小畑健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小畑 健
(おばた たけし)
生誕 1969年2月11日(45歳)
日本の旗 日本新潟県新潟市
国籍 日本
職業 漫画家イラストレーター
活動期間 1985年 -
ジャンル 少年漫画
代表作 ヒカルの碁
DEATH NOTE
バクマン。
受賞 第30回手塚賞準入選
(「500光年の神話」土方茂名義)
第45回小学館漫画賞
第7回手塚治虫文化賞新生賞
(以上『ヒカルの碁』)
テンプレートを表示

小畑 健(おばた たけし、1969年2月11日[1] - )は、日本漫画家イラストレーター新潟県新潟市出身[2]。血液型はAB型[1][2]

1985年、「500光年の神話」で手塚賞準入選。高校2年時(1986年)に投稿し佳作入賞した[2]CYBORGじいちゃんG』で、1989年に連載デビュー(当時は土方茂名義)。その後は主に漫画原作者と組んで活動している。代表作に『ヒカルの碁』・『DEATH NOTE』など。『ヒカルの碁』で2000年に第45回小学館漫画賞、2003年に第7回手塚治虫文化賞新生賞受賞。

来歴[編集]

新潟県立新潟東高等学校[2]1985年、「500光年の神話」で第30回手塚賞準入選。17歳でデビューし高校生の頃から絵が上手かったとよく編集者から言われている。ちなみに準入選した時の賞金は高校の同級生で全部使ってしまった。漫画家次原隆二[2]にわのまことの下でアシスタント経験を積んだ後[3](当時から、にわのより「若いのに絵がムチャクチャうまい」と絶賛されている[4])、1989年に『週刊少年ジャンプ』連載のギャグ漫画「CYBORGじいちゃんG」でデビュー。デビュー当時は土方茂(ひじかた しげる)と名乗っていた。1991年連載の『魔神冒険譚ランプ・ランプ』(原作泉藤進)より「小畑健」に改名し、以降は主に漫画原作者と組んで活動している。

ヒカルの碁』(1998年 - 2003年、ほったゆみ原作)、『DEATH NOTE』(2003年 - 2006年、大場つぐみ原作)、『バクマン。』(2008年 - 2012年、大場つぐみ原作)は何れもTVアニメ化。また『DEATH NOTE』は実写映画も製作された。

非常に筆が速く、週刊連載と並行して様々なイラストを発表している。

2005年にはテレビゲーム『義経紀』のキャラクターデザインを担当。2006年『DEATH NOTE』実写映画化に伴い、映画挿入歌のCDジャケットイラストなども手がけている。2007年に表紙イラストを手がけた太宰治の小説『人間失格』(集英社文庫)は古典的な作品としては異例の売り上げを記録した[5]

担当する連載漫画の特徴として、『人形草紙あやつり左近』以降から『BLUE DRAGON ラルΩグラド』に至る全ての作品が、「主人公の少年+非人間」という人物設定を採っていた。「ヒカルの碁」以降は漫画家やイラストレーターのほかに絵師と呼ばれることが多い。好きなアニメは『妖獣都市[6]。好きな映画は『エクソシスト』。話より絵だけ観ているところもあり、ジャンルとしてはロードムービーを好む[7]

交流[編集]

2000年、美術出版社『Comickers』春号にて、友人である田島昭宇浅田弘幸と共に「水瓶3(みずがめすりー)」というユニットを結成、一時期『Comickers』を中心にイラストや短編作品などを制作していた[注釈 1]

また、2008年に浅田弘幸の作品の「テガミバチ」の3人それぞれの個性を生かして描いた三大絵師ポスターを発表し、浅田弘幸は「小畑くんのは激キャワ」と自身のブログで語っている。

森田まさのりとは「森やん」「畑やん」と呼び合うほどの親しい仲。2007年の読み切り「HELLO BABY」掲載時に対談を行なった際、野球漫画だけは森田の『ROOKIES』の完成度が高くて手が出せない、と語っている[3]。また作画力の高さでも森田に敬意を示していた[3]

作品[編集]

漫画[編集]

表紙絵・挿絵[編集]

その他[編集]


画集[編集]

  • 彩―ヒカルの碁イラスト集(2002年4月発売)
  • blanc et noir(2006年5月31日発売)

関連人物[編集]

アシスタント[編集]

坂本昭悟[要出典]
1989年頃[要出典]
和月伸宏
CYBORGじいちゃんG』を読んだ事をきっかけとして和月が小畑を心の師匠と仰ぎ、和月の望みによりアシスタントに加入。『魔神冒険譚ランプ・ランプ』(1991年 - 1992年)と『力人伝説 -鬼を継ぐもの-』(1992年 - 1993年)の2作品に参加。和月は一番好きな作家に小畑を、影響を受けた作品に「小畑健先生の一連の作品」を挙げている[8][9]
ひのき一志[10]
矢吹健太朗
ヒカルの碁』(1998年 - 2003年)の第7話くらいまでにアシスタントとして参加[7][11]
村田雄介[10]
2000年代前期[要出典]
西義之[10]
2000年代前期[要出典]
矢口岳[10]
安藤英[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 結成時は「謎の新星ユニット」となっており、小畑は「モーニングコング。」、田島は「ゴリラ・キック」、浅田は「ウータン・チョップ」と名乗っている

出典[編集]

  1. ^ a b ほったゆみ 「ほったゆみの小畑健先生ロングインタビュー5」『ヒカルの碁 18 番外編』 集英社、2002年8月7日、第1刷、168ページ。ISBN 4-08-873289-8
  2. ^ a b c d e 『漫画家人名事典』 日外アソシエーツ、2003年、p.92、ISBN 978-4-8169-1760-8
  3. ^ a b c 「森田まさのり×小畑健スペシャルインタビュークロストーク」『ジャンプスクエア』1巻1号(2007年12月号、創刊号)集英社、301 - 304・354 - 355頁(一部をWebで公開
  4. ^ にわのまことの単行本『THE MOMOTAROH』第1巻書き下ろしページに記載。原文は「まだ20才にならぬとゆーに、絵がムチャクチャうまい!」
  5. ^ 文庫「ジャケ買い」時代」『読売新聞』2008年7月9日
  6. ^ 『DEATH NOTE/A アニメーション公式解析ガイド』集英社ジャンプ・コミックス〉、2007年9月9日第1刷発行、ISBN 978-4088741970、187頁
  7. ^ a b 『ぱ~ふぇくとらぶる! To LOVEる-とらぶる-&To LOVEる-とらぶる-ダークネス公式データブック』特別対談 小畑健×矢吹健太朗&長谷見沙貴、集英社ジャンプ・コミックス〉、2011年3月9日第1刷発行、ISBN 978-4088748528、154 - 161頁
  8. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集『原典・るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 剣心秘伝』集英社〈ジャンプ・コミックス デラックス〉1996年7月9日初版発行、ISBN 978-4-08-858882-7、186 - 187頁
  9. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集『全史『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』 剣心華伝』集英社、1999年12月22日初版発行、ISBN 978-4-08-782037-9、144 - 145頁
  10. ^ a b c d e 「HIKARU NO GO STAFF CREDIT」『ヒカルの碁 23巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2003年9月9日発行、ISBN 978-4-08-873504-7、190頁
  11. ^ 邪馬台幻想記』2巻、集英社ジャンプ・コミックス〉、1999年9月8日第1刷発行、ISBN 4-08-872763-0、表紙そで