上北沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上北沢駅
北口(2009/06/15)
北口(2009/06/15)
かみきたざわ - Kami-kitazawa
KO08 桜上水 (0.8km)
(0.6km) 八幡山 KO10
所在地 東京都世田谷区上北沢四丁目14-3
駅番号 KO 09
所属事業者 京王電鉄
所属路線 京王線
キロ程 7.8km(新宿起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
14,175人/日
-2013年-
開業年月日 1913年大正2年)4月15日
南口(2005/1/2)
駅構内(2009/06/15)

上北沢駅(かみきたざわえき)は、東京都世田谷区上北沢四丁目にある京王電鉄京王線である。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

武蔵野台地の中で、特にが多かった地域の流ということを受け「上北沢」と名づけられる。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅だが、駅舎は地下にある。下り線が直線、上り線は曲線となっている。2007年2月エレベーターが設置され、出入口からホームまでの動線バリアフリー化が図られた。

トイレは地下駅舎内にある。かつてはユニバーサルデザインの一環として設置される「だれでもトイレ」が女性用トイレの最奥部にあったが、2007年3月に「だれでもトイレ」の移転を伴う改修工事が竣工した。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 京王線 下り 調布橋本京王八王子高尾山口方面
2 京王線 上り 明大前笹塚新宿都営新宿線方面

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人員は14,175人である[1]。近年は乗降人員が減少傾向にある。 乗降人員および乗車人員の推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
出典
1955年 9,864
1960年 12,684
1965年 17,844
1970年 20,668
1975年 19,585
1980年 22,052
1983年 23,336 [2]
1985年 20,654
1990年 20,869 10,466 [3]
1991年 9,738 [4]
1992年 10,214 [5]
1993年 10,153 [6]
1994年 9,978 [7]
1995年 19,826 9,806 [8]
1996年 9,679 [9]
1997年 9,255 [10]
1998年 9,082 [11]
1999年 8,691 [12]
2000年 17,594 8,542 [13]
2001年 8,277 [14]
2002年 8,074 [15]
2003年 7,770 [16]
2004年 7,696 [17]
2005年 15,662 7,674 [18]
2006年 15,012 7,474 [19]
2007年 15,066 7,525 [20]
2008年 14,821 7,403 [21]
2009年 14,631 7,312 [22]
2010年 7,184 [23]
2011年 7,098 [24]
2012年 7,066 [25]
2013年 14,175

駅周辺[編集]

次の駅である八幡山駅とは600mしか離れていないため、当駅から高架上にある八幡山駅ホームが見える。

バス路線[編集]

隣の駅[編集]

京王電鉄
京王線
特急・準特急・急行・区間急行・快速
通過
各駅停車
桜上水駅 (KO 08) - 上北沢駅 (KO 09) - 八幡山駅 (KO 10)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]