つの丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
つの丸
生誕 1970年5月27日(43歳)[1]
日本の旗 千葉県[1]千葉市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1991年 -
ジャンル 少年漫画
青年漫画
動物漫画
代表作 みどりのマキバオー
たいようのマキバオー
受賞 第42回小学館漫画賞児童部門(1996年
(『みどりのマキバオー』)
公式サイト WE ARE SUPER GE-HA MOBSTARS!!
つの丸 (ge_ha_mob) - Twitter
テンプレートを表示

つの丸(つのまる、1970年5月27日[1] - )は、日本漫画家千葉県[1]千葉市出身。千葉市立稲毛高等学校卒業。男性[1]。血液型はA型[1]

経歴等[編集]

1991年、「さる大使」で第2回GAGキング準キングを受賞。『週刊少年ジャンプ 1991年 Spring Special』(集英社)に「さる大使」「GOGOポチョムキン」の2作が掲載され、デビュー。その後『週刊少年ジャンプ』(集英社)1991年16号[2]「GOGOポチョムキン」が掲載。幾つかの読み切り掲載を経た後、『モンモンモン』で連載デビュー。以降、集英社の雑誌を中心に活動を続ける。

代表作はアニメ化もされた『みどりのマキバオー』。他に『モンモンモン』()、『サバイビー』(ミツバチ)といった、動物が主人公の漫画を得意とする。また競馬ファンでもあり、競馬関連の作品も手掛けている。

同じ阪神ファンである森田まさのりと仲が良く、互いにコラボレーションを行ったこともある。パンク・ロック好きで登場人物の名前(キャルビアフラ、スーパースナッズ、グラインドハウスなど)にもその影響が見られる。

第42回(平成8年度)小学館漫画賞児童部門受賞(『みどりのマキバオー』)。

雑誌掲載時にはペンネームの書体が定まっているのが特徴。写研の和文書体「イボテ」(輪郭が滑らかでなく角の丸い太字)が用いられている。

なお、少女漫画風ギャグ漫画を読み切りで掲載したときに「つのま・るみ」のペンネームを使ったことがある。

作品リスト[編集]

週刊少年ジャンプ連載作品[編集]

その他雑誌連載作品[編集]

読切作品[編集]

  • さる大使(週刊少年ジャンプ 1991年 Spring Special)
  • GOGOポチョムキン(週刊少年ジャンプ 1991年16号)
  • GOGOポチョムキンin4コマ(週刊少年ジャンプ 1991年17号)
  • モンモン物語(週刊少年ジャンプ 1991年19号)
  • モンモンの最も危険な遊戯(週刊少年ジャンプ 1991年 Summer Special)
  • ひらけ!モンモン(週刊少年ジャンプ 1991年42号)
この作品は『モンモンモン』第7巻に収録されている。
  • モンモンの相撲遊戯(週刊少年ジャンプ 1992年3・4号)
  • モンモンモン(番外編)/おさる大喜利(週刊少年ジャンプ 1993年 Spring Special)
  • 熱血新入りモンモン物語(週刊少年ジャンプ 1994年47号)
  • ときめきラブポーション(週刊少年ジャンプ 1997年24号)※つのま・るみ名義
  • ときめきのアラベスク(週刊少年ジャンプ増刊 ジャンプGAG Special 2002)※つのま・るみ名義
  • タエコでございます(Oh!スーパージャンプ 2005年11月25日号)
  • んあっ!!マキバオーの凱旋門賞観戦記なのねっ!(週刊プレイボーイ 2006年44号)
  • がんばれジャンボ(週刊ヤングジャンプ 2007年2号)

アシスタント[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 公式ブログのプロフィールより。
  2. ^ 1991年週刊少年ジャンプ

外部リンク[編集]