ラインメタル Rh202

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラインメタルMk 20 Rh 202
Marder1A3 BMK.jpg
マルダー歩兵戦闘車搭載のラインメタルMk 20 Rh 202機関砲
種類 機関砲
原開発国 ドイツの旗 ドイツ
運用史
配備期間 1960年代-現在
諸元
重量 75kg(シングル・フィード)
83kg(ダブル・フィード)
全長 2,612mm(8ft 7in)
銃身 2,002mm

弾丸 20x139mm
口径 20mm
銃砲身 1
作動方式 ガス圧作動式
発射速度 880-1,000rpm
初速 1,050-1,150m/s
有効射程 2,000m
最大射程 7,000m

ラインメタルMk 20 Rh 202英語: Rheinmetall MK 20 Rh 202)は、ドイツラインメタル社が開発した20mm口径機関砲

概要[編集]

ラインメタルRh 202は、第二次世界大戦中のドイツ空軍の代表的な航空機関砲であるMG 151 機関砲をもとに開発された。Rh 202は、MG 151よりも高い発射速度を発揮できるほか、使用弾薬も、より強力なものとされた。マウザー社が開発したMG 151は20x82mm弾を使用していたが、ラインメタル社は、イスパノ・スイザ社の新しい規格である20x139mm弾を使用することを決定した。この砲弾は、のちにフランス20mm機関砲 F2などでも採用されて、西欧の20mm口径弾としてはデファクトスタンダードとなった。また、2方向から給弾できるようにして、複数弾種をすばやく切り替えて運用するという機構も採用されたが、この機構を省いて軽量化したモデルも生産されている。

ラインメタルRh 202の開発は1962年に完了し、1960年代後半より西ドイツ陸軍(当時)に導入された。当初は牽引式の連装砲架と組み合わされ、低高度防空火力として使用されていたが、高速の攻撃機に対抗するには20mm口径弾では射程・威力が不足であることから、やがて防空用途にはあまり使用されなくなった。その一方で、Rh 202は、大口径砲より軽量だが重機関銃より長射程の地対地火力として注目されるようになり、AMX-10P歩兵戦闘車と並んで西側歩兵戦闘車の嚆矢となったマルダー歩兵戦闘車に搭載され、その主武装として有名になった。また、Rh 202は偵察用のルクス空挺部隊向けのヴィーゼル空挺戦闘車にも搭載される。

その後、1974年より、Rh 202は西ドイツ海軍(当時)においても就役しはじめた。Rh 202は近距離での対舟艇火力として注目され、単装の簡易マウントと組み合わされて、大型艦の副武装、あるいは小型艇の主武装として搭載された。

Rh 202は傑作機関砲として、ドイツ本国のほか、アメリカなどNATO 20ヶ国で採用された。また、日本陸上自衛隊も、73式装甲車の歩兵戦闘車型に搭載することを検討したが、予算上の問題により、歩兵戦闘車型の開発そのものが頓挫している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]