明大前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
明大前駅
駅舎(2011年9月)左端の建物はフレンテ明大前
駅舎(2011年9月)
左端の建物はフレンテ明大前
めいだいまえ - Meidaimae
所在地 東京都世田谷区松原二丁目45-1
所属事業者 京王電鉄
駅構造 高架駅地上駅
ホーム 各2面2線
乗降人員
-統計年度-
84,045人/日
-2013年-
開業年月日 1913年大正2年)4月15日
乗入路線 2 路線
所属路線 京王線
駅番号 KO 06
キロ程 5.2km(新宿起点)
KO05 代田橋 (0.8km)
(0.9km) 下高井戸 KO07
所属路線 井の頭線
駅番号 IN 08
キロ程 4.9km(渋谷起点)
IN07 東松原 (0.9km)
(1.1km) 永福町 IN09

明大前駅(めいだいまええき)は、東京都世田谷区松原二丁目にある、京王電鉄京王線井の頭線の接続駅である。駅番号は両路線で個別に与えられており、京王線がKO06、井の頭線がIN08

概要[編集]

京王線、井の頭線の主要駅であり、回送列車を含めたすべての列車が停車する。京王線と井の頭線は当駅で立体交差している。

2007年5月24日駅ビルフレンテ明大前が開業した。これに先立ち、同年3月31日から井の頭線下りホームに出口専用改札口であるフレンテ口が供用開始された。フレンテ明大前の一部店舗は井の頭線下りホームにある。工事が開始される前はホーム中程に「無事湖」と呼ばれるがあった。

歴史[編集]

元々明大前駅(松原駅)は、東京山手急行電鉄の第二山手線構想の中で、山手急行との交差駅になる予定であった。そのため、駅から吉祥寺寄りにある玉川上水の水道橋の部分は、複々線(帝都電鉄=井の頭線と山手急行の4線分)のスペースが確保されており、未成線である山手急行の唯一の痕跡と言える。また、ホームの渋谷寄りにある京王線との立体交差部分も複々線分のスペースが確保されていたが、これはエレベーター設置スペースに転用された。

京王線[編集]

井の頭線[編集]

  • 1933年(昭和8年)8月1日 - 帝都電鉄の西松原駅として開業。
  • 1935年(昭和10年)2月8日 - 明大前駅に改称。
  • 1940年(昭和15年)5月1日 - 小田原急行鉄道に合併し、同社帝都線の駅となる。
  • 1942年(昭和17年)5月1日 - 小田急電鉄東京急行電鉄大東急)に併合。
  • 1948年(昭和23年)6月1日 - 東急から京王帝都電鉄が分離し、同社井の頭線の駅となる。
  • 2005年平成17年)11月 - 井の頭線下りホームの売店が改修のため閉鎖。
  • 2007年(平成19年)5月24日 - 駅ビル「フレンテ明大前」が開業。井の頭線とは下りホームのフレンテ口と接続。
  • 2013年(平成25年)2月22日 - IN 08の駅ナンバリングを導入。

駅名の由来[編集]

1935年に、明治大学予科(当時)が駅の近くに移転したのに伴い、「明大前」(明治大学前)と名付けられる。名前の由来となった明治大学和泉校舎は、甲州街道を挟んで北側にある。人文・社会科学系学部の1・2年生[1]が学んでいる。

また、開業時の駅名「火薬庫前」は少々ものものしい名前だが、甲州街道(国道20号)沿いに江戸時代徳川幕府の煙硝蔵(鉄砲火薬などの貯蔵施設)があったことに由来する。この周辺地域では野火などの火の用心のためか、特に禁猟となっていた。明治時代になり、火薬庫は陸軍管轄になったが、あまり使われなかったようである。その後の関東大震災を機に被災した築地本願寺の墓地が当地に移転し、現在の築地本願寺和田堀廟所となっている。

駅構造[編集]

京王線、井の頭線ともに相対式ホーム2面2線を有しており、2階が京王線ホーム、1階が改札口、地下1階が井の頭線ホームの3層構造である。

エスカレーターは井の頭線下りホーム - 改札内コンコース間と井の頭線上りホーム - 京王線上りホーム間をそれぞれ連絡しており、前者は上り専用で、後者は渋谷寄りが上り専用、吉祥寺寄りが下り専用である。エレベーターは井の頭線下りホーム - 改札内コンコース間、改札内コンコース - 京王線下りホーム間、井の頭線上りホーム - 改札内コンコース - 京王線上りホーム間をそれぞれ連絡している。トイレは1階改札内にあり、2013年3月に改装された。ユニバーサルデザインの一環であるだれでもトイレも設置されている。

2001年2月には、ホームの屋根に太陽光発電システムが導入され、発電した電力を駅の電気施設に供給している。このシステムは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同研究[2][3]により設置したもので、最大発電容量は30キロワットである。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
京王線ホーム(2階)
1 京王線 下り 調布橋本京王八王子高尾山口方面
2 京王線 上り 笹塚新宿都営新宿線方面
井の頭線ホーム(地下1階)
3 井の頭線 下り 永福町久我山吉祥寺方面
4 井の頭線 上り 下北沢渋谷方面
  • ごく一部の列車を除き、原則として京王線と井の頭線のダイヤは接続が図られていない(ダイヤのパターンサイクルも異なる)。そのため、例えば京王線の特急・準特急と井の頭線の急行が乗り換えられるとは限らない。
  • 新宿行の列車は「京王線新宿行」と案内される。これは京王線の新宿駅と京王新線新宿駅を区別するためである。代田橋駅・笹塚駅でも同様の方法が採られている。

利用状況[編集]

2013年度の一日平均乗降人数は京王線が49,487人、井の頭線が34,558人、京王線・井の頭線乗り換えが172,881人である。[4]

乗降人員および乗車人員の推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗降人員
京王線・
井の頭線
乗換人員
1日平均
乗車人員
京王線 井の頭線 京王線 井の頭線 出典
1955年(昭和30年) 16,630 12,394 40,112
1960年(昭和35年) 21,274 16,990 61,446
1965年(昭和40年) 29,748 22,359 86,047
1970年(昭和45年) 31,247 20,822 102,865
1975年(昭和50年) 34,495 23,171 121,160
1980年(昭和55年) 31,807 34,261 141,026
1983年(昭和58年) 38,209[5]
1985年(昭和60年) 37,738 28,528 158,916
1990年(平成02年) 41,704 28,500 167,044 20,795 14,293 [6]
1991年(平成03年) 42,461 21,172 14,309 [7]
1992年(平成04年) 20,967 14,058 [8]
1993年(平成05年) 20,896 13,608 [9]
1994年(平成06年) 20,726 13,534 [10]
1995年(平成07年) 40,231 26,308 164,950 20,068 13,142 [11]
1996年(平成08年) 19,967 13,129 [12]
1997年(平成09年) 19,778 12,408 [13]
1998年(平成10年) 19,723 12,090 [14]
1999年(平成11年) 19,525 11,910 [15]
2000年(平成12年) 39,559 24,457 162,660 19,721 12,121 [16]
2001年(平成13年) 20,225 12,351 [17]
2002年(平成14年) 20,041 12,093 [18]
2003年(平成15年) 20,085 12,475 [19]
2004年(平成16年) 20,197 12,532 [20]
2005年(平成17年) 40,966 25,052 168,929 20,529 12,978 [21]
2006年(平成18年) 41,572 25,300 171,785 20,770 13,197 [22]
2007年(平成19年) 47,667 30,671 171,785 23,628 15,557 [23]
2008年(平成20年) 49,607 32,943 172,530 24,627 16,682 [24]
2009年(平成21年) 50,293 33,406 171,646 25,003 16,888 [25]
2010年(平成22年) 50,800 33,716 169,727 25,255 17,063 [26]
2011年(平成23年) 49,433 33,684 169,104 24,549 17,022 [27]
2012年(平成24年) 49,647 34,865 172,727 24,699 17,605 [28]
2013年(平成25年) 49,487 34,558 172,881

駅周辺[編集]

駅前の広場は道路の幅が狭かったため、ロータリーはない。2009年時点では進入道路の拡幅工事が完了し、アクセスの向上が図られたものの、車両用ロータリーは整備されなかった(2013年12月14日現在、コインパーキングが設置されているが、地元商店街のイベント等で閉鎖されることもあり注意が必要)。

北に明治大学和泉校舎があり、学生向けに喫茶店や文具店、ファーストフード店、安価な食堂などがあるが、駅前商店街としてはそれ程大きい規模ではない。

駅前にはタクシー乗り場がないため北側の甲州街道(国道20号線)まで出る必要がある。(だだし夜間は2台ずつ駅前にタクシーが来ることが多い。)

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

京王電鉄
京王線
特急・準特急
京王線新宿駅 (KO 01) - 明大前駅 (KO 06) - 調布駅 (KO 18)
急行・区間急行
笹塚駅 (KO 04) - 明大前駅 (KO 06) - 桜上水駅 (KO 08)
快速
笹塚駅 (KO 04) - 明大前駅 (KO 06) - 下高井戸駅 (KO 07)
各駅停車
代田橋駅 (KO 05) - 明大前駅 (KO 06) - 下高井戸駅 (KO 07)
井の頭線
急行
下北沢駅 (IN 05) - 明大前駅 (IN 08) - 永福町駅 (IN 09)
各駅停車
東松原駅 (IN 07) - 明大前駅 (IN 08) - 永福町駅 (IN 09)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]