クレオパトラ (1970年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレオパトラ
監督 手塚治虫
山本暎一
脚本 里吉しげみ
製作 米山安彦
出演者 中山千夏
ハナ肇
なべおさみ
野沢那智
音楽 冨田勲
配給 日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 日本の旗 1970年9月15日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

クレオパトラ』は、虫プロダクションが制作した日本SFアニメ映画で、1970年に公開された。虫プロダクションと日本ヘラルド映画が提携した大人向けのアニメシリーズ「アニメラマ」第2作である。原案・構成・監督は手塚治虫が務めた。

概要[編集]

人類が宇宙進出を果たした21世紀を舞台に、地球に対して「クレオパトラ計画」を企むパサトリネ星の計画の真相を調べるため、3人の地球人の精神だけをクレオパトラが生きていた紀元前50年のエジプトへタイムスリップさせる、というSF映画である。この作品でのクレオパトラは醜い容貌であったのが整形手術をして美女に生まれ変わったという設定である。また、『サザエさん』『カムイ外伝』『ハレンチ学園』といった当時の漫画キャラクターが友情出演しているほか、当時の流行やパロディが取り入れられている[1]

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 原案・構成 - 手塚治虫
  • 製作 - 米山安彦
  • 監督 - 手塚治虫、山本暎一
  • 脚本 - 里吉しげみ
  • 考証 - カセムアリ
  • キャラクターデザイン - 小島功
  • 美術 - 伊藤主計
  • 色彩設定 - 山本義也
  • 撮影 - 三沢勝治
  • 実写撮影 - 本田毅
  • 実写合成 - 堀口忠彦
  • 実写演出 - 佐藤肇
  • 編集 - 古川雅士
  • 音楽 - 富田勲
  • 音響 - 田代敦巳、明田川進、下野留之
  • 効果 - 柏原満
  • 制作 - 虫プロダクション

主題歌[編集]

「クレオパトラのテーマ」
作詞 - 中山千夏 / 作曲 - 富田勲 / 歌 - 由紀さおり東芝音楽工業/エキスプレス[2]
「ゲリラの歌」
作詞 - 能加平 / 作曲 - 小室等 / 歌 - 六文銭(東芝音楽工業/エキスプレス)

出典[編集]

  1. ^ クレオパトラ/解説、ストーリー&スタッフ”. コロムビアミュージックエンタテインメント(現・日本コロムビア). 2009年5月19日閲覧。
  2. ^ 現・ユニバーサル ミュージック合同会社 EMI Rレーベル

外部リンク[編集]