北野駅 (東京都)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北野駅
駅舎(2013年4月25日)
駅舎(2013年4月25日)
きたの - Kitano
所在地 東京都八王子市打越町335-1
駅番号 KO 33
所属事業者 京王電鉄
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
22,440人/日
-2013年-
開業年月日 1925年大正14年)3月24日
乗入路線 2 路線
所属路線 京王線
キロ程 36.1km(新宿起点)
KO32 長沼 (1.2km)
(1.8km) 京王八王子 KO34
所属路線 高尾線
キロ程 0.0km(当駅起点)
(1.7km) 京王片倉 KO48►

北野駅(きたのえき)は、東京都八王子市打越町にある、京王電鉄である。駅番号KO33

京王線高尾線が乗り入れている。高尾線はこの駅が起点であるが、多数の列車が京王線新宿方面へ直通する。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

近隣の地名から。地名の由来は「北野天満社」があることによる。

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する高架駅であり、すべての営業列車が停車する京王線の主要駅である。ホームは3階、改札口および駅事務室は2階にある。京王線と高尾線は当駅の西側で平面交差している。そのため、高尾線からの列車が入線中は京王八王子行の列車は発車できない(逆も同様)。

高尾線下り列車は、すべて高尾山口行である。高尾線内には待避駅がないため、当駅を発車した高尾山口行の列車は列車種別に関係なくそのまま高尾山口駅まで先に到着する。2013年2月22日のダイヤ改定以降、準特急はすべて高尾山口発着となり、当駅 - 高尾山口間は各駅に停車する。

当駅には引き上げ線がなく、長沼駅寄りに片渡り線が設置されている。大多数の列車は新宿 - 京王八王子・高尾山口間を直通して運転しており、高尾線内の区間列車は早朝と深夜の数本のみである。当駅止まりの列車は4番線に入線し客扱い終了後、上り本線上まで入換し、片渡り線を使用して下り線へ折返し、再び当駅から客扱いを行う(高尾線初電は直接1番線に入線する)。運用の都合上、転線せずにそのまま車両基地まで回送される列車も存在する。

かつて平日日中に京王八王子発着の特急(当駅は通過)が運転されていた時期は、高尾山口発着の各駅停車と接続するために当駅 - 京王八王子間の区間列車が多数設定されていた。

バリアフリー対応昇降設備として、ホームと改札階を連絡するエスカレーターエレベーターと、改札階と地上部を連絡するエレベーターが設置されている。トイレは2階改札内にあり、ユニバーサルデザインの一環として「だれでもトイレ」を併設している。2008年春に改修工事が行われた。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1・2 京王線 下り 京王八王子
高尾線 - めじろ台高尾高尾山口方面
3・4 京王線 上り 高幡不動府中調布明大前笹塚新宿都営新宿線方面
  • 当駅では平日朝ラッシュ時など一部の列車を除いて、特急・準特急や急行と各駅停車の緩急接続が終日行われる。
  • 下り線は高尾山口行と京王八王子行の相互接続が図られたダイヤになっている。1番線を高尾山口行の列車が、2番線を京王八王子行の列車が使用することにより双方の同時発車が可能である。但し都営新宿線からの急行高尾山口行は2番線から発車する。
  • 上り線は配線上3・4番線への同時到着はできない。当駅で緩急接続を行う列車は始発駅や入線順序に関係なく3番線を特急・準特急・急行が、4番線を当駅止まりや各駅停車、平日夜間に運転される快速の列車が使用する。

利用状況[編集]

2013年度の一日平均乗降人員22,440人である[1]

かつてはハイキングコースとなっていた野猿峠への玄関口であったが、周辺の宅地開発により、乗降人員は年々増加を続けている。

乗降人員および乗車人員の推移は下記の通り。

年度 一日平均
乗降人員
一日平均
乗車人員
出典
1955年(昭和30年) 1,122
1960年(昭和35年) 1,892
1965年(昭和40年) 3,834
1967年(昭和42年) 4,344 [2]
1970年(昭和45年) 5,876
1975年(昭和50年) 8,116
1980年(昭和55年) 15,936
1985年(昭和60年) 17,720
1990年(平成02年) 19,381 9,351 [3]
1991年(平成03年) 9,615 [4]
1992年(平成04年) 9,671 [5]
1993年(平成05年) 9,858 [6]
1994年(平成06年) 9,868 [7]
1995年(平成07年) 20,545 10,008 [8]
1996年(平成08年) 10,068 [9]
1997年(平成09年) 9,907 [10]
1998年(平成10年) 10,178 [11]
1999年(平成11年) 10,025 [12]
2000年(平成12年) 20,265 9,915 [13]
2001年(平成13年) 10,164 [14]
2002年(平成14年) 10,255 [15]
2003年(平成15年) 10,383 [16]
2004年(平成16年) 10,392 [17]
2005年(平成17年) 21,469 10,493 [18]
2006年(平成18年) 21,771 10,510 [19]
2007年(平成19年) 22,564 11,079 [20]
2008年(平成20年) 22,812 14,134 [21]
2009年(平成21年) 22,510 11,115 [22]
2010年(平成22年) 22,530 11,148 [23]
2011年(平成23年) 22,145 10,978 [24]
2012年(平成24年) 22,186 11,008 [25]
2013年(平成25年) 22,440

駅周辺[編集]

駅周辺は八王子市南部の市街地であり、基本的には新興住宅地である。駅前には以下のような商店・施設・交通路がある。

バス路線[編集]

京王バス南の一般路線と八王子市コミュニティバス「はちバス」が発着する。一般路線の詳細は京王バス南・南大沢営業所を参照。

北野駅北口[編集]

  • 1番乗り場
    • [ 北10 ] 北野台五丁目経由 片倉台行 
  • 2番乗り場
    • [ 北05・八65 ] 公園前経由 片倉台行
    • [ 北06・八69 ] 公園前経由 八王子みなみ野駅行 (深夜バスあり)
    • [ 北08・八68 ] 公園前経由 西武北野台行(土曜・休日のみ)(土曜のみ深夜バスあり)
  • 3番乗り場
    • [ 平03 ] 南陽台・東京薬科大学経由 平山城址公園駅
    • [ 北09 ] 京王堀之内駅
    • [ 北03・八60 ] 殿ヶ谷戸経由 南大沢駅行(深夜バスあり)
    • [ 八66・北02 ] 殿ヶ谷戸経由 由木折返場行 (深夜バスあり)
    • [ 八61 ] 中山経由 南大沢駅行
    • [ 八63 ] 中山経由 由木折返場行(平日のみ)
  • はちバス(八王子市・西東京バス委託)
    • [ 東部コース ] 長沼駅行/JR片倉駅

北野駅南口[編集]

  • 0番乗り場(始発から9時頃まで使用。それ以降は北口から発車。)
    • [ 北06 ] 公園前経由 八王子みなみ野駅行
    • [ 北10 ] 北野台五丁目経由 片倉台行
    • [ 平03 ] 南陽台・東京薬科大学経由 平山城址公園駅行
    • [ 北09 ] 京王堀之内駅行
    • [ 北03 ] 殿ヶ谷戸経由 南大沢駅行
    • [ 北02 ] 由木折返場行
    • [ 北04 ] 中山経由 南大沢駅行
  • 1番乗り場
    • [ 八60・61・63・65・66・68・69 ] 八王子駅南口行(深夜バスあり)
    • [ 北02・03・06・08・09・10 ] 北野駅北口行(深夜バスあり)
  • はちバス(八王子市・西東京バス委託)
    • [ 東部コース ] 長沼駅行/JR片倉駅

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

京王電鉄
京王線
特急・急行
高幡不動駅 (KO29) - 北野駅 (KO33) - 京王八王子駅 (KO34)
区間急行・快速・各駅停車
長沼駅 (KO32) - 北野駅 (KO33) - 京王八王子駅 (KO34)
高尾線
特急・急行
高幡不動駅(京王線) - 北野駅 (KO33) - めじろ台駅 (KO50)
準特急(京王片倉方当駅から各駅に停車)
高幡不動駅(京王線) - 北野駅 (KO33) - 京王片倉駅 (KO48)
区間急行・快速・各駅停車
長沼駅(京王線) - 北野駅 (KO33) - 京王片倉駅 (KO48)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]