明治大学マンドリン倶楽部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

明治大学マンドリン倶楽部(めいじだいがくマンドリンくらぶ)は明治大学で活動するマンドリンオーケストラ

1923年明治大学で佐藤正恒(斎藤正恒)、古賀政男らの10数名が創設した。古賀政男は、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)首席卒業の藤山一郎(声楽家としては増永丈夫)が歌唱した《丘を越えて》(原曲・マンドリン合奏曲《ピクニック》)を作曲。さらに伴奏にマンドリンを使用する歌謡曲を多数作曲し、マンドリンの大衆化・普及に大きく貢献した。同倶楽部からは、古賀政男をはじめ、竹岡信幸清水保雄吉田矢健治南郷達也ら作曲家を輩出している。現在では同倶楽部はドラムス電気楽器を取り入れ、歌謡曲ポピュラー音楽中心の路線で、独自の地位を築いている。古賀政男と明治大学マンドリン倶楽部については『評伝古賀政男 青春よ永遠に』(アテネ書房・菊池清麿明治大学政経学部・同大学院修了)に詳細に記されている。

主な出身者[編集]

外部リンク[編集]