リトル (DD-803)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USSLittleDD803.jpg
艦歴
発注
起工 1943年9月13日
進水 1944年5月22日
就役 1944年8月19日
退役
その後 1945年5月3日に戦没
除籍
性能諸元
排水量 2,050トン
全長 376 ft 6 in (114.7 m)
全幅 39 ft 8 in (12.1 m)
吃水 13 ft 9 in (4.2 m)
機関 2軸推進、60,000 shp (45 MW)
最大速 35ノット (65 km/h)
航続距離 15ノットで6,500カイリ (12,000 km)
乗員 士官、兵員329名
兵装 5インチ砲5門
40mm対空砲10門
20mm対空砲7門
21インチ魚雷発射管10門
爆雷軌条2軌、爆雷投射機6器

リトル (USS Little, DD-803) は、アメリカ海軍駆逐艦フレッチャー級駆逐艦の一隻。艦名はジョージ・リトル大佐に因む。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

リトルは1943年9月13日にワシントン州シアトルトッド・パシフィック造船所で起工した。1944年5月22日にラッセル・F・オハラ夫人によって命名、進水し、1944年8月19日に艦長マディソン・ホール・ジュニア中佐の指揮下就役した。

西海岸沖での訓練後、リトルは1944年11月11日にシアトルを出航し、真珠湾への船団護衛任務に就く。11月23日に真珠湾に到着、その後は砲術訓練および演習に参加した。1945年1月22日、エニウェトク環礁へ向かう戦車揚陸艦のグループと共に出航し、硫黄島侵攻のリハーサルを行う。サイパンでの最終準備の後、2月15日にリトルは硫黄島に向けて出航した。

2月19日、硫黄島への艦砲射撃が開始する。リトルは24日まで地上部隊支援の砲撃を行い、その後サイパンへ向かう。3月4日に再び硫黄島へ戻り、砲撃および護衛、レーダーピケット任務に従事した。3月14日にサイパンに帰還し、沖縄侵攻の準備に入る。

リトルは3月27日に沖縄に向けて出航、上陸部隊の支援艦隊に配属される。4月1日と2日に支援砲撃を行った後、リトルは輸送艦の護衛および戦車揚陸艦の援護に従事した。4月19日、レーダーピケット任務を割り当てられ24日まで同任務を行うが、激しい特攻攻撃にもかかわらず無傷で切り抜ける。

5月3日、リトルおよびアーロン・ワード (USS Aaron Ward, DM-34) は再びレーダーピケット任務に就く。18:13、18機から24機の敵機が雲の下から攻撃してきた。アーロン・ワードは18:41に最初の被弾を受ける。間もなくリトルも左舷に被弾する。4分以内にもう3機の特攻機がリトルを攻撃し、竜骨を損傷、船体中央部が破壊された。リトルは19:55に沈没した。

リトルは第二次世界大戦の戦功で2個の従軍星章を受章した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]