京王片倉駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京王片倉駅
駅舎
駅舎
けいおうかたくら - Keiō-Katakura
KO33 北野 (1.7km)
(1.5km) 山田 KO49
所在地 東京都八王子市片倉町34-9
駅番号 KO 48
所属事業者 京王電鉄
所属路線 高尾線
キロ程 1.7km(北野起点)
新宿から37.8km
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
4,610人/日
-2013年-
開業年月日 1931年(昭和6年)3月20日(御陵線片倉駅として)
1967年(昭和42年)10月1日(高尾線の駅として)
ホーム風景

京王片倉駅(けいおうかたくらえき)は、東京都八王子市片倉町にある、京王電鉄高尾線である。駅番号KO48

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。傾斜地に立地するため、線路は高尾山口寄りは地平、北野駅寄りは高架となる。改札口は上りホームから一段下にあり、改札口から下りホームに行くには高架下の通路を経由する(エレベーターは専用の跨線橋を設置して整備)。横浜線片倉駅方面から来ると駅舎入り口が見つかりにくいため、高架下をくぐって10数m進んで左折するよう案内を掲示している。

かつてトイレは上りホームにあり、ユニバーサルデザインの一環としての「だれでもトイレ」は女性用トイレと兼用になっていたが、2008年度に改札口を入って左手に移転し、「だれでもトイレ」は独立した形で設置された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 高尾線 下り めじろ台高尾高尾山口方面
2 高尾線 上り 北野府中明大前新宿都営新宿線方面
  • 上りの各駅停車は次の北野駅で京王八王子駅始発の特急・急行列車に、また準特急列車は各駅停車に接続する(一部の列車を除く)。

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人員は4,610人である[1]。乗降人員および乗車人員の推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
出典
1967年 535 [2]
1970年 1,800
1975年 2,156
1980年 3,159
1985年 3,860
1987年 4,282 [3]
1990年 3,691 1,811 [4]
1991年 1,836 [5]
1992年 1,822 [6]
1993年 1,833 [7]
1994年 1,841 [8]
1995年 3,819 1,880 [9]
1996年 1,929 [10]
1997年 1,811 [11]
1998年 1,871 [12]
1999年 1,918 [13]
2000年 3,883 1,945 [14]
2001年 1,915 [15]
2002年 1,849 [16]
2003年 1,880 [17]
2004年 1,899 [18]
2005年 4,069 1,942 [19]
2006年 4,034 1,997 [20]
2007年 4,137 2,055 [21]
2008年 4,237 2,104 [22]
2009年 4,219 2,096 [23]
2010年 2,082 [24]
2011年 4,177 2,074 [25]
2012年 4,433 2,200 [26]
2013年 4,610

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

最寄り停留所は「片倉城址」である。以下の路線が神奈川中央交通京王バス南により運行されている。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

所在地の地名による。地名の由来は古来よりカタクリの群生地であったことから。

現駅名は、御陵線休止中の1957年12月28日に当時の日本国有鉄道(国鉄)横浜線に片倉駅が開設されていたため、1967年に高尾線として再開した際に「京王片倉」と改称された。

隣の駅[編集]

京王電鉄
高尾線
特急・急行
通過
準特急・区間急行・快速・各駅停車
北野駅 (KO33) - 京王片倉駅 (KO48) - 山田駅 (KO49)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]