清宮克幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

清宮 克幸(きよみや かつゆき、1967年7月17日 - )は、大阪市福島区出身の元ラグビー選手で、早稲田大学ラグビー蹴球部の元監督トップリーグヤマハ発動機ジュビロ監督。現役時代のポジションフランカーNo.8。学生からは、「ボス」と呼ばれる(おそらくサントリーの缶コーヒー『BOSS』から)。南海ホークスファンだった父親が、野村克也にちなんでを名前に付けた[1]

経歴[編集]

現役時代[編集]

小学校時代は野球、中学時代はサッカーをする[2]。腕力が強く、エネルギーがありあまり気味の清宮に学級担任が、「ラグビーするなら茨田(大阪府立茨田高等学校)へ行け」と強く勧められたのがきっかけで同校へ進学。面魂、体格、センス、すべて出色の彼を認めた当時の茨田高校監督(教諭)吉岡隆は1年次から清宮をレギュラーとして起用。3年次、清宮は主将となり、茨田高校3度目の全国大会出場に大きく貢献するとともに高校日本代表主将も務める。

その後早稲田大学に入学し、2年時に日本選手権優勝、4年時は主将として全国大学選手権優勝。

卒業後はサントリーに入社。中心選手として主将も務めた。日本代表でも活躍し、1990年U23日本代表としてアメリカ代表に勝利。1992年日本選抜でオックスフォード大学に勝利した。1995年度にはチームは全国社会人大会優勝、日本選手権優勝を達成した。1997,1998年度全国社会人大会準優勝。2001年に現役を引退。

監督時代[編集]

2001年早大ラグビー蹴球部監督に就任。関東大学対抗戦全勝優勝に導く。<主将:左京泰明

2003年13年ぶりに全国大学選手権優勝。<主将:山下大悟

総合スポーツクラブ「ワセダクラブ」の建設や専務理事、ならびに「奥・井ノ上イラク子ども基金」発起人となる。清宮監督は基金の名称に冠した故・奥克彦大使参事官より2階級特進)を兄のように慕っており、清宮監督時代の早稲田大学のスローガンである「アルティメット・クラッシュ」は奥によって名付けられたものである。

2005年諸岡省吾組(主将)の下、監督就任後2度目の全国大学選手権優勝に導く。2006年佐々木隆道組にて連覇達成。優勝インタビューでは言葉を詰まらせる場面も。さらに日本選手権2回戦では社会人の強豪トヨタ自動車ヴェルブリッツと対戦、トーナメント制移行後初めて社会人上位チームを破った。この年限りで中竹竜二に監督を譲って勇退、サントリーサンゴリアスの監督に就任した。

サントリー監督就任後、早速主将に山下大悟を抜擢したほか、佐々木隆道青木佑輔の早大勢、関東学院大学の主将をつとめた有賀剛らを補強した。1シーズン目はトップリーグ2位、マイクロソフトカップ準優勝。サントリー2シーズン目にマイクロソフトカップ優勝を果たした。

2010年2月、サントリー監督を辞任。

2011年2月、ヤマハ発動機ジュビロの監督に就任した。

主な著作・監修[編集]

  • 『「荒ぶる」復活』(講談社) 2002.11
  • 『大西鉄之祐ノート「荒ぶる魂」 早稲田ラグビーの神髄』(講談社)※監修 2004.11
  • 『最強の早稲田ラグビー 世界を狙う「荒ぶる」魂 』(講談社) 2004.11
  • 『究極の勝利 ULTIMATE CRUSH』(講談社)2006.2 ISBN 4062132710

脚注[編集]

  1. ^ 2009年2月22日放送、フジテレビボクらの時代」より
  2. ^ 2009年2月22日放送、フジテレビボクらの時代」より

外部リンク[編集]