東池袋四丁目停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東池袋四丁目停留場
三ノ輪橋方面乗降場(2008年4月)
三ノ輪橋方面乗降場(2008年4月)
ひがしいけぶくろよんちょうめ
- Higashi-Ikebukuro 4-chōme -
(サンシャイン前)
向原 (0.6km)
所在地 東京都豊島区東池袋四丁目
所属事業者 PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局
所属路線 都電荒川線
キロ程 10.0km(三ノ輪橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1925年大正14年)12月12日
乗換 東池袋駅東京メトロ有楽町線

東池袋四丁目停留場(ひがしいけぶくろよんちょうめていりゅうじょう)は、東京都豊島区東池袋四丁目にある都電荒川線停留場サンシャイン前の停留場名併称がある。

停留場構造[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅である。都道435号線を挟んで互い違いにホームが設置されている。

停留場周辺[編集]

東京地下鉄有楽町線東池袋駅との乗り換え駅であり、付近にはサンシャイン60を中心としたサンシャインシティが存在する。

東池袋駅#駅周辺も参照

歴史[編集]

  • 1925年大正14年)12月12日 - 王子電気軌道大塚線(現:都電荒川線)の電停として「水久保電停」が開業。都営移管後「日出町二丁目電停[1]」と改称。現在の「東池袋四丁目」停留場である。
  • 1939年昭和14年)4月1日 - 王子電気軌道線と平面交差する形で東京市電が池袋駅前まで開業、市電にも「日出町二丁目」電停を開設。
  • 1942年(昭和17年)2月1日 - 王子電気軌道を東京市が買収。共に東京市電の停留場となる。
  • 1969年(昭和44年)10月26日 - 都電第17系統、池袋駅 - 護国寺間廃止。

隣の停留場[編集]

東京都交通局
都電荒川線
都電雑司ヶ谷停留場 - 東池袋四丁目停留場 - 向原停留場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『昭和三十年代東京散歩 (古地図ライブラリー 別冊)』 人文社2004年ISBN 4-7959-1296-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]