たい焼き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たい焼き

たい焼き(鯛焼き、たいやき、タイヤキ)は、の「焼き型」に入れて焼いた食べ物であり、(あん)入りで小麦粉主体の和菓子である。明治時代から食べられている日本菓子[1]だが、20世紀末期以降は餡に替えて別の食材を詰めたものも見られる。

主に日本国内で製造、販売、消費されている。

製法[編集]

小麦粉砂糖重曹などから作った生地を、をかたどった焼き型に流し入れて焼き、片側に小豆を載せて両側を合わせて焼く。

近年では餡に替わってクリームや溶かしたチョコレートキャラメルカスタードクリームなどの洋菓子素材を詰めたものや、サンドウィッチ式に肉類や生野菜、各種ソースリゾットなどを挟む「おかずたい焼き」も供されるようになった[2]

たい焼きの「焼き型」には、1匹ずつ焼き上げる型と複数匹を一度に焼き上げる型の2種類があり、たい焼きの味にこだわる人々の中には前者で焼いた鯛焼きを「天然物」・「一本焼き」、後者を「養殖物」などと呼び、違いを明確にする場合がある[3]。手間がかかり鋳物の焼き型を一つずつ返す為に体力も必要な前者の焼型の使用は減少を続けているが、こだわりを持つたい焼き職人もいる。特に東京において一匹焼きを守る店が多い[4] 。天然物と養殖物は焼き方の違いにより、皮の焼き上がりが異なり、火の通り方によって味も違う[1]


歴史[編集]

たい焼きは、今川焼きから派生した食べ物である、とされている。

たい焼きとしての発祥については、説が複数あり定かではない。明治時代に鋳物の型を使って作られたとされるが[1]三重県津市大門「日の出屋食堂」が東京大阪デパートに出店し全国的に広まったとも、「浪速家」の発明ともされるが、決定的な発祥の証拠は無い。今川焼きを元に種々の動物などを模した形に焼いた菓子が生まれ、その中で縁起が良く庶民がなかなか食べられない鯛の形をしたものが特に優勢になって生き残り、以後、長く愛されるようになったものと思われている。

しっぽの餡[編集]

しっぽ(鯛の尾部)までが入っているかどうか、また、入っているべきか否かについて、かつて文学者を巻き込んだ「たい焼き論争」とでも言うべき論争があった。これは小説家安藤鶴夫が「たい焼きはしっぽまで餡が入っているのがおいしい」という趣旨の話を読売新聞に書いたところ様々な賛否があったもので、以下に示すものが代表的な意見とされる。

  1. 元々しっぽは指でつまんで食べるための持ち手であり、最後に捨ててしまうものだったので、餡は無いのが正式である。
  2. 甘い餡を食べた最後の口直しとするために、餡を入れるべきではない。
  3. しっぽの先まで餡が入っていないと、損をしたような気がするので、入れるべきである。
  4. しっぽまで餡が入っていることで、値打ち感のアップなどの差別化が図れる。
  • また、上記に関連して、頭から食べるのが正統かしっぽから食べるのが正統かという議論も繰り広げられた。

変種[編集]

四角い形のたい焼き
こいのぼり焼き
形状
生地
  • 一般的なたい焼き生地は黄色く、焼き上がったたい焼きの表面は茶色い。生地の色が黄色いのは、材料の一つである卵黄卵白)の卵黄によるものであり、焼き目が付くのはメイラード反応による。一方、卵の代わりに卵白のみを用いると生地は白色となり、焼き上げてもメイラード反応がほとんど発生せず、「白いたい焼き」となる[6]
  • たい焼きの主な材料である小麦粉デンプンが主成分であるが、他の食品由来のデンプンを付加することで異なった食感を与えることができる[7]。近年の製パン業界において、モチモチとした食感の付与および経時的な硬化(デンプンの老化)の抑制のために、タピオカ粉米粉を原材料に含める動きがあるが、たい焼きでも同様にタピオカ粉[6]や米粉を付加する例が見られる。これにより、たい焼きとは違ったモチモチとした食感で冷めてもあまり硬くならないたい焼きなど、亜種も散見されている。
  • バターを使用しさっくりとした食感の皮に仕上げた「クロワッサンたい焼き」も、2013年より全国的展開のたい焼きチェーンにて販売されている[8]
製法
  • 秋田市の「大塚や」では焼いた後、冷やしてから中身を詰める「冷やしたい焼き」なる商品を販売している[9]
  • 五所川原ではたい焼きを揚げて砂糖でまぶした「あげたい」が販売されている[10]

たい焼きを題材とした歌[編集]

著名な愛好家[編集]

アメリカロックバンドエアロスミスのメンバー全員の好物である。日本公演の帰りに大量に買い込んだが、飛行機の中で誰かが全て食べてしまい、これを知ったヴォーカルスティーヴン・タイラーが激怒、あわや解散かと思われる大喧嘩が発生した。この話を聞いたたい焼き機メーカーが彼らの元にたい焼き機を贈り、今では好きなときに作って食べていると言う。「根津のたい焼き」はウォルター・モンデール(元米大使・元副大統領)が買いそびれて、2度目に手に入れたという。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 明治からのたい焼き
  2. ^ イタリア風にインド風…進化する"おかずたい焼き"東京ウォーカー全国版 2010年10月10日
  3. ^ ascii
  4. ^ たいぶろぐ 古くから鯛焼きブログを続けており、店からの取材希望も多いサイト
  5. ^ 佐賀のたい焼き”. Go!Go!ともっち〜長崎県観光振興推進本部のともっちがこっそりすすめる長崎ガイド (2007年11月16日). 2008年2月9日閲覧。
  6. ^ a b 白いたい焼き :asahi.com流行ing 2009年6月3日
  7. ^ 小麦でん粉及び小麦たん白:全国小麦粉分離加工協会
  8. ^ 店舗急増中!話題のクロワッサンたい焼きとは?THE NEW CLASSIC 一歩深く読むニュース解説メディア2013/12/18号
  9. ^ 夏場もおいしい、「冷やし鯛焼き」が人気…秋田
  10. ^ まるごと青森

参考文献[編集]

  • 宮嶋康彦 『たい焼の魚拓 - 絶滅寸前『天然物』たい焼37種』 JTB2002年2月。ISBN 4-533-04029-2
  • 井上剛 『やったモン勝ち! - 海外でタイヤキを売ると言う無謀でささやかなワーキングホリデードリームズ』 筑摩書房、2002年3月。ISBN 4-480-81819-7
  • 『東京たいやきめぐり』 バナナブックス、2007年9月。ISBN 4-902-93013-7