早明戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

早明戦(そうめいせん)とは、早稲田大学明治大学の間で行われるスポーツ分野での対校戦である。主として関東大学ラグビー対抗戦グループ最終戦で、毎年12月の第1日曜日に国立霞ヶ丘陸上競技場で両校の間で行われる試合が挙げられる。また、同大学間の文化分野での交流にも使われることがある。

なお、明治大学の学生およびOBは「明早戦」(めいそうせん)と呼ぶ。

起源[編集]

早明戦の起源は早稲田大学と慶應義塾大学の間で行われていた野球対校戦、いわゆる早慶戦が両校の応援が過熱して一時期中止されたことが端緒となっている。早慶両校を取り持つ形で1914年に早稲田、慶應義塾、明治の三大学で野球対校戦が開催されることになった。それに遡ること3年、1911年に初めて早稲田対明治の試合が行われ、早明戦がスタートする。

早慶戦ほどの知名度や集客力はないが、それでも大学対抗戦の中では大きな規模を誇る。

ラグビー[編集]

ラグビー早明戦

1923年12月24日に初戦が行われ、以後戦争による中断を挟み現在まで定期戦89戦・大学選手権での対戦12戦を数える。通算成績は(対抗戦)早稲田の51勝36敗2分、(大学選手権)明治の7勝5敗。(決勝での対戦は9度あり、明治の6勝3敗。)
毎年12月の第一日曜日に行われる。1941年は、真珠湾攻撃の前日に開催された。
試合は戦前は主に明治神宮外苑競技場、戦後は秩父宮ラグビー場を経て、1973年から2013年国立霞ヶ丘陸上競技場で開催した。

国立競技場に会場が変わったのは、1973年に秩父宮ラグビー場が改修工事に入ったためであるが、その後観客数が増えて秩父宮では収容しきれなくなったため固定された。1981年には収容人数を超える66,999人を動員した[1]。席に座れない観客が通路や階段に座り込み、入場券売り切れ後も千円札を係員に渡して強行入場する客も現れるなど、当然のことながら消防法(定員)に抵触しており、ラグビー協会は関係省庁からかなり厳しい指導を受けた[要出典]

80年以上の歴史のなかで引き分けが2試合だけあるが、いずれも終了直前に早稲田が同点トライを決めての決着だった。1975年には藤原優が明大のタックルを振り切り「アニマル」の異名さながらに滞空時間の長いダイビングトライを演じた。1990年にはトライ後のキックオフから早稲田がカウンター攻撃に転じ、今泉清が約70mを走り切りトライした(厳しい角度のコンバージョンをSO守屋が成功、直後にノーサイド)。この年度早明は大学選手権決勝で再対決したが、同点トライにつながるキックオフを蹴った吉田義人が決勝トライを決め、雪辱を果たした。

1973年の大学選手権決勝では明治が終了間際に逆転トライで初優勝を遂げた。1962年には対抗戦Bグループに転落した早稲田がAグループ優勝の明治を破り、先述の1981年には早稲田が戦前の圧倒的不利評を覆し逆転勝ち(大西鐡之祐が「マスコミを信じるか、ワシを信じるか」の名セリフを残した)、1987年には前夜からの雪が積もるなか終了前10分間の激しい攻防を演じた雪の早明戦など、劇的展開や白熱した名勝負の連続が、早明戦に不動の人気をもたらしたといえる。

長く大学ラグビー界の頂点を競った試合らしく、日本のラグビー界を担った数え切れないほどの名選手たちが早明戦の舞台で活躍した。同時代・ほぼ同学年にライバルが存在してしのぎを削るのも早明戦らしく、その時々の球趣を深くした。早明の力関係が逆転した1962年の早明戦は早稲田木本建治・明治北島治彦北島忠治監督の子)とも主将・SOで激戦を演じたほか、1970年代には明治笹田学松尾雄治に対し早稲田藤原優石塚武生、1980年代前半には早稲田本城和彦吉野俊郎と明治藤田剛河瀬泰治、80年代後半から90年代初頭にかけては早稲田に清宮克幸堀越正巳今泉清郷田正増保輝則、明治には大西一平太田治永友洋司吉田義人元木由記雄らが在籍した。

2014年からは国立競技場が2019年ラグビーW杯、並びに2020年東京オリンピックへ向けた新スタジアムへの建て替え・改修のため使用できないため、秩父宮ラグビー場を使用する計画だが、東京ドームを使用する案も予定されていた[2]。しかしネットの問題から同所での開催を断念。結果的に秩父宮で開催されることとなった。

なお、スポーツライターの二宮清純は早明戦について、技術論の早稲田、精神論の明治と評している。また、対抗戦グループの優勝争いにかかわらず、NHKほかによるテレビ中継が行われている。

毎年、試合日の夜に早稲田、明治の学生が新宿コマ劇場前の広場に集まるのが恒例となっているが、一部で暴動が発生するなどしたため、近年では大学職員や機動隊などが広場の周りを取り囲む光景を見ることができる。

史上最大の得点差は64点で、2度記録されている。2007年度対抗戦(早71-7明)、2010年度大学選手権(早74-10明)といずれも明治が大敗している。

戦績[編集]

リーグ戦(対抗戦)[編集]

早稲田大学ラグビー蹴球部:51勝2分36敗
明治大学ラグビー部:36勝2分51敗

大会 年月日 会場 早稲田 明治 観客数
1 1923年12月24日 戸塚グラウンド 42 3
2 1924年10月26日 33 0
3 1925年11月3日 11 3
4 1926年11月11日 成増兎月園 12 0
5 1927年12月4日 明治神宮外苑競技場 9 6
6 1928年12月8日 3 11
7 1929年12月8日 0 5
8 1930年12月7日 9 14
9 1931年12月6日 8 33
10 1932年12月4日 24 12
11 1933年12月3日 8 6
12 1934年12月2日 19 24
13 1935年12月1日 13 18
14 1936年12月6日 35 12
15 1937年12月5日 14 11
16 1938年12月4日 6 27
17 1939年12月3日 9 39
18 1940年12月8日 13 52
19 1941年12月7日 26 6
20 1942年5月24日 19 6
21 1942年12月6日 10 15
22 1946年12月8日 24 16
23 1947年12月7日 東京ラグビー場 15 19
24 1948年12月5日 16 5
25 1949年12月4日 20 21
26 1950年12月3日 28 6
27 1951年12月2日 6 21
28 1952年12月7日 16 9
29 1953年12月6日 秩父宮ラグビー場 19 16
30 1954年12月5日 8 14
31 1955年12月4日 3 11
32 1956年12月3日 20 14
33 1957年12月8日 19 6
34 1958年12月7日 13 6
35 1959年12月6日 8 14
36 1960年12月4日 6 14
37 1961年12月3日 11 25
38 1962年12月2日 17 8
39 1963年12月8日 15 13
40 1964年12月6日 22 9
41 1965年12月5日 27 3
42 1966年12月4日 23 17
43 1967年12月3日 40 5
44 1968年12月8日 26 23
45 1969年12月7日 43 8
46 1970年12月6日 32 11
47 1971年12月5日 6 4
48 1972年12月3日 19 14
49 1973年12月9日 国立霞ヶ丘陸上競技場 13 9
50 1974年12月7日 30 13
51 1975年12月7日 10 10
52 1976年12月5日 26 6
53 1977年12月4日 6 17
54 1978年12月3日 16 23
55 1979年12月2日 6 16
56 1980年12月7日 18 33
57 1981年12月6日 21 15 66,999
58 1982年12月5日 23 6
59 1983年12月4日 12 21
60 1984年12月2日 10 6
61 1985年12月1日 6 8
62 1986年12月7日 12 13
63 1987年12月6日 10 7
64 1988年12月4日 15 16
65 1989年12月3日 28 15
66 1990年12月2日 24 24
67 1991年12月1日 12 16
68 1992年12月6日 12 24
69 1993年12月5日 14 21
70 1994年12月4日 15 34
71 1995年12月3日 20 15
72 1996年12月1日 15 19
73 1997年12月7日 21 27
74 1998年12月6日 24 27
75 1999年12月5日 10 27
76 2000年12月3日 46 38
77 2001年12月2日 36 34
78 2002年12月1日 24 0
79 2003年12月7日 29 17
80 2004年12月5日 49 19 43,899
81 2005年12月4日 40 3 37,945
82 2006年12月3日 43 21 40,088
83 2007年12月2日 71 7 42,679
84 2008年12月7日 22 24 25,710
85 2009年12月6日 16 14 30,942
86 2010年12月5日 31 15 42,729
87 2011年12月4日 18 16 29,341
88 2012年12月2日 32 33 32,132
89 2013年12月1日 15 3 46,961
90 2014年12月6日 秩父宮ラグビー場

大学選手権他[編集]

早稲田大学ラグビー蹴球部:5勝0分7敗
明治大学ラグビー部:7勝0分5敗

大会 年月日 会場 早稲田 明治 観客数
第7回大学選手権決勝 1971年1月3日 秩父宮ラグビー場 26 9
第9回大学選手権決勝 1973年1月6日 12 13
第10回大学選手権決勝 1974年1月6日 国立霞ヶ丘陸上競技場 29 6
第11回大学選手権決勝 1975年1月4日 18 0
第12回大学選手権決勝 1976年1月4日 7 18
第13回大学選手権決勝 1977年1月1日 34 6
第18回大学選手権決勝 1982年1月4日 12 21
第19回大学選手権準決勝 1983年1月3日 9 13
第27回大学選手権決勝 1991年1月6日 13 16
第32回大学選手権決勝 1996年1月15日 9 43
第33回大学選手権決勝 1997年1月15日 22 32
第48回大学選手権準決勝 2011年1月2日 74 10 28,466

記録の出典

野球[編集]

早慶明の対校戦は、後に東京六大学野球連盟の母体となった。明治が絶縁状態にあった早慶の復縁に大きな役割を果たし、1925年秋からは同連盟の一試合として実施されている。近年、明治側の動員力が高く、明早戦では学生席を埋めるほどの学生が集まっている。
対戦成績は早稲田208勝・明治167勝、18分(2009年秋季リーグ戦時点、5大学リーグ以前の戦績は含まない)。ほか、1938年春季リーグ戦(明治4-0早稲田)1948年春季リーグ戦(早稲田5-1明治)の2回、両校による優勝決定戦を実施。

サッカー[編集]

早稲田大学ア式蹴球部および明治大学体育会サッカー部による対戦で、共に関東大学サッカー連盟に所属している。
両校の対戦は圧倒的な点差が付くと言う試合が無く、近年では野球・ラグビーの試合以上に白熱した展開が多く見られる。
両校とも、サッカー界に数多くの人材を輩出している。

文化[編集]

こうしたスポーツ競技のライバル関係が元で早稲田と明治の学生間、教員間での交流が盛んになったと言われる。例えば早明は共に政治経済学部を持っているが、それぞれが異なった立場から研究を行い、対決色があった点などが上げられる。この件の詳細は政治経済学部に記載されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ なお国立競技場の最多入場者数は、東京オリンピック開会式の72,000人である
  2. ^ 東京ドームで早明戦? 国立解体で関東協会が検討(産経新聞2014年5月13日 同月16日閲覧)