国道357号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道357号


一般国道

国道357号標識

国道357号
総距離 81.0 km(総延長)
65.4 km(実延長)
62.3 km(現道)
海上距離 2.9 km
制定年 1975年
起点 千葉県千葉市中央区
主な
経由都市
習志野市船橋市浦安市江東区大田区川崎市横浜市
終点 神奈川県横須賀市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0016.svg国道16号
Japanese National Route Sign 0014.svg国道14号
東関東自動車道
首都高速湾岸線
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

国道357号(こくどう357ごう)は、千葉県千葉市中央区から神奈川県横須賀市に至る一般国道である。この道路は、通称「東京湾岸道路」といわれる。

東京湾岸道路(とうきょうわんがんどうろ)の一般部(一般道路)であり、「湾岸道路」という通称でも呼ばれる。東京都内における都市計画事業としての名称は東京都市計画道路幹線街路東京湾環状線である。自動車専用部として東関東自動車道首都高速道路が並走する。横浜市川崎市千葉市と3つの政令指定都市を結ぶ。

大半の区間が東京湾岸の埋立地を貫く経路上に設定されているため、埋立地間の海上を中心に未開通区間が存在する。全線が1本でつながっていないため、一般国道のみで走破することは不可能である。

東京港臨海道路の開通に伴い交通量の増大が予想されることから、新木場交差点 - 夢の島交差点間で連続立体工事が行われた。[1]

概要[編集]

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

  • 起点 : 千葉市(中央区「村田町」 = 国道16号交点)
  • 終点 : 神奈川県横須賀市(未開通)
  • 重要な経過地 : 習志野市(秋津三丁目)・船橋市(日の出町)・市川市(千鳥町)・浦安市・東京都江戸川区(臨海町一丁目)・同都江東区(有明二丁目)・同都港区(台場)・同都品川区(八潮二丁目)・同都大田区(京浜島二丁目)・川崎市(川崎区)・横浜市(磯子区)
  • 路線延長 : 81.0 km(実延長65.4 km、現道62.3 km)[3][注釈 2]
    • 千葉県区間: 17.4 km(実延長17.4 km、現道17.4 km)
    • 千葉市区間: 16.8 km(実延長11.2 km、現道11.2 km)
    • 東京都区間: 25.3 km(実延長22.4 km、現道19.3 km、海上距離5.6 km)
    • 神奈川県区間: 1.2 km(実延長- km、現道- km)
    • 横浜市区間: 14.2 km(実延長11.4 km、現道11.4 km)
    • 川崎市区間: 6.1 km(実延長3.0 km、現道3.0 km)
  • 指定区間
    • 千葉市中央区村田町893番229 - 東京都大田区羽田空港三丁目1番
    • 川崎市川崎区浮島町516番1 - 同区浮島町525番
    • 川崎市川崎区東扇島23番1 - 横浜市鶴見区扇島7番1
    • 横浜市鶴見区大黒ふ頭15番155 - 横須賀市夏島町1番1[4][注釈 3]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

  • 八潮バイパス
他の都内国道の共同溝と孤立しているという状況を解消すべく、国道357号(東京湾岸道路)の共同溝と国道15号(第一京浜)の共同溝とつなげるために八潮共同溝が建設されることになり(トンネル自体は2006年(平成18年)に全通)、これに伴い同共同溝のルートにあたる都道(一部が「山手通り」(東京都道317号環状六号線)と「海岸通り」(東京都道316号日本橋芝浦大森線)、「八潮橋」に該当)が新たに全線指定区間扱いの国道357号に格上げされ「八潮バイパス」と命名された。
  • 注記
元来、東京湾岸道路自体が国道14号、国道15号、国道16号のバイパスとの位置付けである。ただし、この道路のさらにバイパスとして第二東京湾岸道路が計画されている。

通称[編集]

重複区間[編集]

  • 千葉県千葉市中央区塩田町(「蘇我陸橋南」) - 千葉県千葉市中央区登戸(「登戸」):千葉県道14号千葉茂原線千葉県道24号千葉鴨川線(この区間は国道16号のバイパス区間全通に伴い国道16号から編入)
  • 国道14号(千葉県千葉市中央区登戸(「登戸」) - 千葉県千葉市美浜区真砂(検見川合流))

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

道路施設[編集]

道の駅など[編集]

  • 谷津干潟公園駐車場(千葉県習志野市)(下り線(東行き)のみ)

連続して走行できる部分[編集]

  • 起点 - 東京都江東区・品川区(「潮風公園」)
  • 東京都品川区八潮二丁目 - 東京都大田区羽田空港三丁目
  • 神奈川県川崎市川崎区東扇島
  • 神奈川県横浜市鶴見区大黒ふ頭内 首都高速湾岸線大黒ふ頭出入口 - 神奈川県横浜市中区新山下三丁目(横浜ベイブリッジ下層部分)
計画は片側3車線であるが、暫定片側1車線のみで併用中。横浜ベイブリッジ部の橋梁本体部のみ国道357号であり、前後の取り付け部は臨港道路である(暫定供用)。また、この区間は原付125cc以下のバイク歩行者軽車両の通行が禁止されている。
  • 神奈川県横浜市中区千鳥町 - 神奈川県横浜市金沢区八景島
2012年(平成24年)時点では、金沢区金沢柴町交差点 - 八景島間の国道357号を通行できるのは八景島シーパラダイスへ入る観光バス・関係車両のみである。
  • 東京都品川区北品川二丁目 - 東京都品川区八潮一丁目
いわゆる「八潮バイパス」。同バイパスの項を参照。

未開通の部分[編集]

  • 東京都江東区・港区(「潮風公園」) - 東京都品川区八潮二丁目
品川ふ頭付近
本線南側の東京港臨海道路を経由すると迂回可能である。
  • 東京都大田区羽田空港三丁目 - 神奈川県川崎市川崎区浮島 - 神奈川県川崎市川崎区東扇島
多摩川河口付近、川崎港付近
本線西側の国道131号産業道路国道132号川崎港海底トンネルを経由すると迂回可能である。
羽田空港 - 浮島間は整備が検討されている[5]
扇島付近、京浜港付近
本線西側の川崎港海底トンネル国道132号産業道路大黒大橋を経由すると迂回可能である。
横浜市道本牧28号(産業道路)[6]を経由して接続している。
三浦半島の3市1町が結成した「三浦半島地域広域幹線道路整備促進期成同盟」が毎年のように国土交通省や神奈川県に要望書を提出しているが、未開通。

上記の迂回路に示した各トンネルは、原動機付自転車の走行が禁止されている。これらの区間は、事実上の分断区間であるが、点線国道の扱いではない。

画像[編集]

国道357号(東京都江東区) 
連続立体工事 

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2012年4月1日現在
  3. ^ 重複区間を除く

出典[編集]

  1. ^ 「新木場立体(4車線)」が完成”. 国土交通省関東地方整備局. 2014年2月14日閲覧。
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2014年4月5日閲覧。
  3. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2013. 国土交通省道路局. p. 20. 2014年6月23日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6**月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2014年4月5日閲覧。
  5. ^ 川崎―羽田空港に連絡道 読売新聞 2014年9月9日
  6. ^ 横浜市行政地図情報システム”. 横浜市総務局総務情報支援課. 2014年6月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]