ノーマン・スコット (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Norman Scott;0569002.jpg
艦歴
発注
起工 1943年4月26日
進水 1943年8月28日
就役 1943年11月15日
退役 1946年4月30日
除籍 1973年4月15日
その後 1973年12月3日にスクラップとして売却
性能諸元
排水量 2,050トン
全長 376 ft 5 in (114.7 m)
全幅 39 ft 7 in (12.1 m)
吃水 17 ft 9 in (5.4 m)
機関 2軸推進、60,000 shp (45 MW)
最大速 35ノット (65 km/h)
航続距離 6,500海里 (12,000 km)
15ノット(28km/h)時
乗員 329名
兵装 38口径5インチ砲5門
40mm対空砲10門
20mm対空砲7門
21インチ魚雷発射管10門
爆雷軌条2軌、爆雷投射機6基

ノーマン・スコット (USS Norman Scott, DD-690) は、アメリカ海軍駆逐艦フレッチャー級駆逐艦の1隻。艦名は1942年11月13日に起こった第三次ソロモン海戦で戦死し名誉勲章を没後授与されたノーマン・スコット少将にちなむ。

艦歴[編集]

ノーマン・スコットはメイン州バス英語版バス鉄工所社で1943年4月26日に起工し、8月28日にスコット夫人によって進水。艦長セイモア・D・オーエンス中佐の指揮の下1943年11月5日に就役する。

就役後、ノーマン・スコットは重巡洋艦キャンベラ (USS Canberra, CA-70) を護衛して1944年1月14日にボストンを出港し、2月1日に真珠湾に到着。護衛空母ガンビア・ベイ (USS Gambier Bay, CVE-73) の護衛役となり、クェゼリンの戦いのあとにアメリカ艦隊の前進根拠地となったマジュロとの間を往復した。6月に入り、ノーマン・スコットは来るマリアナ・パラオ諸島の戦いに備えて真珠湾に戻り、6月15日からのサイパンの戦いでは戦艦主体の火力支援部隊の護衛に任じつつ、自らも火力支援を行った。ノーマン・スコットは続くテニアンの戦いにも加わるが、ここで手痛い損害を受ける。テニアンへの上陸作戦当日の7月24日、ノーマン・スコットは戦艦コロラド (USS Colorado, BB-45) などとともに火力支援に従事中、日本軍の反撃を受けて6発被弾。うち艦橋部に3発、前部煙突、魚雷発射管および5番5インチ砲に1発ずつ命中し[1]、オーエンス艦長以下22名が戦死して67名が負傷した。ノーマン・スコットはサイパン島に回航の上応急修理を行い、真珠湾、メア・アイランド海軍造船所と後送されて修理が行われ、10月21日に完了した。

修理完了後、新しい乗組員を乗せたノーマン・スコットはハワイ水域で訓練を行い、マヌス島に回航ののち輸送船を護衛して1945年2月9日にフィリピン水域に到着した。任務完了後はマーク・ミッチャー中将の第58任務部隊に加わり、硫黄島の戦いおよび沖縄戦の支援に従事。戦争最末期、ノーマン・スコットはジョン・S・マケイン・シニア中将の第38任務部隊に入り、アーサー・W・ラドフォード少将率いる第38.4任務群に属する[2]。7月15日、ノーマン・スコットは室蘭への艦砲射撃を行うオスカー・C・バジャー2世英語版少将の第34.8.2任務隊に選ばれ、戦艦アイオワ (USS Iowa, BB-61) 、ミズーリ (USS Missouri, BB-63) およびウィスコンシン (USS Wisconsin, BB-64) の護衛役の一隻となった[3]

戦争終結後、ノーマン・スコットは横須賀鎮守府地区の占領を支援したのち沖縄に下がり、西海岸に回航後ワシントン州タコマ海軍記念日(10月27日)を迎えた。サンフランシスコに移ったあと、1946年4月30日にサンディエゴで退役し、1947年からはメア・アイランド英語版に係留された。そのまま現役に復することなく1973年4月15日に除籍され、同じ年の12月3日にアメリカン・シップ・ディスマントリング・コーポレーションにスクラップとして売却された。

脚注[編集]

  1. ^ Ships of the U.S. Navy, 1940-1945 DD-690 USS Norman Scott” (英語). The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II. HyperWar. 2012年11月30日閲覧。
  2. ^ #石井 p.149,163
  3. ^ #石井 pp.86-87, p.293

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]