森田まさのり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
森田まさのり
本名 森田真法
生誕 日本の旗 日本 滋賀県栗東市(旧栗太郡栗東町)
1966年12月22日(47歳)
国籍 日本
活動期間 1984年 -
ジャンル 少年漫画
代表作 ろくでなしBLUES
ROOKIES
べしゃり暮らし
受賞 第27回手塚賞佳作『IT,S LATE!』
第29回手塚賞佳作『ミステリアス・キッド』
テンプレートを表示

森田 まさのり(もりた まさのり、本名:森田真法、1966年12月22日 - )は、日本漫画家滋賀県栗東市(旧栗太郡栗東町)出身[1]。血液型O型[2]。代表作は『ろくでなしBLUES』、『ROOKIES[1]など。

略歴[編集]

栗東中学校を卒業後、滋賀県立守山高等学校在学中に執筆した作品『IT'S LATE』が手塚賞佳作に入選した[2]。同作の『フレッシュジャンプ』掲載で「森田真法」のペンネームで漫画家デビューを果たす[2]

高校卒業と同時に漫画家を目指し上京原哲夫の下でアシスタント活動を行う[2]。『週刊少年ジャンプ』の増刊号などに数編の読み切り作品を掲載後、1987年、『BACHI-ATARI ROCK』で『週刊少年ジャンプ』本誌に初掲載[2]。その後、同誌上に1988年から『ろくでなしBLUES』、1998年から『ROOKIES』を連載し、それぞれ人気を得る。2005年からは、同誌上で『べしゃり暮らし』の連載を開始した。

人物[編集]

絵のタッチは古くは手塚治虫藤子不二雄A風であったが[2]、上京時には北条司に近いものであった。そのため上京後はアシスタント志望として北条司の所へ脚を運んだがそちらは人手が足りており、紹介されるかたちで原哲夫に師事することになった[2]

その後アシスタント時代に谷川ジロー池上遼一の作品、そして何より原哲夫に感化され、森田の画風は完成していった[2]。アシスタント時代に培った森田の画風の武器は「口」であり、そこだけは誰にも負けないよう、発音通りの口が描ける様に頑張ったと言う[2]。またその他の表現としては、『北斗の拳』においてザコキャラがギャグっぽい事を行うシーンがあり、その部分に強い影響を受けたと言う[2]

また、高校卒業と同時に漫画家の道へ入ったため、会社組織で働いたこともなければバイトの経験も、果てには合コンの経験すらほとんど無いと言い、このため、森田本人は描けることと言ったら高校時代までのこと、としている[1]

プライベートでは野球球団阪神タイガースのファンであり、『ROOKIES』の登場人物名は同球団の選手名から取られている[1][2][3]。特にホームラン王田淵幸一の大ファンである[3]。2014年には阪神タイガースとコラボレーションを行い、広告を展開するなどした[4][3]。なお、ドラマ化に当たって登場人物名を全て巨人選手へ変更する計画が打診されたが、森田はこれを強く断っている[1]

実家は浄土真宗本願寺派の寺院であり、寺の長男として生まれたため、高校1年の夏休みのときに得度を受け僧籍を得ている。[要出典]

親には跡を継いで欲しいという希望があったが、「大学に行かせたと思って4年時間をくれ」と懇願。その活動中にプロ漫画家デビューを果たした[5]・・・ただし森田本人は「4年間で必ず売れる!」と不退転の覚悟で上京しており、実家に戻る気は無かったと言う[1]。元来は3年で連載を得て、4年で金持ちになる、と言う計画であったのだが[1]、計画よりは少々遅れたものの、上京後四年目に見事連載を獲得している[1]。森田はこれは「4年計画」と呼ぶ。

作品「バチあたりROCK」はこの体験が生かされているほか、実家を父親に資料写真として撮影してもらっている。父親は、真面目でためになる宗教漫画を描いてくれると思っていた。現在、同寺は森田が養子を迎え、その養子が跡を継いでいる。[要出典]

なお漫画家になった結果、郷土や寺の後を継ぐことを期待してくれていた檀家を裏切るかたちとなり、森田はこの点に後ろめたさを感じていると語るが[1]、その分、郷土である滋賀県のために尽くし、また檀家さんにも自身の活躍を見てもらいたいが檀家さんはあまり漫画を読まないだろう、との配慮から、作品のドラマ化・パチンコ化などの話は積極的に受けている[1]。また滋賀県は決して琵琶湖だけではなく、赤こんにゃく近江牛などおいしい食べものもたくさんあるのであるから、誇りを持って欲しい、と語っている[1]

『ROOKIES』のドラマ化に当たっては、当初は守山高校でロケを行いたかったのだが許可がおりず、栗東中学で行うこととなった。これはいずれも森田の母校である[1]。なお校舎や野球部の部室も、栗東中学のそれがモデルである[1]

漫画以外の活動としては、上述の阪神タイガースとのコラボレーションの他、2004年にロックバンド175RCD、『GLORY DAYS』のジャケットに、メンバーのイラストを描いたことがある[6]

その他[編集]

  • 影響を受けた漫画は藤子不二雄の自伝的漫画「まんが道[要出典]で、子供時代は3人で合作を行い、手塚治虫に漫画を見てもらいにスタジオまで足を運んだという(その時に手塚はおらず後でサイン入りハガキが送られてきた。)[要出典]
  • 元来は喫煙者であったが、1994年に禁煙を始め、連載のページ欄外の柱に禁煙日数を毎週、記し続けるのが恒例となっており、2011年2月現在も継続している。[要出典]
  • 『ROOKIES』に「田淵」というキャラが出てこない理由は、本人曰く「田淵という名は自分には軽々しく使える名前ではない」[要出典](『ろくでなしBLUES』では太尊の弟・用高の子供時代のパジャマのデザインが田淵のユニフォーム)。
  • 『ROOKIES』での対戦相手は一部を除き巨人の選手名をもじっている。[要出典]
  • 同じ阪神ファンの漫画家つの丸と大変仲が良く、[要出典]『ろくでなしBLUES』内につの丸作のキャラクターモンモンがTシャツの絵として登場したことがある[要ページ番号]
    • 『ROOKIES』がTBSテレビでドラマ化される前に、日本テレビからドラマ化のオファーがあったものの、川藤以下登場人物の名前を読売ジャイアンツの選手に変えることを条件にオファーを出されたために辞退したことがある。[要出典]
  • 週刊ヤングジャンプ』誌上でのコメント(2009年3月)で、「一番ハマったドラマ」として『飛び出せ!青春』を挙げている。
  • 堂本剛の正直しんどい」(テレビ朝日系列)のタイトルアニメーションのイラストを手掛けた事がある。[要出典]
  • ROOKIES』単行本の筆者紹介ページで[要ページ番号]松本人志のファンであることを公言し、「次作品は笑いに命をかける男達の作品を手がけたい」と語っている。2014年現在、まさしくそう言った内容の作品、『べしゃり暮らし』を連載中である。
  • ポッドキャスト配信番組漫画元気発動計画でのトークにおいてべしゃり暮らしが「最後の作品でいい」とライフワーク的な位置づけの作品であることを語っている。[要出典]

作品[編集]

  • BACHI-ATARI ROCK - 森田まさのり傑作短編集(1989年、集英社。2010年4月に『森田まさのり作品集1 - BACHI-ATARI ROCK』として、集英社文庫コミック版で再版された)
    • ミステリアス・キッド(集英社)
    • SYNCHRONICITY(集英社)
    • JUMPIN' JACK FLASH(集英社)
    • バチあたりROCK(1988年、集英社)
  • ろくでなしBLUES(1988年 - 1997年、集英社) - 台湾版(鐵拳對鋼拳)
  • ろくでなしぶるーちゅ(1996年、集英社)
  • ROOKIES(1998年 - 2003年、集英社) - 台湾版(教頭當家、菜鳥總動員)
  • 柴犬 - 森田まさのり短編集(2004年、集英社。2010年12月に『森田まさのり作品集2 - 柴犬』として、集英社文庫コミック版で再版された)
    • A MESSAGE TO YOU, RODY - 1997、週刊少年ジャンプ特別編集増刊'97SPRING『赤マルジャンプ』
    • ALLTHEWAYDOWN - 1994、週刊少年ジャンプ特別編集増刊'94SPRING『赤マルジャンプ』
    • 柴犬 - 2004、『週刊YOUNGJUNP』第37・38号併号、第39号
    • ギャングエイジ - 1997『週刊少年ジャンプ』第29号「ジャンプ愛読者杯'97」
    • 砂-SABAKU-漠 - 1997、『MANGAALLMAN』
    • 殺し屋も笑う - 1991、『週刊少年ジャンプ』第5号
  • スベルヲイトワズ(2005年、集英社) - 短編集
  • べしゃり暮らし(2005年 - 、集英社)
  • HELLO BABY(原作)(2007年、集英社)小畑健が作画を担当
  • まんが暮らし(2008年、集英社)

アシスタント経験者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 森田まさのり、阿部秀俊 (2014年5月31日). “京都・滋賀 いろいろかたり 漫画家 森田 まさのり さん”. 京都新聞 朝刊: p. 24 
  2. ^ a b c d e f g h i j k 北斗語り 第一四回 森田まさのり”. 北斗の拳 Official web Site. 2014年6月3日閲覧。
  3. ^ a b c コミックナタリー - 森田まさのりが阪神タイガースの選手を執筆!藤浪とも対面”. コミックナタリー (2014年2月17日). 2014年6月3日閲覧。
  4. ^ 阪神・藤浪が西岡が…「ROOKIES」とコラボ - 野球 -”. sanspo.com (2014年2月18日). 2014年6月3日閲覧。
  5. ^ 滋賀県広報誌2014年1・2月号より
  6. ^ 人気J-POPのシングルジャケットとマンガのコラボレーションはこんなにあった!”. asianbeat (2009年7月15日). 2014年6月3日閲覧。 - 現在スパムブラックリストの関係により、直接のリンクが切れています。検証したい方は記事タイトルでネット検索を行って下さい。
  7. ^ a b 「METAL FINISH」単行本第2巻228頁より。