暑中見舞い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

暑中見舞い(しょちゅうみまい)とは、暑中に知人などへ安否を尋ねるためにを訪問したり、手紙を出すこと。または、その手紙や贈り物そのものを指す。関連する残暑見舞い(ざんしょみまい)についても取り扱う。

本来は、1年で最も暑い時期に相手の健康を気遣う趣旨のものであるが、現在は単なる社交辞令となっている面もある。

時期[編集]

暑中見舞いの期間の起点については、夏の土用立秋前の約18日間)とするものや[1][2]、暑中の期間(小暑から立秋前日の約1ヶ月)とするものがある[3]。また、梅雨明け以降を条件に加えるものもある[3]

立秋以降に、人を見舞うことや手紙を出すこと、または、その手紙や贈り物のことは残暑見舞いという。残暑見舞いの期間の終点については、特に日付を指定しないものや[1]、遅くとも8月までとするものがある[3]

その他[編集]

日本郵便が、暑中見舞い用のはがきとして「かもめ~る」を発売している。

参考文献[編集]

  • 大辞林 第3版 三省堂 2006年発行
  • 広辞苑 第6版 岩波書店 2008年発行
  • 新明解国語事典 第6版 三省堂 2005年発行

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 大辞林 第3版
  2. ^ 広辞苑 第6版
  3. ^ a b c 暑中見舞い・残暑見舞い-AllAbout

関連項目[編集]