クレオパトラ・テア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレオパトラ・テアをあしらった硬貨。裏側には二重となった豊穣の角が刻まれており、さらに古代ギリシャ語の文字、「ΒΑΣΙΛΙΣΣΗΣ ΚΛΕΟΠΑΤΡΑΣ ΘΕΑΣ ΕΥΕΤΗΡΙΑΣ」と刻まれている。「ΖΠΡ」はセレウコス朝の187年を意味しており、紀元前126–125のことである。

クレオパトラ・テアΚλεοπάτρα Θεά:Cleopatra Thea、紀元前164年? - 紀元前121年)はセレウコス朝シリアの女王(在位紀元前126年または紀元前125年-紀元前121年)。プトレマイオス朝エジプトプトレマイオス6世クレオパトラ2世の娘。シリア王アレクサンドロス1世バラスデメトリオス2世ニカトルアンティオコス7世シデテスの妻となる。

生涯[編集]

紀元前150年、セレウコス朝でデメトリオス1世ソテルアレクサンドロス1世バラスの王位を巡る内戦が発生すると、プトレマイオス6世はバラスを支援し、娘クレオパトラ・テアと結婚させた。バラスとの子がアンティオコス6世ディオニュソスである。

バラスは勝利したものの、まもなくプトレマイオス6世と対立し、テアは離婚した。バラスはデメトリオス2世ニカトル(同1世の子)に敗北し、テアはニカトルと結婚した(紀元前145年)。ニカトルとの子がセレウコス5世フィロメトルアンティオコス8世グリュポスである。ニカトルがパルティアとの戦闘で捕虜となってから、ニカトルの弟アンティオコス7世シデテスと結婚し、アンティオコス9世キュジケノスをもうけた。

シデテスがパルティアに殺害されてニカトルが復位するものの、反乱が続き、ニカトルは簒奪者アレクサンドロス2世ザビナスの軍に敗走、妻テアの命令で殺害された(紀元前125年)。

テアは女王として権力を掌握し、息子セレウコス5世フィロメトルを即位させるも、対立し殺害した。フィロメトルに続きアンティオコス8世グリュポスを擁立するが、まもなく対立し、毒殺を図って逆に毒殺された(紀元前121年)。


先代:
デメトリオス2世ニカトル
セレウコス朝君主
紀元前125年 - 紀元前121年
次代:
アンティオコス8世グリュポス