プトレマイオス13世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プトレマイオス13世Πτολεμαίος ΙΓ', 紀元前63年 - 紀元前47年)は、エジプトヘレニズム国家プトレマイオス朝ファラオプトレマイオス12世の子で姉にベレニケ4世クレオパトラ7世アルシノエ4世、弟にプトレマイオス14世英語版

父の遺言により姉クレオパトラ7世と7歳でエジプトを共治。幼いプトレマイオス13世は宮廷官人に奉られ、姉を追放しエジプトを統治しようと内戦を起こす。一時は首都アレクサンドリアを掌握し姉を追放したが、ローマの将軍グナエウス・ポンペイウスを殺害した事でローマの介入を招き、姉を支持したガイウス・ユリウス・カエサルによって殺害される(ナイルの戦い)。

異説に「戦争によって追い詰められ、船から転落して鎧の重さで浮き上がれず溺死」というものがある。

関連項目[編集]