南砺市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なんとし
南砺市
Flag of Nanto Toyama.svg
南砺市旗
Symbol of Nanto Toyama.svg
南砺市章
2004年平成16年)11月1日制定
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 富山県
団体コード 16210-8
面積 668.86km²
総人口 52,480
推計人口、2014年2月1日)
人口密度 78.5人/km²
隣接自治体 小矢部市砺波市富山市
石川県金沢市白山市
岐阜県飛騨市大野郡白川村
市の木 -
市の花 -
他のシンボル -
南砺市役所
所在地 939-1596
富山県南砺市苗島4880番地
南砺市役所福野庁舎
外部リンク 南砺市

南砺市位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
相倉合掌集落
菅沼地区の合掌造り
井波瑞泉寺本堂
井波の町並み
屋敷森に囲まれた住宅。南砺市平野部は散居村地域である

南砺市(なんとし)は、富山県西部に位置する。平野部と五箇山を中心とした山岳部で構成される。世界遺産「白川郷・五箇山の合掌造り集落」と演劇祭のある旧利賀村を擁する。

地理[編集]

砺波平野から五箇山地方まで、起伏の激しい地形が続いている。市西部はほぼ山間部である。平野部の福野・福光・城端・井口・井波地域では市街地を除き散居村の美しい風景が見られる。

隣接する自治体[編集]

多くの市町村と隣接しており、特に岐阜県山間部との交流が深い

歴史[編集]

人口[編集]

Demography16210.svg
南砺市と全国の年齢別人口分布(2005年) 南砺市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 南砺市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
南砺市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 68,979人
1975年 67,583人
1980年 66,844人
1985年 66,422人
1990年 65,113人
1995年 62,965人
2000年 60,182人
2005年 58,140人
2010年 54,736人
総務省統計局 国勢調査より

経済・産業[編集]

川田工業(東証一部上場)の富山本社が存在するほか、大建工業(東証一部上場)の創業地である。また、日平トヤマ(現・コマツNTC)、アニメーション制作会社であるP.A.WORKSがある。東洋紡井波工場もある。

小売業は隣接する砺波市に買い物客が流れてしまっており、衰退している。

市東部井波地区では伝統的に欄間獅子頭などの木彫刻が盛んで、4年に1度、南砺市いなみ国際木彫刻キャンプが行われている。

行政[編集]

  • 市庁舎は4つある。
    • 福野庁舎(福野行政センター) 〒939-1596 南砺市苗島4880番地
    • 井波庁舎(井波行政センター) 〒932-0292 南砺市井波520番地
    • 城端庁舎(城端行政センター) 〒939-1892 南砺市城端1046番地
    • 福光庁舎(福光行政センター) 〒939-1692 南砺市荒木1550番地
  • 行政センターは8つある。
    • 福野行政センター 〒939-1596 南砺市苗島4880番地
    • 井波行政センター 〒932-0292 南砺市井波520番地
    • 城端行政センター 〒939-1892 南砺市城端1046番地
    • 福光行政センター 〒939-1692 南砺市荒木1550番地
    • 利賀行政センター 〒939-2595 南砺市利賀村171番地
    • 平行政センター 〒939-1997 南砺市下梨2240番地
    • 上平行政センター 〒939-1998 南砺市上平細島879番地
    • 井口行政センター 〒932-1898 南砺市蛇喰26番地

市長[編集]

※2008年11月16日投開票の市長選挙で初当選。現在は2期目。

エリア放送[編集]

富山県初の地上一般放送局の免許を受け、市内の12か所でワンセグエリア放送を実施 [1] している。 これは、平成23年4月からホワイトスペース特区としてエリア放送型システムの実証実験を行ってきた実験試験局が種別変更したもの [2] である。 使用しているのは50chで、フルセグ放送可能な帯域幅で免許されている。

姉妹都市・友好都市[編集]

国内[編集]

旧自治体が提携し、南砺市が継承した日本国内の姉妹都市(友好都市)は以下の通り[3]

利賀村出身で武蔵野市助役(のち市長)を務めた藤元政信の仲立ちにより都市・農村交流が始まる[5]
福野町に本社を置く川田工業が多度津町に工場を開設した縁による[6]
1896年、平村より羽幌町字平に40戸が入植した歴史に因む[7]
1690年、加賀騒動により上平村に配流された門前町出身の遊女「お小夜」の縁による。お小夜の伝えた唄や三味線は五箇山民謡のもとになったとされる[8][9]
提携当時、日本一の高さを持つ林道橋(龍天橋、100m)と、日本一長い林道トンネル(新山の神トンネル、1430m)を持っていた縁から[10]
1975年、井波彫刻信楽焼が同時に経済産業大臣指定伝統的工芸品となったことを契機に[11]、井波町観光協会と信楽町観光協会が姉妹観光協会となる[12]など交流が深まったことから。[要高次出典]
イモ産地どうしの縁から。福野町の名産がサトイモ、中札内村の名産がジャガイモ(メークイン)[13]
提携当時、ともに東洋紡の工場所在地であった縁から[14]
1986年にはじまった半田市混声合唱団と「こきりこ唄保存会」との交流から[15]

海外[編集]

旧自治体が提携し、南砺市が継承した日本国外の姉妹都市(友好都市)は以下の通り(自治体名表記は南砺市友好交流協会サイトによる)[3]

日中関係改善に尽力した松村謙三(福光町出身)と周恩来(原籍地が紹興)の縁[16]
利賀フェスティバル世界演劇祭を訪問したギリシャ側より、ともに「世界演劇祭」を開催していること、自然環境が似ていることから提携を提起[17]
1986年6年、利賀村が「そばの郷」建設のために世界のそば産地の資料を収集する際に、ツクチェ村に協力を依頼したことが縁[18][20][21]
福光町でのスキー場(イオックス・アローザ)建設にあたり、アローザ・スキー場を友好提携スキー場とした縁[22]
そば産地で「ソバの花の祭り」が開催されている平昌郡から、利賀村の「そば祭り」に視察がおこなわれたのが契機。
外国語青年招致事業によりALTとして城端町に赴任したマルボロ町出身者の仲立ちによる[24]

その他の交流自治体[編集]

このほか、南砺市友好交流協会は次の自治体を交流先として掲げている(個別学校間の姉妹校交流は除く)。

公共機関[編集]

警察[編集]

南砺警察署富山県警察)が管轄している。

  • 交番
    • 井波幹部交番
    • 城端交番
    • 福野交番
  • 駐在所
    • 井口駐在所
    • 南蟹谷駐在所
    • 西太美駐在所
    • 東太美駐在所
    • 北山田駐在所
    • 石黒駐在所
    • 利賀駐在所
    • 平駐在所
    • 上平駐在所

消防[編集]

砺波地区消防組合が管轄している。

  • 南砺消防署
    • 福野分署
    • 井波庄川出張所
    • 城端出張所
    • 五箇山出張所
    • 利賀分遣所(救急業務のみ)

医療[編集]

  • 公立南砺中央病院
  • 南砺市民病院
    • 公立井波総合病院(井波町立病院)が前身で、南砺市合併後に市立病院となる。

図書館[編集]

  • 南砺市立図書館
    • 中央図書館(2010年4月の福光図書館の移転に伴い改称)
    • 福野図書館(2010年4月の福光図書館の移転に伴い改称)
    • 城端図書館
    • 井波図書館
    • 平図書館
    • 図書サービスコーナー(井口、利賀、上平)

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

過去に存在した学校[編集]

小学校
中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

鉄道1972年までは加越能鉄道加越線が通っていたが9月16日に全線が廃線となり、西日本旅客鉄道(JR西日本)の運営する城端線だけが現存する。加越線の跡地は自転車道路に転用されている。

バス路線[編集]

道路[編集]

船舶[編集]

  • 庄川遊覧船 小牧 - 大牧

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

社寺[編集]

博物館[編集]

  • 井波歴史民俗資料館
  • 相倉民俗館
  • 五箇山民俗館
  • 利賀飛翔の郷民俗館

公園[編集]

自然景勝地[編集]

旧跡[編集]

歴史的建造物[編集]

レジャー[編集]

土産[編集]

祭り・行事[編集]

催し・朝市など[編集]

百選[編集]

マスメディア[編集]

新聞
ケーブルテレビ

出身著名人[編集]

ゆかりのある人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ エリア放送を行う地上一般放送局の免許情報 放送利用(北陸総合通信局
  2. ^ 南砺市でホワイトスペース特区の実証実験成果を実用化 報道資料 平成25年11月26日(同上)
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 砺波地域市町村合併協議会 協議項目別調整方針 (PDF)”. 砺波地域市町村合併協議会. 2012年2月4日閲覧。
  4. ^ 友好都市紹介 富山県南砺市”. 武蔵野市. 2012年2月4日閲覧。
  5. ^ 武蔵野市・一般交流”. 南砺市友好交流協会. 2012年2月4日閲覧。
  6. ^ 多度津町”. 南砺市友好交流協会. 2012年2月4日閲覧。
  7. ^ 羽幌町”. 南砺市友好交流協会. 2012年2月4日閲覧。
  8. ^ 輪島市”. 南砺市友好交流協会. 2012年2月4日閲覧。
  9. ^ お小夜節”. 五箇山合掌の里. 2012年2月4日閲覧。
  10. ^ 宮崎きょうの歴史”. 宮崎日日新聞. 2012年2月4日閲覧。
  11. ^ 井波中学校の特色ある教育活動”. 井波中学校. 2012年2月4日閲覧。
  12. ^ ようこそ井波へ!”. 井波観光協会. 2012年2月4日閲覧。
  13. ^ 中札内村”. 南砺市友好交流協会. 2012年2月4日閲覧。
  14. ^ 土庄町”. 南砺市友好交流協会. 2012年2月4日閲覧。
  15. ^ 半田市”. 南砺市友好交流協会. 2012年2月4日閲覧。
  16. ^ 紹興市 稽山中学”. 南砺市友好交流協会. 2012年2月4日閲覧。
  17. ^ a b デルフィ市”. 南砺市友好交流協会. 2012年2月4日閲覧。
  18. ^ a b c 姉妹(友好)提携情報”. 自治体国際化協会. 2012年2月4日閲覧。
  19. ^ 富山県南砺市 (旧利賀村) - デルフィ市”. 在ギリシャ日本国大使館. 2012年2月4日閲覧。
  20. ^ 姉妹自治体優良事例紹介”. 自治体国際化協会. 2012年2月4日閲覧。
  21. ^ ツクチェとの交流”. 利賀ふるさと財団「そばの郷」. 2012年2月4日閲覧。
  22. ^ アローザ村”. 南砺市友好交流協会. 2012年2月4日閲覧。
  23. ^ 平昌郡”. 南砺市友好交流協会. 2012年2月4日閲覧。
  24. ^ マルボロ町”. 南砺市友好交流協会. 2012年2月4日閲覧。
  25. ^ 東京都大島町”. 南砺市友好交流協会. 2012年2月18日閲覧。
  26. ^ 石川県鳳珠郡能登町(旧能都町)・能登町スポーツ少年団能都支部(旧能都町スポーツ少年団)”. 南砺市友好交流協会. 2012年2月18日閲覧。
  27. ^ 石川県金沢市”. 南砺市友好交流協会. 2012年2月18日閲覧。
  28. ^ 岐阜県・白川村”. 南砺市友好交流協会. 2012年2月18日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度35分16.3秒 東経136度55分9.8秒