早稲田停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
早稲田停留場
Arakawasen Waseda eki 1.jpg
わせだ - Waseda
面影橋 (0.5km)
所在地 東京都新宿区西早稲田一丁目
所属事業者 PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局
所属路線 都電荒川線
キロ程 12.2km(三ノ輪橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面1線 (頭端式ホーム
開業年月日 1930年昭和5年)3月30日

早稲田停留場(わせだていりゅうじょう)は、東京都新宿区西早稲田一丁目の新目白通り上にある、都電荒川線停留場である。また、同線の終点でもある。

東京地下鉄(東京メトロ)東西線早稲田駅は当駅から南南東方面へ直線距離で約600mの位置にあり、所要時間は早稲田大学正門前を通って約12 - 15分ほどである。

停留場構造[編集]

新目白通り上にある頭端式ホーム2面1線と降車専用ホームを有する地上駅である。1線に集約された終端部分には線路の南北両側にホームがある。北側のホームに乗客を降ろした後、南側のドアを開けて乗車させる。この位置に車両が停車中のとき次の車両が到着した場合は、少し西側の複線区間にある降車ホームに停車して乗客を降ろす。

新目白通りが拡張されるまでは家並みに囲まれた専用軌道上にあったが、道路拡張時に家屋の移転と共に、都電の線路も道路中央に軌道が位置するように移設されて現在の位置になっている。かつての軌道は高戸橋方面に向かう車道に変わった。

停留場周辺[編集]

都電荒川線の乗降場は「早稲田停留場」であるが、最寄の交差点名称は「都電早稲田」と命名されている。

路線バス[編集]

歴史[編集]

もともと東京市電が先に開業し、車庫(現:都営バス早稲田営業所)も存在していた。そこに王子電気軌道が後から乗り入れた。

隣の駅[編集]

東京都交通局
都電荒川線
早稲田停留場 - 面影橋停留場

関連項目[編集]

外部リンク[編集]