ヴァギナ・モノローグス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タフツ大学公演(2006年)

ヴァギナ・モノローグス』(原題:The Vagina Monologues)は、アメリカイヴ・エンスラーによって構成された一連の脚本、およびそれに基づく芝居の表題である。「ヴァギナ」は「女性器」、「モノローグス」は「独白(モノローグ)」の複数形であり、様々な女性たちが自らの女性器について語った内容が集められて構成されている。

概要[編集]

V.M.』は、200人を超える女性達へのインタビューに基づいた作品で、1996年にニューヨークのオフ・ブロードウェイで上演されて以来、世界60ヶ国で感動を生んでいる。大物女優のグレン・クローズメリル・ストリープも舞台を飾った。 [1]

日本では2004年、モニーク・ウィルソン(ニューヴォイスカンパニー)演出で初上演された。2005年の再演時には、Lynn Sherman、Monique Wilson、Jenny Jamora出演で英語上演、泉花、小野山千鶴、山本つづみ出演で日本語上演が行われた。 また2006年宮本亜門演出、内田春菊東ちづる野沢直子主演で上演が行われた。原作の「ヴァギナ」に相当する部分は、東京公演では「おまんこ」、大阪公演では「おめこ」とされた[2]

脚本の邦訳(白水社)表題は『ヴァギナ・モノローグ』となっている[3]

2009年8月、大橋ひろえ主宰のサイン アート プロジェクト.アジアンがプロデュースし「ヴァギナ・モノローグス」<手話×朗読>公演が六本木・俳優座劇場で上演。手話としては日本で初とされる。フランスのろう者劇団IVTからイザベル・ヴォアズ、日本から忍足亜希子、大橋ひろえが手話を担当、西田夏奈子、足立由夏、大窪みこえが40名以上ものオーディションを勝ち抜いて朗読(音声)を担当。演出は平松れい子。手話と朗読がコラボレーションして立体的な舞台になったと高い評価を受ける。(公式ウェブサイト[2]

脚注[編集]

  1. ^ [1]マリ・クレール2006年7月号より。
  2. ^ http://blog.e-get.jp/vm/
  3. ^ 白水社: ちょっと立ち読み『ヴァギナ・モノローグ

脚本邦訳[編集]

外部リンク[編集]

動画[編集]