ヘッジホッグ (兵器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘッジホッグ
ヘッジホッグ(Mk10)
種類 対潜迫撃砲
原開発国 イギリスの旗 イギリス
運用史
配備期間 1942年
開発史
開発者 諸兵器研究部(DMWD)
開発期間 1942年
諸元
砲弾 29 kg(65 lb)
口径 178 mm(7インチ)
銃砲身 24連装
初速 沈降速度:6.7〜7.2 m/s
最大射程 200メートル (220 yd)
〜259メートル (283 yd)
弾頭 TNT火薬 13.7 kg またはトーペックス 16 kg
信管 着発信管

ヘッジホッグ (hedgehog) はイギリスが開発した対潜迫撃砲連合国諸国海軍で広く採用された。名称はハリネズミ(Hedgehog)を意味する。

概要[編集]

ヘッジホッグは単純に海中投下するそれまでの対潜爆雷とは異なり、発射器より一度に24個の弾体を投射する、多弾散布型の前投式対潜兵器である。

「対潜爆雷」の一種とされることが多いが、厳密にはもっとも初期の対潜迫撃砲というべきものである。起爆も爆雷とは異なり、水圧ではなく接触によって行なわれる。

開発・装備[編集]

ヘッジホッグの生みの親は、好意をこめて”悪巧み策士部隊”と呼ばれているイギリス海軍省の小部門DMWD(多種兵器研究開発部)だった。科学者、海軍将校、退役軍人が中心の組織で、奇人変人の集まりだったが、真剣な目的意識があった[1]

そんなDMWDによって第一次世界大戦の対潜作戦の分析結果に基づく、従来の対潜爆雷に替わる対潜攻撃兵装として開発・研究が始められた。

1941年にはリヴァプール湾駆逐艦「ウエストコット」に搭載しての発射試験が行われ、最初の発射実験に成功した。その後も実証試験は続けられ、1942年11月8日には実戦で使用されヴィシー・フランス海軍の潜水艦「アクテオン」を撃沈した。

以後は対潜任務を担当する艦艇に順次装備され、第二次世界大戦終戦時にはイギリス海軍の艦艇を中心として連合国艦艇の多くに装備されていた。

構造[編集]

ヘッジホッグは、スピガット・モーター式の迫撃砲を24連装に配した発射装置と、それに装填される弾体で構成されている。弾体は発射装置の“スピガット”と呼ばれる棒状の発射軸に装填されて発射される。24個の弾体は0.2秒の間隔で2発ずつ発射され、直径約40mの円形の範囲に着水して沈降する。

弾体の信管は二重式、別の表現をするなら安全装置の付いた二段作動構造になっており、発射されると着水時の衝撃によってまず一段目の信管が作動して爆発可能状態となり、着水後沈下する弾体が1発でも水中目標に命中すると、その爆発に寄って生じた水中衝撃波によって残りの弾体も信管が作動し投射した弾体全てが誘爆する。このため、通常の対潜爆雷に比べて一発当たりの炸薬量は小さくとも、目標となった潜水艦は投射した弾体の炸裂に包まれることになるため、それまでの対潜爆雷に比べて総合的な命中率が高く、対潜水艦戦の飛躍的な向上をもたらした。

第二次大戦中に使われたMk.10発射機は“スピガット”が艦の首尾線平行に設置された4本の軸に各6本の弾体が前上方を向いて装填され、発射台後部のハンドルを回す事によって4本の軸を左右に指向させる事によって、限定的に投射方向を左右に変位させることができた。Mk.10にはこれ以外の旋回・俯仰機構がなく、基本的には単純に斜め前に投射するだけであるが、戦後型のMk.15発射機はスタビライザーによって安定化された旋回台に設置され、Mk.10とは逆に4本の軸は首尾線と垂直になっており本格的な旋回を可能としていた。

運用[編集]

イギリス海軍のアドミラルティW級駆逐艦 HMS ウエストコット に装備されたヘッジホッグ(Mk.10) 1945年の撮影

ヘッジホッグはそれまでの爆雷に比べて、発射機を含めても小型であるために多数搭載することができる利点があり、小排水量の艦艇にも充分な対潜水中攻撃能力を装備させることを可能とした。

また、艦尾に装備するため艦の後方、もしくは後側方にしか投下できない対潜爆雷と違い、艦の前方に発射機を装備することにより前方に対潜弾を投射できることは、「目標の水中位置を推測した後目標の上方に移動して爆雷を投下する」というそれまでの方式に比べ、目標をソナーなどで発見した後、対潜艦艇に高速で航行しながらの即時対潜攻撃を可能とした。

目標に直接接触しないと炸裂しない、という爆雷に比べると若干不利な面もあったが、目標に命中しなければ爆発が起こらないために命中の判定が容易であり、炸裂する深度を事前に調整する必要がある上たとえ命中しなくとも設定深度に達すれば自動的に爆発してしまう爆雷に比べると、攻撃開始から爆雷の炸裂後の効果の判定までに要する時間が短く済むこと、一弾あたりの爆発の威力が大きくないため、攻撃に際し自船のソナーを爆発の衝撃波から保護するために発信・受聴停止する必要がなく、ソナーを使いながら使用できるとこと、といった各種の利点により、対潜水艦戦で大きな戦果を挙げた。

必死で逃げるUボートの上に無数の対潜弾をばらまくのだから、命中する確率はわりあい高かった[2]

日本の海上自衛隊でも、発足時にアメリカ海軍からの供与艦艇に装備されていたものの他に、はるかぜ型護衛艦を始めDDG-163 あまつかぜ型ミサイル護衛艦まで初期建造艦の多くにヘッジホッグを「対潜弾投射機」の名称で装備し、“54式対潜弾投射機”の名称でライセンス生産も行っている。

余談[編集]

ヘッジホッグの生みの親であるイギリス海軍省のDMWD(多種兵器研究開発部)は前述の通り、奇人変人の集まりだったのだが、そこへ大衆がH・G・ウェルズやジュール・ヴェルヌのSFを引き合いに出し、ヒトラーを打ち負かすのに役立つ市民の奇抜な工夫を提案したのも、不思議はなかった。ほとんどは笑い種だったが、使えそうな物もいくつかあり、かなり改良すれば役に立つと思われた。そういう奇妙奇天烈な目論見をすべて細かく検討し、自分たちの思いつきをそこに加味するのが、DMWDの仕事だった。これらの活動がイギリスの戦争遂行に盛り込まれたのは、新奇な発想を現実化する科学・技術機構が存在していたからだ[3]

DMWDの幹部の1人、スチュワート・ブラッカー陸軍中佐は1942年には50代だったが、ベッドフォードの小学生だったころから、なにかを吹っ飛ばすのが大好きだった。10代のはじめには、日露戦争で日本軍がロシア防御陣地を破るのに用いた迫撃砲の模型をこしらえるのに成功している。粗末な砲身を縦樋で組立て、”拝借した”黒色火薬を使って、発射体(クロッケーの球)を300メートル離れた校長の温室に撃ち込んだ。かくしてブラッカーの職業が決まった[4]

第一次世界大戦では、英陸軍砲兵隊に勤務した。1940年には、電気で作動する装填軸を使い、迫撃砲から擲弾を発射する装置を設計した。DMWDがそれを発展させ、環状の多連装迫撃砲ができあがった。そこで官僚機構のありとあらゆる障害にぶつかり、おまけによその競合する組織が、それよりも低性能の前投迫撃砲を開発した。だが、チャートウェルにある本宅の近くの兵器試験場をチャーチルが視察した際に、初期の試射を見て、開発計画を進めさせた事が幸いした。(このチャーチルのくだりは嘘か真かは分からない。噂によれば、試験場で付き添いをつとめた英海軍将校2人がたいそうな美男子で、その日に見学していたチャーチルの末娘を説得し、父親のチャーチルに引き続きヘッジホッグの試射を見てもらったという)[5]

結論を言えば、ヘッジホッグは無数のUボートを破壊した。さらに、現在の対潜兵器の始祖ともなった。それを思えば、温室の1つや2つ、たいした代償ではなかった[6]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 「Engineers of Victory」Paul Kennedy p81
  2. ^ 「Engineers of Victory」Paul Kennedy p81
  3. ^ 「Engineers of Victory」Paul Kennedy p82
  4. ^ 「Engineers of Victory」Paul Kennedy p82
  5. ^ 「Engineers of Victory」Paul Kennedy p82
  6. ^ 「Engineers of Victory」Paul Kennedy p82

関連項目[編集]