プトレマイオス6世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プトレマイオス6世の硬貨
プトレマイオス6世の指輪
プトレマイオス6世の指輪(ルーヴル美術館所蔵)

プトレマイオス6世フィロメトル(Ptolemy VI Philometor、ギリシア語:Πτολεμαῖος Φιλομήτωρ、紀元前186年頃-紀元前145年)は、プトレマイオス朝ファラオである。紀元前180年から紀元前145年にかけて治世を行った。

プトレマイオス6世は紀元前180年、6歳の時に王位を継ぎ、母のクレオパトラ1世が亡くなる紀元前176年まで共同で統治を行った。翌年、彼は妹のクレオパトラ2世と結婚した。

紀元前170年、アンティオコス4世第6次シリア戦争を起こし、2度に渡ってエジプトに侵攻した。彼は紀元前168年に王位を宣言したが、ローマ元老院の承認を得られなかった。

紀元前169年から紀元前164年にかけて、エジプトでは、プトレマイオス6世、妹で后のクレオパトラ2世、弟のプトレマイオス8世による三頭政治が行われた。紀元前164年、彼は弟に国を追われ、ローマのマルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウスに支援を求めた。彼は翌年、王位を回復した。

紀元前152年、彼は短い期間、息子のPtolemy Eupatorと共同統治を行ったが、この年にPtolemy Eupatorは死んだと考えられている。

外部リンク[編集]