慶良間諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
慶良間諸島
渡嘉敷島 阿波連ビーチ
座間味島 阿真ビーチ

慶良間諸島(けらましょとう)は、沖縄県那覇市沖縄本島南部)の西方約40kmの東シナ海上に点在する大小20余りのからなる島嶼群である。

概要[編集]

行政上は渡嘉敷島を中心とする渡嘉敷村と座間味島を中心とする座間味村の2村に分かれている。

渡嘉敷島西部の海域120haと、座間味島と阿嘉島の間の無人島を含む海域233haが、慶良間諸島海域という名称で2005年(平成17年)11月、ラムサール条約登録地となった[1]。また、2014年3月5日には諸島および周辺海域が慶良間諸島国立公園に指定された[2]

世界でも有数の透明度という海は、スクーバダイビングホエールウォッチングのポイントとして人気が高い。また、ケラマジカは慶良間諸島に固有のシカであり、ここにしか生息しない。このうち屋嘉比島、慶留間島に棲むものは天然記念物に指定されている[3]

諸島外との交通は、那覇港との間に各村営による航路が開設されているほか、慶良間空港外地島に設置されている[4]※詳しくは、渡嘉敷村#交通座間味村#交通などを参照。

沖縄本島には「キラマー ミーユシガ マチゲー ミーラン」(慶良間は見えるがまつ毛は見えない。遠くは見えても自分の近くは見えない、灯台下暗しの意。)という諺がある[5]

島嶼[編集]

各村に含まれる島は下記のとおりである。この中で有人島は渡嘉敷島(とかしきじま)、座間味島(ざまみしま)、阿嘉島(あかしま)、慶留間島(げるまじま)、前島(まえじま)、の5島のみである(2011年3月31日現在)。面積0.01km²以上の島の数は36島[6]

渡嘉敷村[編集]

島名 面積[km²]
渡嘉敷島(とかしきじま) 15.31
前島(まえしま) 1.60
慶伊瀬島 ※1
  • ナガンヌ島
  • 神山島
  • クエフ島
0.60
  • 0.29
  • 0.29
  • 0.02
儀志布島 0.49
黒島(くろしま) 0.27
ウン島(うんじま) 0.26
中島(なかじま) 0.18
ハテ島(はてじま) 0.14
城島 0.11
離島 ※2 0.10
シマ(前島北) 0.05
地自津留島 0.01
外自津留島 <0.01
※1 別名、チービシ環礁。
※2 シブがき隊の銅像があり、シブがき島とも呼ばれている。
※3 慶良間空港がある島。

座間味村[編集]

島名 面積[km²]
座間味島(ざまみじま) 6.66
阿嘉島(あかじま) 3.82
久場島(くばしま) 1.55
屋嘉比島(やかびじま) 1.26
慶留間島(げるまじま) 1.15
外地島(ふかじじま)※3 0.83
安室島(あむろじま) 0.73
嘉比島(がひじま) 0.13
安慶名敷島(あげなしくじま) 0.10
砂白島 0.05
奥武島(おうじま) 0.05
アチラーネ岩 0.05
モカラク島(もからくじま) 0.04
積城島 0.02
伊釈迦釈島(いじゃかじゃじま) 0.02
佐久原の鼻 0.01
ふかかね瀬 0.01
シマ(砂白島北) 0.01
シマ(モカラク島北) 0.01
くば岩 0.01
ゆぶ岩 0.01
なか岩 0.01

ビーチ[編集]

  • 阿波連ビーチ(渡嘉敷島)
  • 渡嘉志久ビーチ(渡嘉敷島)
  • 阿真ビーチ(座間味島)
  • 古座間味ビーチ(座間味島)
  • 北浜ビーチ(阿嘉島)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本のラムサール条約湿地 43.慶良間諸島海域 (PDF) 環境省
  2. ^ 慶良間諸島国立公園が誕生 きょう指定 - 沖縄タイムス(2014年3月5日付、同日閲覧)
  3. ^ ケラマジカ及びその生息地 -琉球文化アーカイブ 沖縄県立総合教育センター
  4. ^ 慶良間空港(沖縄県の空港) - 沖縄県
  5. ^ キラマ(首里・那覇方言音声データベース) - 琉球大学沖縄言語研究センター
  6. ^ 第1 指定離島・島しょ・人口 (PDF)”. 離島関係資料(平成24年1月). 沖縄県企画部地域・離島課 (2012年8月29日). 2012年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]