アルシノエ4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルシノエ4世Αρσινόη Δ'紀元前68年または67年 - 紀元前41年)は、プトレマイオス朝のファラオであったプトレマイオス12世の娘。ベレニケ4世クレオパトラ7世は姉、プトレマイオス13世は弟に当る。

来歴[編集]

プトレマイオス12世の死去後、プトレマイオス13世とクレオパトラは共同統治者となった。程無くプトレマイオスはクレオパトラを幽閉して実権を握った。

紀元前48年9月、ガイウス・ユリウス・カエサルグナエウス・ポンペイウスを追ってエジプトへ来た際にクレオパトラはカエサルと同盟関係を結び、プトレマイオス13世と争う姿勢を見せた。

カエサルは姉弟の共同統治に復するよう裁定したが、プトレマイオス側はこれを不服としてカエサル軍と対立。アルシノエはプトレマイオスに与し、クレオパトラと争った。紀元前47年のナイルの戦いでプトレマイオスは敗死し、アルシノエは捕虜となった。

紀元前46年8月にローマ市で行われたカエサルの凱旋式でアルシノエは市中を引き回されたが、カエサルの意向により死刑を免れ、クレオパトラの脅威とならないようエフェソスの居宅に幽閉された。

紀元前44年3月のカエサル暗殺を機にマルクス・アントニウスが実権を握ると、クレオパトラの意向を受けたアントニウス派の手によってアルシノエは殺害されたと、フラウィウス・ヨセフスの『ユダヤ古代誌』15巻に記述されている。

墓と遺骨復元[編集]

トルコエフェソスにおいて、アルシノエのものと考えられる墓所と遺骨が発見されており、そこで発見された骨や、以前に持ち出された頭蓋骨のデータ[1]から、身長約154cm、骨が細いことから細身と推察される体躯、死亡年齢は16歳前後で、ギリシャ系とアフリカ系の混血であった可能性が指摘されている[2]。この遺骨からの死亡年齢16歳は、史書からのアルシノエ死亡推定年齢よりも10歳以上も若い。そのためにまだこの骨がアルシノエと確定した訳ではない。

脚注[編集]

  1. ^ ドイツの学者が1929年に調査した際に持ち出されており、現在は所在が不明。報告書に写真付きで詳細なデータが記載されている。
  2. ^ 2009年8月2日放送NHKスペシャルエジプト発掘 第3集「クレオパトラ 妹の墓が語る悲劇」にて取り上げられた。