O級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
O級駆逐艦
HMS Oribi.jpg
HMS Oribi
艦級概観
艦種 駆逐艦
艦名 Oで始まる単語
前級 M級駆逐艦
次級 P級駆逐艦
性能諸元
排水量 基準:1,540トン
満載:2,400トン(設計時)2,625トン(戦時)
全長 105.2メートル (345 ft)
全幅 10.7メートル (35 ft)
吃水 4.1メートル (13.5 ft)
機関 アドミラリティ式3ドラム・ボイラー2基
パーソンズ式ギアード・タービン2基、2軸推進
40,000 shp
最大速力 37ノット
航続距離 20ノット時、3,850海里(燃料472トン)
乗員 176名以上
兵装 4.7インチ砲装備艦
 QF Mark XII 4.7インチ (11.9cm) 単装砲(CP Mk.XVIII砲塔)4基
 QF Mk.V 4インチ (10.2cm) 単装砲(HA Mk.III砲塔)1基
 Mk.IX 21インチ 4連装魚雷発射管1基
 2ポンド 4連装ポンポン砲(Mk.VII砲座)1基(後に、エリコン 20mm 単装機関砲6基)
 爆雷70発(爆雷投射基4基、爆雷投下軌条2基)
4インチ砲装備艦
 QF Mark V 4.7インチ 単装砲(HA Mk.III砲塔)4基(敷設艦は3基)
 Mk.IX 21インチ 4連装魚雷発射管2基(敷設艦は1基)
 2ポンド 4連装ポンポン砲(Mk.VII砲座)1基(後に、エリコン 20mm 単装機関砲6基)
 爆雷70発(爆雷投射基4基、爆雷投下軌条2基)
 敷設艦は機雷60発搭載

O級駆逐艦 (O class destroyer) はイギリス海軍駆逐艦の艦級。1941年から1942年にかけて建造され、戦時急造の第1陣として知られている。

O級駆逐艦は第二次世界大戦において船団護衛を務め、何隻かは戦後の1950年代に対潜フリゲートへ改装された。

概要[編集]

O級駆逐艦は4隻ずつの2グループに分け、建造機関短縮のため兵装をI級のレベルに下げ、船体と機関は前級のJ級駆逐艦を元に建造された。最初のグループの4.7インチ砲は40度程度までの仰角しかないため、魚雷発射管1基の代わりに4インチ対空砲を装備した。第2グループの方は4インチ高角砲と機雷敷設に使用できるようビーバーテイルと呼ばれる平板な艦尾を持ち、機雷敷設艦の任に就く際は機雷を搭載するため最後部の砲塔(Y砲塔)、魚雷発射管、爆雷を降ろさなければならなかった。

対空兵装は4連装ポンポン砲1基と4連装ビッカース対空機関銃2基で設計された。しかし、ビッカース対空機関銃は実用的ではないことが判明したため、エリコン20mm単装機関砲6基に置き換えられた。

O級駆逐艦は8隻とも大戦を生き抜いたが、バレンツ海海戦に参加した5隻のうち、オンズローが大破した。この海戦後、通常のマストからラティスマストに改修されている。

高性能ではないものの、戦時型のプロトタイプに適した艦だった。

同型艦[編集]

4.7インチ砲装備艦

4インチ砲装備艦

関連項目[編集]