26型フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
26型フリゲート
Insert image here.svg
概歴
艦種 フリゲート
前級 23型フリゲート
次級 最新
性能諸元[1]
排水量 満載: 5,400 t
全長 148 m
全幅 19 m
機関 CODLOG方式
ディーゼル発電機 4基
電動機 2基
MT30ガスタービンエンジン 2基
スクリュープロペラ 2軸
速力 28ノット以上
航続距離 7,000海里(15ノット巡航時)
乗員 118名+海兵隊72名収容可能
兵装 Mk.45 mod.4 5インチ単装砲 1基
DS30M 30mm機銃 2基
ファランクス 20mmCIWS 2基
シーセプター短SAM VLS (24セル) 1基
シルヴァーA70 VLS (24セル;
 MdCN巡航ミサイル用)
1基
3連装短魚雷発射管 2基
艦載機 AW159 / AW101哨戒ヘリコプター 1機
レーダー 997型 3次元式 1基
ソナー 2050型 船首装備型 1基
2087型 曳航式 1基

26型フリゲート英語: Type 26 global combat ship, GCS)はイギリス海軍が開発しているフリゲート。ただし正式な艦種呼称としてはグローバル戦闘艦と称される。

2010年までは将来水上戦闘艦(FSC)として計画が進められており、当初は実験船「トライトン」で試験を重ねていた三胴船型(トリマラン)が予定されていたが、後には在来型の単胴船型で、異なる大きさのC1〜3の3つのサブタイプとして建造されるよう計画変更された。

2010年に現計画名に変更されるとともに、各サブタイプの規模も統一されたが、対潜型・対空型・汎用型の3つのサブタイプを建造するという計画は維持されている[1]。

参考文献[編集]

  1. ^ a b 多田智彦「4. 26型FF (世界の新型水上戦闘艦ラインナップ)」、『世界の艦船』第782号、海人社、2013年8月、 84-85頁。