アメリカ海軍フリゲート一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ海軍の艦艇
航空母艦
飛行船
揚陸艦
補助艦艇
戦艦
巡洋艦
駆逐艦
護衛駆逐艦
護衛空母
フリゲート
機雷戦艦艇
モニター
哨戒艇
帆走フリゲート
蒸気フリゲート
蒸気砲艦
戦列艦
スループ
潜水艦
魚雷艇

本項目はアメリカ海軍フリゲート、艦種番号 FF、FFG の一覧である。1975年6月30日の艦種改変で護衛駆逐艦(DE, DEG)がフリゲートに艦種変更された。オリバー・ハザード・ペリー級は徐々に退役し、その後継として沿海域戦闘艦 (LCS) が配備予定である。

帆船時代のフリゲートに関しては アメリカ海軍帆走フリゲート一覧を参照のこと。 哨戒フリゲート (Patrol Frigate, PF) に関しては アメリカ海軍哨戒艇一覧を参照のこと。

ブロンシュタイン級フリゲート (FF)[編集]

1963年に2隻が就役

ガーシア級フリゲート (FF)[編集]

1964年から1968年にかけて10隻が就役

ノックス級フリゲート (FF)[編集]

Knox class

1969年から1974年にかけて46隻が就役

グローバー級フリゲート (AGFF)[編集]

1965年に就役

  • グローバー (USS Glover, FF-1098):研究用に改修がなされた艦。1965年にAGDE-1として就役、1975年にAGFF-1へ艦種変更、1979年にFF-1098に艦種変更。

ブルック級ミサイルフリゲート (FFG)[編集]

USS Talbot (FFG-4)

1966年から1968年にかけて6隻が就役

オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート (FFG)[編集]

USS Simpson (FFG-56)

1977年から1989年にかけて51隻が就役

フリーダム級沿海域戦闘艦 (LCS)[編集]

インディペンデンス級沿海域戦闘艦 (LCS)[編集]