富士見ヶ丘駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
富士見ヶ丘駅
富士見ヶ丘駅北口(2012年4月)
富士見ヶ丘駅北口(2012年4月)
ふじみがおか - Fujimigaoka
IN12 高井戸 (0.7km)
(0.8km) 久我山 IN14
所在地 東京都杉並区久我山五丁目1番25号
駅番号 IN 13
所属事業者 京王電鉄
所属路線 井の頭線
キロ程 9.4km(渋谷起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
13,934人/日
-2013年-
開業年月日 1933年昭和8年)8月1日
南口(2012年4月)
南口(2012年4月)
改札口(2011年8月)
改札口(2011年8月)
ホーム(2011年8月)
ホーム(2011年8月)

富士見ヶ丘駅(ふじみがおかえき)は、東京都杉並区久我山五丁目にある、京王電鉄井の頭線である。

年表[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅であり、橋上駅舎を持つ。駅舎は2010年3月に着工し、2010年12月26日に供用を開始した。駅舎コンコースとホーム、および南口・北口地上部との間をそれぞれ連絡するエレベーターエスカレーターが設置されている(橋上駅舎 - 南口地上間にはエスカレーターはない)。

2010年12月まで使用されていた旧駅舎につながっていた地下通路は南北自由通路として存置されている。

駅西側には富士見ヶ丘検車区がある。また、駅西方の上り線と下り線の間に引き上げ線があり、これを利用して朝ラッシュ時に当駅 - 渋谷間の区間運転が設定されている。そのため、朝ラッシュ時には着席目的で始発電車を待つ乗客で混雑する。

トイレは2階改札口内にある。ユニバーサルデザイン設備として「だれでもトイレ」(オストメイト対応)も整備されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 井の頭線 下り 久我山吉祥寺方面
2 井の頭線 上り 明大前下北沢渋谷方面

当駅始発・終着の列車がある。なお、車庫から出庫し、吉祥寺へ向かう富士見ヶ丘始発の列車は1番線を通常の進行方向とは反対から入線する。そのため、1番線には久我山寄りと高井戸寄りの両方に停止位置目標がある。車庫から出庫して吉祥寺へ回送するための折り返し線として使用することもある。 早朝の渋谷方面行き列車1本は、当駅渋谷方にある渡り線の錆び取りのため、例外的に1番線から発車する。

各駅停車のみが停車する駅ではあるが、検車区が併設されているため井の頭線の運行からすると主要駅でもあり、ホームには早くからLED発車標が設置されている(その後井の頭線全駅に設置された)。

北口改築前(2007年9月18日) 南口改築前(2008年6月8日)
北口改築前(2007年9月18日)
南口改築前(2008年6月8日)


利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人員は13,934人である[1]。乗降人員および乗車人員の推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
出典
1955年 4,734
1960年 8,757
1965年 11,737
1970年 14,421
1974年 15,942 [2]
1975年 15,146
1980年 14,097
1985年 13,686
1990年 14,485 7,027 [3]
1991年 7,139 [4]
1992年 7,019 [5]
1993年 6,959 [6]
1994年 6,838 [7]
1995年 13,878 6,708 [8]
1996年 6,893 [9]
1997年 6,822 [10]
1998年 6,756 [11]
1999年 6,738 [12]
2000年 13,993 6,773 [13]
2001年 6,915 [14]
2002年 6,904 [15]
2003年 6,921 [16]
2004年 6,841 [17]
2005年 13,979 6,803 [18]
2006年 13,805 6,751 [19]
2007年 13,920 6,907 [20]
2008年 13,985 6,940 [21]
2009年 13,887

駅周辺[編集]

南北を商店街に挟まれており、駅前にはロータリーなどはない。商店街を外れると閑静な住宅地が広がる。

隣の駅[編集]

京王電鉄
井の頭線
急行
通過
各駅停車
高井戸駅 (IN 12) - 富士見ヶ丘駅 (IN 13) - 久我山駅 (IN 14)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]