プトレマイオス11世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プトレマイオス11世アレクサンドロス2世Πτολεμαίος ΙΑ' Αλέξανδρος Β':Ptolemy XI Alexander II、紀元前115年頃-紀元前80年)は、古代エジプトプトレマイオス朝ファラオ(在位紀元前80年)。父はプトレマイオス10世。母親については、ベレニケ3世クレオパトラ5世セレネと説が分かれる。プトレマイオス朝最後の直系の王。

生涯[編集]

祖母クレオパトラ3世、父プトレマイオス10世セレウコス朝と戦った際、財宝を持ちコス島へ避難するも、ローマと戦っていたポントス王ミトリダテス6世の捕虜とされる。その後、ローマへ亡命。

紀元前81年プトレマイオス9世が死去すると、エジプトではベレニケ3世が単独で統治を行なうが、ローマのルキウス・コルネリウス・スッラの援助を取り付けたプトレマイオス11世は、プトレマイオス10世の遺志と称して帰国し、ベレニケ3世と強引に結婚し即位した(紀元前80年)。共同統治を始めた二人だったが、プトレマイオス11世は結婚の19日後に彼女を暗殺した。これに怒ったアレクサンドリア市民の暴動で彼は殺害され、プトレマイオス朝の直系は断絶した。