おにいさまへ…

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

おにいさまへ…』は、池田理代子による日本漫画作品。『週刊マーガレット』(集英社)にて、1974年12号から39号まで掲載。互いに愛憎の念をむき出しにする上流階級の少女たちの姿を通して、上流階級の品格の欺瞞性や家柄や血統にこだわることの愚かさを主人公の目を通して描写している。1991年アニメ化されている。

あらすじ[編集]

高校受験を控えた中学生・御苑生奈々子は、進学教室で講師のアルバイトをしていた大学生の辺見武彦に「自分のおにいさまとなって、文通してほしい」と申し出る。武彦はこれに応じたことで、奈々子との文通を始める。

そして、晴れて名門女子校・青蘭学園高等部に入学できた奈々子は、クラスメイト・信夫マリ子から、学園の特権組織で、選ばれた生徒のみが入会を許される社交クラブ・ソロリティの存在を聞かされる。自分とは無縁の世界と思っていた奈々子だったが、なぜかソロリティ会長にして生徒会長・一の宮蕗子の推薦でソロリティへの入会を半ば強制される。そこで、奈々子は蕗子から寵愛を受けるが、嫉妬した生徒たちからの嫌がらせを受けてしまう。そんな彼女の心の支えは、彼女に異常に執着するマリ子とソロリティの存在に反対する折原薫だった。さらに、全校生徒から「サン・ジュストさま」として憧れを一身に集めている朝霞れいもまた、奈々子に対して公平な態度で接し、時にはちょっかいを出してくるのだった。

奈々子は、ハスキーボイスでクールな印象を与えるれいに惹かれ、色々と身の回りの世話を見る等するようになるが、彼女の生活は予想以上に殺伐としたものだった。やがて、奈々子はれいが置かれた複雑な環境と武彦と学園の関係を知ることになる。それは奈々子にとって衝撃的なものだった。そして、奈々子の周囲でさらに衝撃的な出来事が起こる。

登場人物[編集]

「声」はアニメ版における担当声優

御苑生 奈々子(みそのお ななこ)
声 - 笠原弘子パイロット版水谷優子
本作の主人公にして語り手。青蘭学園高等部1年。高校から青蘭学園に通うこととなった。武彦を「おにいさま」と呼び、文通している。父親は大学教授。
お菓子作りが趣味の平凡な少女だったが、生徒会長の蕗子に目をかけられて、ソロリティに入会したことが原因で、嫉妬した生徒たちからの嫌がらせを受け、れい、露子、武彦との複雑な関係に巻き込まれていくが、そのことが彼女を大きく成長させる。れいを慕っている。
折原 薫(おりはら かおる)
声 - 戸田恵子
奈々子のクラスメイト。実は、奈々子より1歳年上だが、病気で1年休学していたため(その病気の影響によるこの物語の結末が、原作とアニメ版では異なる)、奈々子と同級生となった。
ボーイッシュで運動万能な事から生徒に人気だが、家事全般は不得意。バスケ部所属。
名前と『源氏物語』の薫の君にちなんで、生徒から「薫の君」と呼ばれている。ソロリティの存在に反対し、奈々子のことを庇う。
一の宮 蕗子(いちのみや ふきこ)
声 - 小山茉美
青蘭学園高等部3年。生徒会長にしてソロリティの会長。学園理事長の娘で、上流階級の持つ気品と高貴さを体現した美女。全校生徒の憧れの的で、「宮様」と呼ばれている。
ある目的から奈々子に目をかけ、可愛がる。終盤のソロリティ廃止に関わる部分やれいに対する描写が、原作とアニメ版とでは異なっている。
朝霞 れい(あさか れい)
声 - 島本須美
青蘭学園高等部2年。クールで謎めいた美貌から、フランス革命の指導者にちなんで「花のサン・ジュストさま」の異名を持ち、数多くの崇拝者を持つ麗人。男性的な服を着ている。未成年でありながら、煙草を吸っている。薫とは親友。ピアノが得意。
信夫 マリ子(しのぶ マリこ)
声 - 玉川紗己子
奈々子のクラスメイト。中学から青蘭学園に通っている。父がポルノ作家で、生徒から内心軽蔑されているが、親が学園に莫大な寄付をしているため、表面的には大切にされている。綾とは中学時代からの同級生だが、仲は悪い。
友達がいないのか、高校から入学してきた奈々子を勝手に親友扱いして付きまとっている。強引で愛情表現が過剰なため奈々子に敬遠されることもあるが、次第に友情が芽生える。
甘え上手で、上級生からは「子猫ちゃん」と呼ばれている。大の男嫌いで、薫を慕っている。後に両親の離婚により、母方の姓の「関谷」を名乗る。
辺見 武彦(へんみ たけひこ)
声 - 玄田哲章
奈々子が中学の頃に通っていた塾で、講師のアルバイトをしていた大学院生(担当科目は、社会科)。「おにいさま」として奈々子と文通を始め、彼女の心の支えになろうとする。青蘭学園、蕗子、薫、奈々子とも何か因縁があるらしい。
実は奈々子の義父である御苑生教授の実子で、奈々子とは義兄妹である(奈々子は御苑生教授の後妻の連れ子で、私生児)。
一の宮 貴(いちのみや たかし)
声 - 堀内賢雄
武彦の親友で、蕗子とれいの兄。かたくなに男を嫌うマリ子を逆に気に入っており、後にマリ子を援助することに。薫と武彦の関係を知る人物。
有倉 智子(ありくら ともこ)
声 - 神田和佳
奈々子の中学時代からの友人。奈々子と同様、高校から青蘭学園に通うこととなる。
奈々子がソロリティに入ったことで仲が疎遠になり、彼女に怒りに似た誤解を抱く。原作ではソロリティ廃止運動の頃に和解するが、アニメ版では早期に和解している。またアニメ版では、当初仲が悪かったマリ子とも物語の中盤頃から仲良くなる。
三咲 綾(みさき あや)
声 - 勝生真沙子
奈々子のクラスメイト。中学から青蘭学園に通っている。父親は有名な弁護士。ソロリティに憧れていたが、落選してしまい、ソロリティに入った奈々子やマリ子を妬み、執拗に攻撃してくる。
アニメ版では、そのマリ子と中学時代に色々な面で因縁を持っていた描写が詳しく書かれている。

用語[編集]

青蘭学園(せいらんがくえん)
本作の舞台となる名門私立女子校。中等部と高等部がある。中等部からエスカレーター式に高等部へ進級する者がほとんどで、奈々子の様な高校から入学する者は少ない。
ソロリティメンバーズ
学園の特権組織である社交グループ。通称:ソロリティ。家柄、教養、容姿、健康などに恵まれた生徒だけが入会出来る。新入生や留学生を上級生のメンバーズが厳しく審査し、投票で選ぶ。メンバーになれば、パーティに紹介されたり学校から専用部屋が用意されたりなどといった特権が認められて、充実な学園生活が送れるため、ソロリティに憧れる生徒も多くいるが、このような特権的な組織に批判的な者もいる。
本来のソロリティに関しては、ソロリティの項目を参照。

アニメ[編集]

手塚プロダクション製作でアニメ化され、NHK-BS21991年7月14日から1992年5月31日まで放映された。全45話だが番組放送中に4話分、番組終了後に2話分(合計6話分)の総集編が入り、物語自体は全39話。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマソング「黄金の器 銀の器」
作詞・作曲:小椋佳、編曲:原田真二、歌:高田さとみ(ファイヤー・クラッカーズ)
エンディングテーマソング「気まぐれな妖精」
作詞・作曲:小椋佳、編曲:原田真二、歌:野田貴子(ファイヤー・クラッカーズ)

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 華麗なる人びと 高屋敷英夫 出崎統 五月女有作 杉野昭夫
2 ガラスの靴 金春智子 鈴木卓夫
3 奈々子失格? 森雅美 野上和男
4 オルゴール 朝倉千筆 宮崎一哉
5 疑惑の刺 高屋敷英夫 宇田忠順
6 迷い道、ひとり 金春智子 吉村文宏
7 闇の時計塔 朝倉千筆 宮崎一哉
8 あなたが欲しい 鈴木卓夫
9 発病、砕かれた心 高屋敷英夫 出崎統 宇田忠順
10 マリ子… 朝倉千筆 橋本三郎 篠原俊哉
11 楡の木にて 金春智子 出崎統 吉村文宏
12 きずあと 森雅美 廣嶋秀樹
13 心中伝説 高屋敷英夫 鈴木卓夫
14 秘密の扉 朝倉千筆 橋本三郎 松見真一
15 蕗子、海鳴り 金春智子 出崎統 吉村文宏
16 カムバック 森雅美 廣嶋秀樹
17 追伸 高屋敷英夫 鈴木卓夫
18 夢の中へ 朝倉千筆 松見真一 瀬谷慎二
19 うたかたゲーム 金春智子 吉村文宏 杉野昭夫
20 花鋏 朝倉千筆 廣嶋秀樹
21 学園祭 森雅美 鈴木卓夫
22 夏の日のセレナーデ 高屋敷英夫 松見真一 瀬谷慎二
23 禁じられた贈り物 吉村文宏 杉野昭夫
24 アンコール 廣嶋秀樹
25 薔薇のルージュ 金春智子 佐藤豊
26 あかし、二人だけの雪 森雅美 松見真一
27 マリ子刃傷事件 小出克彦 吉村文宏
28 クリスマスキャンドル 高屋敷英夫 廣嶋秀樹
29 生徒総会 金春智子 佐藤豊
30 署名運動 高屋敷英夫
小出克彦
鈴木卓夫
31 腐った果実 金春智子
森雅美
吉村文宏
32 誇り、ラストミーティング 金春智子 出崎統 高田淳 安藤真裕
土屋堅一
33 飛翔 高屋敷英夫 廣嶋秀樹 杉野昭夫
34 沐浴 佐藤豊
35 夢海岸 金春智子 吉村文宏
36 蛍火、恋に燃えて… 森雅美
金春智子
出崎統 野上和男
37 回転木馬(メリーゴ-ランド) 金春智子
小出克彦
廣嶋秀樹 内田裕
38 YES… 高屋敷英夫 佐藤豊 杉野昭夫
39 残り香 吉村文宏

関連項目[編集]