クレオパトラ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレオパトラ2世(ルーブル美術館

クレオパトラ2世Κλεοπάτρα Β'ラテン文字表記:Cleopatra II Philometora Soteira、紀元前185年頃-紀元前116年)は、古代エジプトプトレマイオス朝ファラオ・女王(在位紀元前173年-紀元前164年紀元前163年-紀元前127年紀元前124年-紀元前116年)。父はプトレマイオス5世、母はクレオパトラ1世プトレマイオス6世フィロメトルプトレマイオス8世フュスコンの姉妹で、それぞれの后となった。プトレマイオス6世との子にプトレマイオス7世クレオパトラ3世コッケクレオパトラ・テアがいる。

生涯[編集]

紀元前173年プトレマイオス6世フィロメトルと結婚。紀元前170年、夫の弟プトレマイオス8世フュスコンとの共同統治の下、セレウコス朝アンティオコス4世との戦争に臨む。紀元前168年ローマの援助もあり、シリアの侵略を退ける事に成功した。その後、夫とフュスコンの権力闘争が激化し、ローマ調停の下で夫フィロメトルがエジプトの統治者となる(紀元前163年)。

紀元前145年、夫フィロメトルが死去し、キュレネ王となっていたフュスコンと結婚し、統治者とした。この際、プトレマイオス7世はフュスコンとクレオパトラ2世の結婚式の日に殺害されたと言われる。紀元前142年、フュスコンが、クレオパトラ2世の娘クレオパトラ3世コッケを后としたため、フュスコン・コッケとの関係が悪化した。

紀元前131年、クレオパトラ2世は夫に対する反乱を起こし、フュスコンとコッケを追放して、フュスコンとの子プトレマイオス・メンフィティスを王と宣言した。メンフィティスはまもなくフュスコンに殺害され、彼女はシリアのデメトリオス2世と同盟を結んだ。紀元前127年にはシリアへ逃走するも、紀元前124年、フュスコンとの和解が成立。フュスコン・コッケとの三頭体制が復活し、紀元前116年、夫の死後まもなく死去した。