コルホーン (DD-801)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USSColhounDD801.jpg
艦歴
発注
起工 1943年8月3日
進水 1944年4月10日
就役 1944年7月8日
退役
その後 1945年4月6日に戦没
除籍
性能諸元
排水量 2,050トン
全長 376 ft 6 in (114.7 m)
全幅 39 ft 8 in (12.1 m)
吃水 17 ft 9 in (5.4 m)
機関 2軸推進、60,000 shp (45 MW)
最大速 38ノット (70 km/h)
航続距離 15ノットで6,500カイリ (12,000 km)
乗員 士官、兵員273名
兵装 5インチ砲5門
40mm対空砲10門
20mm対空砲7門
21インチ魚雷発射管10門
爆雷軌条2軌、爆雷投射機6器

コルホーン (USS Colhoun, DD-801) は、アメリカ海軍駆逐艦フレッチャー級駆逐艦の一隻。艦名はエドマンド・コルホーン海軍少将に因む。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

コルホーンは1943年8月3日にワシントン州シアトルトッド・パシフィック造船所で起工した。1944年4月10日にK・K・ジョンソン大尉(陸軍婦人部隊)によって命名、進水し、1944年7月8日に艦長G・R・ウィルソン中佐の指揮下就役した。

1944年10月10日に真珠湾に到着、訓練および偵察任務に従事する。1945年2月19日、硫黄島沖に到着し、コルホーンは輸送船の護衛としてレーダーピケット任務、硫黄島への支援砲撃を担当した。3月1日、沿岸砲台からの砲撃が命中し、1名が死亡、16名が負傷した。サイパンでの修理後、コルホーンは沖縄に向けて出航し、3月31日に到着、レーダーピケット任務に就く。

沖縄戦最中の1945年4月6日、15:30にコルホーンはブッシュ (USS Bush, DD-529) からの支援要請を受け取り、現場へ急行する。損傷を受けたブッシュと特攻機の間に対して砲撃を行い、コルホーンは三機を撃墜したが、特攻機は40mm砲座に突入し弾薬庫後部に爆弾を投下、爆発した。動力を保持したまま緊急操舵を行い、コルホーンは次の3機の攻撃に対して備え、最初の2機を撃墜したものの3機目が右舷に突入した。

特攻機からの爆弾が爆発した。竜骨が破壊され両方の機関を貫通し、水線下に穴が開き油と電気系統からの火災が生じた。残された砲は手動で操作された。乗組員は新たな攻撃に直面し3機の内1機を撃墜、もう1機を破壊したが、3機目が艦の後部に突入した。この機の爆弾は艦の外に弾んで爆発したが、船体にはさらなる穴が開き、浸水が激しくなった。コルホーンの乗組員は浮力を保とうと努力したものの、最後の特攻機が炎上する艦橋に突入した。18:00、LCS-48 が基幹要員を除く乗組員を救助し、コルホーンを沖縄に曳航しようとしたが、艦の傾斜は激しく、大量の浸水と火災のため放棄が決定され、北緯 27° 16'、東経127°48' でカッシン・ヤング (USS Cassin Young, DD-793) の砲撃により海没処分された。コルホーンの乗組員は32名が戦死し23名が負傷、そのうち2名がその後死亡した。

コルホーンは第二次世界大戦の戦功で1個の従軍星章を受章した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]