池ノ上駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
池ノ上駅
改装後の池ノ上駅(2006年撮影)
改装後の池ノ上駅(2006年撮影)
いけのうえ - Ikenoue
IN03 駒場東大前 (1.0km)
(0.6km) 下北沢 IN05
所在地 東京都世田谷区代沢二丁目
駅番号 IN 04
所属事業者 京王電鉄
所属路線 井の頭線
キロ程 2.4km(渋谷起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
9,660人/日
-2013年-
開業年月日 1933年昭和8年)8月1日
改装前のホーム(2004年2月15日撮影)
入口(2004年2月15日撮影)

池ノ上駅(いけのうええき)は、東京都世田谷区代沢二丁目にある、京王電鉄井の頭線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅で、橋上駅舎を持つ。2006年3月の駅舎改良工事でバリアフリー化された。出入口は2か所あるが、この改良工事によりホーム - コンコース、コンコース - 駅北側、コンコース - 駅南側を連絡するエレベーターが3基設置された。北側の出入口はエレベーターのみの設置で、階段はない。

トイレはかつてホーム上にあったが、駅舎改良工事竣工時に2階改札内に新設され、同時にユニバーサルデザインの一環として「だれでもトイレ」も設置された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 井の頭線 下り 下北沢明大前永福町久我山吉祥寺方面
2 井の頭線 上り 渋谷方面

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人員9,660人である[1]

乗降人員および乗車人員の推移は下表のとおりである。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
出典
1955年(昭和30年) 14,223
1960年(昭和35年) 19,412
[2] 1965年(昭和40年) 23,144
1970年(昭和45年) 18,381
1975年(昭和50年) 16,763
1980年(昭和55年) 13,783
1985年(昭和60年) 12,703
1990年(平成02年) 12,939 6,375 [3]
1991年(平成03年) 6,396 [4]
1992年(平成04年) 6,351 [5]
1993年(平成05年) 6,167 [6]
1994年(平成06年) 5,929 [7]
1995年(平成07年) 11,865 5,850 [8]
1996年(平成08年) 5,671 [9]
1997年(平成09年) 5,427 [10]
1998年(平成10年) 5,301 [11]
1999年(平成11年) 5,128 [12]
2000年(平成12年) 10,445 5,107 [13]
2001年(平成13年) 5,189 [14]
2002年(平成14年) 5,115 [15]
2003年(平成15年) 5,183 [16]
2004年(平成16年) 5,077 [17]
2005年(平成17年) 9,997 4,877 [18]
2006年(平成18年) 10,219 5,047 [19]
2007年(平成19年) 10,017 5,093 [20]
2008年(平成20年) 9,542 4,860 [21]
2009年(平成21年) 9,351 [22]
2010年(平成22年) [23]
2011年(平成23年) [24]
2012年(平成24年)
2013年(平成25年) 9,660

駅周辺[編集]

駅前商店街

駅出入口は東京都道420号鮫洲大山線に面している。この道路が駅の西側で線路と平面交差している。ただし幅員が5 - 6m程度であり、広場等の空間も特にない。この道路等に沿って近隣商業地や駐日アンゴラ共和国大使館、池ノ上駅前郵便局がある。下北沢駅へは徒歩8分程度で行き来が可能である。世田谷区の一角として、周辺には閑静な住宅街がひろがっている。

松蔭中学校・高等学校のほか、南に約20分ほど歩くと駒場学園高等学校が所在し、通学生も多く見られる。

隣の駅[編集]

京王電鉄
井の頭線
急行
通過
各駅停車
駒場東大前駅 (IN 03) - 池ノ上駅 (IN 04) - 下北沢駅 (IN 05)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]