ハント級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS タインデール
HMS タインデール ハント級 Type I
概要
名前: ハント級駆逐艦
建造: ジョン・ブラウン・アンド・カンパニー
Cammell Laird
Fairfield Shipbuilding and Engineering Company
ホーソン・レスリー
Scotts Shipbuilding and Engineering Company
Alexander Stephen and Sons
Swan Hunter
ジョン・アイ・ソーニクロフト・アンド・カンパニー・リミッテッド
J. Samuel White
ヴィッカース・アームストロング
ヤーロウ・シップビルダーズ
運用:  イギリス海軍 (72隻)
Royal Hellenic Navy ensign ギリシャ海軍 (7)
Polish Navy Ensign ポーランド海軍 (3)
 ノルウェー海軍 (3)
Free French Ensign 自由フランス海軍 (1)
第二次大戦終結後に受領した国
Deutsche Marine Jack 西ドイツ海軍 (2)
 エクアドル海軍 (2)
 エジプト海軍 (2)
 デンマーク海軍 (1)
 イスラエル海軍 (1)
 インド海軍 (1)
建造期間: 1939年1943年
所属期間: 1940年1963年
完工: 86
損失: 23

ハント級駆逐艦は、第二次世界大戦中にイギリス海軍が運用した護衛駆逐艦である。

概要[編集]

第二次世界大戦でイギリス海軍は2種類の駆逐艦を必要としていた、一つは大型の艦隊型駆逐艦で、もう一つが輸送船団の護衛を行うための護衛駆逐艦であった。ハント級は大量生産にむいた低コストの小型で、低速の船体に魚雷装備を持たず、Uボートに対抗するための装備に重点がおかれていた。しかし、対艦戦闘での打撃力不足からⅢ型からは魚雷発射管が装備されるようになった。時期により改良された4タイプが建造された。

英本土周辺や地中海の護衛作戦に大きな役割を果たした。

Type I[編集]

Ⅰ型は1939年度計画で、艦隊型駆逐艦に比べると低速で航続力も悪く、雷装も持たないが、対空対潜兵装に優れた第2次大戦型駆逐艦である。

仕様諸元
Type I
排水量 1,050 英トン (1,070 t) 標準
1,340英トン (1,360 t) 満載
全長: 85 m (278 ft 10 in) o/a
全幅: 8.8 m (28 ft 10 in)
喫水: 3.27 m (10 ft 9 in)
機関: 2 Admiralty 3-drum boilers
2軸 パーソンズ ギヤードタービン, 19,000 shp
速力: 27.5 ノット (50.9 km/h)
26 kn (48 km/h) full
航続距離: 3,500 nmi (6,500 km) at 15 kn (28 km/h)
1,000 nmi (1,900 km) at 26 kn (48 km/h)
総員: 146
兵装:

QF 4インチ Mk. XVI 両用砲×4門(Mk. XIX 2連装砲架に搭載)
QF 2ポンド対空砲 Mk. VIII×4門(MK.VII 4連装銃架に搭載)
エリコン 20mm機関砲×2門(P Mk. III 単装銃架に搭載)

爆雷×40発(爆雷投射機×2、爆雷投下軌条×1)
  • アサーストン (Atherstone)
    • 建造: Cammell Laird, Birkenhead
    • 起工: 1939年6月8日
    • 進水: 1939年12月12日
    • 竣工: 1940年3月23日
    • 経歴: 1945年除籍 、1957年11月25日解体
  • バークレイ (Berkeley)
    • 建造: Cammell Laird, Birkenhead
    • 起工: 1939年6月8日
    • 進水: 1940年1月29日
    • 竣工: 1940年6月6日
    • 経歴: 1942年8月19日爆撃を受け大破沈没
  • キャティストック (Cattistock)
    • 建造: ヤーロウ, Birkenhead
    • 起工: 1939年6月9日
    • 進水: 1940年2月22日
    • 竣工: 1940年7月22日
    • 経歴: Paid off 26 March 1946, and broken up 2 July 1957.
  • クリーブランド (Cleveland)
    • 建造: ヤーロウ, Scotstoun
    • 起工:1939年7月7日
    • 進水:1940年4月24日
    • 竣工:1940年9月18日
    • 経歴: Paid off September 1945; sold to be broken up 1957, but wrecked en route to the scrapyard.
  • エグリントン (Eglinton) HMS
    • 建造: Vickers-Armstrong, Tyne
    • 起工:1939年6月8日
    • 進水:1939年12月28日
    • 竣工:1940年8月28日
    • 経歴:1945年売却、1956年5月28日解体
  • エクスモア (Exmoor)
    • 建造: Vickers-Armstrong, Tyne
    • 起工:1939年6月8日
    • 進水:1940年1月25日
    • 竣工:1940年11月1日
    • 経歴: 1941年2月25日にローストフトでSボートS-30の攻撃により沈没。
  • ファーニー (Fernie)
    • 建造: John Brown & Company, Clydebank
    • 起工:1939年6月8日
    • 進水:1940年1月9日
    • 竣工:1940年5月29日
    • 経歴: Aircraft target ship August 1945 to 1947. Paid off 1947, and broken up 7 November 1956.
  • ガース (Garth)
    • 建造: John Brown & Company, Clydebank
    • 起工:1939年6月8日
    • 進水:1940年2月14日
    • 竣工:1940年7月1日
    • 経歴: Paid off December 1945 and broken up 15 August 1958.
  • ハンブルドン (Hambledon)
    • 建造: Swan Hunter, Wallsend
    • 起工:1939年6月8日
    • 進水:1939年12月12日
    • 竣工:1940年6月8日
    • 経歴: Paid off December 1945 and broken up 4 February 1958.
  • ホルダーネス (Holderness)
    • 建造: Swan Hunter, Wallsend
    • 起工:1939年6月29日
    • 進水:1940年2月8日
    • 竣工:1940年8月10日
    • 経歴: Paid off 20 May 1946 and broken up 20 November 1956.
  • HMS Cotswold(en)
    • 建造: ヤーロウ, Scotstoun
    • 起工:1939年10月11日
    • 進水:1940年7月18日
    • 竣工:1940年11月16日
    • 経歴: Paid off 29 June 1946 and broken up 11 September 1957.
  • コッテスモア (Cottesmore)
    • 建造: ヤーロウ, Scotstoun
    • 起工:1939年12月12日
    • 進水:1940年9月5日
    • 竣工:1940年12月29日
    • 経歴: 1946年2月28日に除籍
元イギリス鑑のHMS メンディップ(L60)だったエジプトのイブラヒム・アル=アワル, 1956年にイスラエルに捕獲される
  • メンディップ (Mendip)
    • 建造: Swan Hunter, Wallsend
    • 起工:1939年8月10日
    • 進水:1940年4月9日
    • 竣工:1940年10月12日
    • 経歴: Paid off 20 May 1946. Sold to Nationalist China 1947 and renamed Lin Fu. Seized prior to delivery and re-sold 1949 to Egypt as Mohamed Ali el Kebir, renamed Ibrahim el Awal in 1951, captured by Israel on 31 October 1956 and commissioned as INS Haifa (K-38), decommissioned 1968 used as training target and sunk by Gabriel missile.
  • メイネル (Meynell)
    • 建造: Swan Hunter, Wallsend
    • 起工:1939年8月10日
    • 進水:1940年6月7日
    • 竣工:1940年12月30日
    • 経歴: Aircraft target ship 11 September 1945 to December 1946, when paid off. Sold to Ecuador 1954 and renamed Presidente Velasco Ibarra.
  • ピッチレイ (Pytchley)
    • 建造: Scotts, Greenock
    • 起工:1939年7月26日
    • 進水:1940年2月13日
    • 竣工:1940年10月23日
    • 経歴: Paid off August 1946 and broken up 1 December 1956.
  • クァントック (Quantock)
    • 建造: Scotts, Greenock
    • 起工:1939年7月26日
    • 進水:1940年4月22日
    • 竣工:1941年2月6日
    • 経歴: Paid off December 1945. Sold to Ecuador 1954 and renamed Presidente Alfaro.
  • クォーン (Quorn)
    • 建造: J. Samuel White, Cowes
    • 起工:1939年7月26日
    • 進水:1940年3月27日
    • 竣工:1940年9月21日
    • 経歴: Sunk by a Linsen explosive motor boat off the Normandy beaches during the D-Day invasion, 2 August 1944.
  • サウスダウン (Southdown)
    • 建造: J. Samuel White, Cowes
    • 起工:1939年8月22日
    • 進水:1940年7月5日
    • 竣工:1940年11月8日
    • 経歴: Aircraft target ship 8 September 1945 to 1946. Paid off 22 May 1946, and broken up 1 November 1956.
  • タインデール (Tynedale)
    • 建造: Stephens, Linthouse
    • 起工:1939年7月27日
    • 進水:1940年6月5日
    • 竣工:1940年12月2日
    • 経歴: Sunk by torpedo 12 December 1943.
  • ワッドン (Whaddon)
    • 建造: Stephens, Linthouse
    • 起工:1939年7月27日
    • 進水:1940年7月16日
    • 竣工:1941年2月28日
    • 経歴: Paid off October 1945 and broken up 5 April 1959.

Type II[編集]

Ⅰ型に比べ戦時緊急計画で対空火力を増強したもの。

仕様諸元
Type II
排水量 1,050 英トン (1,070 t) 標準
1,430 英トン (1,450 t) 満載
全長: 85.3 m (279 ft 10 in) o/a
全幅: 9.6 m (31 ft 6 in)
喫水: 2.51 m (8 ft 3 in)
機関: 2 Admiralty 3-drum boilers
2軸 パーソンズ ギヤードタービン, 19,000 shp
速力: 27 ノット (50 km/h)
25.5 kn (47.2 km/h) full
航続距離: 3,600 nmi (6,700 km) at 14 kn (26 km/h)
総員: 164
兵装:

QF 4インチ Mk. XVI 両用砲×6門(Mk. XIX 2連装砲架に搭載)
QF 2ポンド対空砲 Mk. VIII×4門(MK.VII 4連装銃架に搭載)
エリコン 20mm機関砲×2門(P Mk. III 単装銃架に搭載)

爆雷×110発(爆雷投射機×2、爆雷投下軌条×3)
  • エイヴォン・ヴェイル (Avon Vale)
  • ブラックモア (Blackmore)
  • チディングフォールド (Chiddingfold)
  • カウドレイ (Cowdray)
  • クルーム (Croome)
  • デュルバートン (Dulverton)
  • エリッジ (Eridge)
  • ファーンデール (Farndale)
  • ヘイソープ (Heythorp)
  • ラマートン (Lamerton)
  • ローダデール (Lauderdale)
  • レッドベリー (Ledbury)
  • リデスデール (Liddesdale)
  • ホウィートランド (Wheatland)
  • ウィルトン (Wilton)
  • バッズワース (Badsworth)
  • ボーフォート (Beaufort)
  • ビデール (Bedale)
  • バイスター (Bicester)
  • ブランクニー (Blankney)
  • ブレンカスラ (Blencathra)
  • ブランハム (Bramham)
  • ブロックレスビー (Brocklesby)
  • オークレイ初代 (Oakley) - 自由ポーランド海軍へ貸与され、艦名をKujawiakと改名
  • パッカリッジ (Puckeridge)
  • シルヴァートン (Silverton) - 自由ポーランド海軍へ貸与され、艦名をŚlązakと改名
  • カルピ (Calpe)
  • エクスモア (Exmoor)
  • グロウブ (Grove)
  • ハースレイ (Hursley)
  • ハーワース (Hurworth)
  • ミドルトン (Middleton)
  • オークレイ 2代目 (Oakley)
  • サウスウォルド (Southwold)
  • テトコット (Tetcott)
  • ゼットランド (Zetland)

Type III[編集]

戦訓により魚雷発射管を装備したもの。

仕様諸元
Type III
排水量 1,050 英トン (1,070 t) 標準
1,435英トン (1,458 t) 満載
全長: 85.3 m (279 ft 10 in) o/a
全幅: 10.16 m (33 ft 4 in)
喫水: 3.51 m (11 ft 6 in)
機関: アドミラルティ式重油専焼三胴型水管缶2基
+パーソンズギヤード・タービン2基2軸推進, 19,000 shp
速力: 27 ノット (50 km/h)
25.5 kn (47.2 km/h) full
航続距離: 2,350 nmi (4,350 km) at 20 kn (37 km/h)
総員: 168
兵装:

QF 4インチ Mk. XVI 両用砲×4門(Mk. XIX 2連装砲架に搭載)
QF 2ポンド対空砲 Mk. VIII×4門(MK.VII 4連装銃架に搭載)
エリコン 20mm機関砲×2門(P Mk. III 単装銃架に搭載)
• 21 in (533 mm) 魚雷発射管×3基

爆雷×110発(爆雷投射機×4基、爆雷投下軌条×3基)
注記: 建造費用:352,000ポンド[1]
  • エアデール (Airedale)
  • アルブライトン (Albrighton)
  • アルデナム (Aldenham)
  • ベルヴォア (Belvoir)
  • ブリーン (Blean)
  • ブリーズデール (Bleasdale)
  • ボゥルブローク (Bolebroke)
  • ボーダー (Border) - ギリシャ海軍に貸与され、アドリアスと改名
  • カテリック (Catterick)
  • ダーウェント (Derwent)
  • イーストン (Easton)
  • エッゲスフォード (Eggesford)
  • エスクデール (Eskdale)
  • グレイスデール (Glaisdale)
  • ゴースランド (Goathland)
  • ハルドン (Haldon) - 自由フランス海軍に譲渡され、ラ・コンバタントと改名
  • ハザーリー (Hatherleigh)
  • ヘイドン (Haydon)
  • リンボーン (Limborne)
  • メルブレーク (Melbreak]
  • モドベリー (Modbury)
  • ペニラン (Penylan)
  • ロックウッド (Rockwood)
  • スティーブンストーン (Stevenstone)
  • タリィボント (Talybont)
  • タナトサイド (Tanatside)
  • ウェンズレイデール (Wensleydale)

Type IV[編集]

ソーニクロフト社の独自設計。

仕様諸元
Type IV
排水量 1,175 英トン (1,194 t) 標準
1,561 英トン (1,586 t) full load
全長: 90.22 m (296 ft 0 in) o/a
全幅: 9.6 m (31 ft 6 in)
喫水: 2.36 m (7 ft 9 in)
機関: 2 Admiralty 3-drum boilers
2軸 パーソンズ ギヤードタービン, 19,000 shp
速力: 26 ノット (48 km/h)
25.5 kn (47.2 km/h) full
航続距離: 950 nmi (1,760 km) at 25 kn (46 km/h) (Brecon)
1,175 nmi (2,176 km) at 25 kn (46 km/h) (Brissinden)
総員: 170
兵装:

QF 4インチ Mk. XVI 両用砲×6門(Mk. XIX 2連装砲架に搭載)
QF 2ポンド対空砲 Mk. VIII×4門(MK.VII 4連装銃架に搭載)
エリコン 20mm機関砲×2門(P Mk. III 単装銃架に搭載)
ヴィッカース .50口径機関銃×4挺(Mk.V 2連装銃架に搭載。後にエリコン 20mm機関砲×4門に換装)
• 21 in (533 mm) 魚雷発射管×3基

爆雷×40発(爆雷投射機×2、爆雷投下軌条×1)
  • ブレコン (Brecon)
    • 起工: 1941年2月27日
    • 進水: 1942年6月27日
    • 竣工: 1942年12月18日
    • 経歴: Paid off 4 December 1945 and broken up on 17 September 1962 at Faslane.
  • ブリッセンデン (Brissenden)
    • 起工: 1941年2月28日
    • 進水: 1942年9月15日
    • 竣工: 1943年2月12日
    • 経歴: Paid off 19 June 1948 and broken up on 3 March 1965 at Dalmuir.

出典[編集]

  1. ^ Brown, DK Nelson to Vanguard p107

世界の艦船増刊第39集

関連項目[編集]