ロンメル (ミサイル駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FGS Rommel D187 passing USS Iowa.jpg
艦歴
発注
起工 1967年8月22日
進水 1969年2月1日
就役 1970年5月2日
退役 1998年9月30日
その後 2004年スクラップとして廃棄
除籍 1999年6月30日
性能諸元
排水量 4,460 t
全長 134 m(440 ft
全幅 14 m(46 ft)
吃水 6.4 m(21 ft)
機関 ボイラー 4缶、ギアード蒸気タービン 2基、70,000shp、2軸推進
最大速力 33 kt (61 km/h)
航続距離 4,500 nm(20 kt/h)
乗員 337 名
兵装 Mk 42 5インチ単装砲 2基
ラインメタルRh202 20mm単装機関砲 2基
Mk13SAM 単装発射機 1基
アスロック8連装発射機 1基
RAM短SAM 21連装発射機 2基
Mk.32 短魚雷3連装発射管 2基

ロンメル(Rommel, D187)は、ドイツ海軍ミサイル駆逐艦リュッチェンス級駆逐艦の3番艦。艦名はエルヴィン・ロンメル元帥に因む。

艦歴[編集]

ロンメルは1967年8月22日に、DDG-30 としてメイン州バスバス鉄工所で起工する。1969年2月1日にロンメル元帥の未亡人、ルーシー・マリア・ロンメルによって進水し、1970年5月2日に就役、キールを拠点とする第1駆逐艦隊に配属された。

ロンメルは1998年9月30日に退役、ヴィルヘルムスハーフェンに牽引され姉妹艦のリュッチェンス、メルダースの予備部品を供給するため5年間保管された。その後2004年にトルコでスクラップとして廃棄された。

外部リンク[編集]