製品である。
  • ジョニー・ウォーカー黒ラベル:40種類ものウイスキーのぜいたくなブレンド。そのどれもが12年以上熟成している。ウィンストン・チャーチルのお気に入りとも言われている。
  • ジョニー・ウォーカー・スイング:特徴的なボトルから名前がついた。底が特殊でボトルを前後に揺すっても大丈夫である。アレクサンダー2世の最後のブレンド(ゴールドとブルーが基になっていると彼のメモにある)で、アメリカにはめったにない。
  • ジョニー・ウォーカー・ピュア・モルト(通称「グリーン」)。ヴァッテッドモルト・ウイスキーで約15種類のシングル・モルト・ウイスキーからなる。代表的なのはタリスカー、クラガンモア、リンクウッド、カリラなどの15年熟成したものである。2012年春に廃止が発表され2013年の春には完全に廃止される。
  • ジョニー・ウォーカー・ゴールド・ラベル(ゴールドラベル・リザーブに改名):15種類以上のシングル・モルトの贅沢なブレンド。本来とても珍しいクライヌリッシュ (Clynelish) ・モルトが基である。アレクサンダー2世のブレンドのメモが基になっている。アレクサンダー2世はジョニー・ウォーカー100周年を記念して、熟成したモルトの特別なブレンドを作りたいと強く思っていた。第一次世界大戦が起こり、モルトが不足し努力は実らなかった。1950年にアレクサンダー2世のノートを引き継いだマスター・ブレンダーが、それを使って彼に捧げるブレンドを作った。しかし第二次世界大戦が起こり、仕入れの問題でまたも中断した。現在ジョニー・ウォーカーは、稀少だが必要な熟成したモルトの在庫を確保し、この100周年のブレンドはついにゴールドラベルとして手に入るようになったが、ついにモルトがなくなり販売を中止。新ゴールドとして販売するようになった。よって、ランク的にはグリーンラベルの後継品となる(グリーンはピュアモルトなので厳密には違うが)
  • ジョニー・ウォーカー・プラチナム・ラベル:貴重な貯蔵庫から選び抜かれた18年以上熟成のシングルモルトとグレンウイスキーをブレンドして誕生した新ラベル。位置的には旧ゴールドの位置に値する。味わい的には甘さとエレガントさとスモーキーさが絶妙なバランスを保ち、深く、リッチでありながらスムース。
  • ジョニー・ウォーカー・ブルー・ラベル:ジョニー・ウォーカーの究極のブレンド。すべてのボトルにシリアルナンバーがついていて、シルクの裏地の箱で売っている。証明書がついている。年数は書いていないが、50年から60年熟成したウイスキーが多種類ブレンドされていると言われる。
  • ジョニー・ウォーカー・ブルー・ラベル200周年記念:2005年にジョニー・ウォーカーの究極のブレンドの究極のボトルとして造られた。ブルー・ラベルのカスク・ストレングスを特別に放出し、四角いバカラ社製の水晶デカンタに瓶詰めされた。デカンタはシルクの裏地の革の箱に収まり特別の文書がついていた。超限定商品で4000ドル前後で売られた。
  • ジョニー・ウォーカー・スパイスロード:2012年11月に発売に発売された、ジョニー・ウォーカー・エクスプロラーズ・クラブ・コレクションの第1弾。トレード・ルート・シリーズの3つの中の最初のブレンドであり、偉大な交易路で発見された豊かさから着想された。ジョニー・ウォーカーのエージェントがアジアのにぎやかな市場で見つけたであろう活気、アロマ、スパイスなどを呼び起こさせるものになっている。このウイスキーは古いオークたるの中で熟成させ、スパイス市場を思い起こさせる強い仕上がりの素晴らしい口当たりの良さと豊かな香りを持っているが、依然としてジョニー・ウォーカー伝統にのっとっている。ボトルの口は白酒にように細くなっており、一度に大量に出ないようになっている。免税店限定販売品である。尚、エクスプロラーズ・クラブ・コレクションは全て免税店販売限定商品となる予定である。
  • ジョニーウォーカー・ゴールド・ルート:2013年3月7日に発売された、ジョニー・ウォーカー・エクスプロラーズ・クラブ・コレクションの第2弾。ウォーカー家やエージェントたちが新しいビジネスや豊かな冒険を求め、インカのピラミッドを望み、太平洋沿岸を下って中央アメリカからアンデス山脈の山々を旅しながら目にした雄大な眺望、多様な文化の旅に着想を得たもので、最高級の熟成したウイスキーを精選してブレンドし、豊かな滑らかさ、さわやかな香りを創り出し、口に含むとこの地方独特の果物の香り、美しく、豊かな金色のイメージが広がる。免税店限定販売品である。
  • ジョニーウォーカー・ロイヤル・ルート:2013年後半に販売予定のジョニーウォーカー・エクスプロラーズ・クラブ・コレクションの第3弾。こちらも免税店限定商品の予定である。

大衆文化の中のジョニー・ウォーカー[編集]

Black Label, Limited edition for F1 team McLaren Mercedes
ジョニー・ウォーカーのペイントが施されたマクラーレン・MP4-21

その他[編集]

2006年、ジョニー・ウォーカーはレバノンベイルートのビルにかけた巨大な広告でニュースになった。広告は、国が被害を受け困難を余儀なくされている人々に同情し励ましているが、窮状の原因が何であるかは示していない。これを紛争の片側に味方していると見る人もいる。同じ広告は北イスラエルにかかっていないからである[4]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参照[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 赤ラベルと黒ラベルのみ移行した。
  2. ^ Hughes, John (2005). Still Going Strong: A History of Scotch Whisky Advertising, Tempus Publishing Ltd., ISBN 0-7524-3174-9
  3. ^ 朝日新聞be編集グループ編『サザエさんをさがして』(朝日新聞出版、2005年)、pp.130-133
  4. ^ ベイルートの広告の写真あり