.50"/62ヴィッカース機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィッカース .50 機関銃
MWP Vickers HMG.JPG
ヴィッカース .50機関銃、ワルシャワのポーランド陸軍博物館の収蔵品
種類 機関銃
対空砲
原開発国 イギリスの旗 イギリス
運用史
配備期間 1932-?
配備先 イギリスの旗 イギリス
アイルランドの旗 アイルランド
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
開発史
製造業者 ヴィッカース
派生型 マークIからマークV[1]
諸元 (ヴィッカース .5 Mk V)
重量 63ポンド (29 kg) (冷却水4.5kgを含む)
全長 52.4インチ (1,330 mm)
銃身 31インチ (790 mm)

弾丸 12.7 x 81 mm
口径 0.5インチ (12.7 mm)
発射速度 500-600発毎分
初速 2,540feet per second (770 m/s)
最大射程 最大射高、9,500フィート (2,900 m)
最大射程、4,265ヤード (3,900 m)
装填方式 ベルト式給弾

.50"/62ヴィッカース機関銃(別名:Vickers .50')は、基本的に口径.303インチ(7.70mm)のヴィッカース重機関銃を0.5インチ(12.7mm)に拡大した機関銃である。イギリス軍が対空砲や戦車砲として使用した。日本海軍では毘式12mm単装機銃として採用され、吹雪型駆逐艦と暁型駆逐艦の一部に搭載された。

Mark I[編集]

試作品。

Mark II, IVおよびV[編集]

Mark III[編集]

典型的な海軍の4連装対空仕様。ソビエトでの使用を写したもの。

艦船搭載用の四連装型で第二次世界大戦で使用された。

脚注[編集]

  1. ^ i.e. Marks 1, 2, 3, 4, 5. Britain used Roman numerals to denote Marks (models) of ordnance until after World War II.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]