杉井ギサブロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

杉井 ギサブロー(すぎい ギサブロー、本名・杉井儀三郎(すぎい ぎさぶろう)、1940年8月20日 - )はアニメーション監督、日本画家。静岡県沼津市出身。日本映画監督協会会員。日本アニメーター・演出協会(JAniCA)会員。代表作に『タッチ』、『銀河鉄道の夜』『あらしのよるに』など。タツノコプロ出身のアニメーターの杉井興治は実弟。

経歴[編集]

沼津市に小学校5年生の途中まで在住。1945年7月の沼津大空襲にも遭遇している[1]。小学校時代は漫画を愛する「マンガ少年」であった[2]。沼津時代の末期に見たディズニーの『バンビ』に強い印象を受け、アニメーションを「一生の仕事にしよう」と決意する[3]。同年、東京に転居し、原宿に住む[4]。当時の日本ではアニメーション業界に就職する具体的な方法がわからなかったため、漫画家を目指そうと、中学3年生の時にうしおそうじの元に赴き、押しかけのような形で弟子入りした[5]。中学卒業後も高等学校へは進学せず、アルバイトをしながら画塾やうしおの自宅に通っていた[5]

1958年、新聞に掲載されていた東映動画(現・東映アニメーション)の求人広告を親類に教えられたことをきっかけに、入社試験に応募[6]。書類選考・面接・実技試験(杉井によると、実技試験は受験者約50 - 60人中合格者は10数人)を経て17歳で東映動画に入社[6]。養成期間の後、東映動画の長編第1作である『白蛇伝』の動画スタッフとして、大塚康生の班に配属される[7][8]。杉井は大塚から絵を動かす意味を叩き込まれたが、その仕事ぶりに接して大塚のような原画家にはなれないと痛感したという[9]。一方、大塚の側は著書で当時の杉井について「たいへんな凝り性」と評し、何度も納得がいくまで描き直す仕事ぶりが(目標枚数が会社から指示されていた状況では)「理想主義としかいいようがありませんでした」と記しつつ、後に演出家となって「アニメーターとして名演技を描く機会を失ってしまったのは残念です」と結んでいる[10]

その後も杉井は東映動画の長編作品(『少年猿飛佐助』『西遊記』『安寿と厨子王丸』『アラビアンナイト・シンドバッドの冒険』)にアニメーターとして参加したが、これらの作品のいずれにも興味を抱くことができなかった[11]。加えて、当時東映動画で盛んになった労働組合運動に馴染むことができず、1961年に東映動画を退社する[11]

東映動画退社後は3ヶ月ほど仕事もしなかったが、東映動画時代の知人である月岡貞夫から、手塚治虫が動画スタジオを作ることを紹介されて虫プロダクションに入社する[12]。虫プロの第一作となった短編『ある街角の物語』に参加し、続けて日本最初の本格的テレビアニメとなった『鉄腕アトム』にもスタッフとして加わる。この作品で手塚が導入したリミテッドアニメ(コマ数を減らしたり、止め絵を使用する)のスタイルに大きなショックを受けたと後年述べている[13]。虫プロでは演出も手がけるようになり、『鉄腕アトム』の演出の中心メンバーとなった。

1967年に出崎統奥田誠治吉川惣司らと虫プロから独立して、アートフレッシュを設立。『悟空の大冒険』『どろろ』など虫プロ作品の総監督を中心として活動した。

1969年に虫プロの音響スタッフだった田代敦巳明田川進らと共にグループ・タックを設立。この頃、『ルパン三世』の最初のアニメ化企画を東京ムービーに持ち込み、パイロットフィルムの原画を担当している[14](詳細は後述)。

1974年に劇場アニメ『ジャックと豆の木』を監督し、テレビアニメ『まんが日本昔ばなし』の立ち上げに携わったのを最後に放浪の旅に出る[15]。これについて杉井は、大きなきっかけがあったわけではなく、「成り行きまかせにアニメを生業としていいのか」という思いが湧きあがったためと後年記している[16]。日本各地を転々とし、「鬼の子」をモチーフとした絵を1枚500円で売って生計を立てていた[17][18]。放浪中は基本的にアニメからは離れていたが、ごくたまにグループ・タックの前田庸生と連絡を取り、東京に残してきた家族の生活費のため、アルバイト的に『まんが日本昔ばなし』の絵コンテを切っていた[19]。そのときには、旅先から絵コンテを送付した(「杉井ギサブロー」名義の他、「漉田実」「杉田実」といった名義を使用)[20]

1982年の『孫悟空シルクロードをとぶ!!』を経て[21]、1983年のあだち充原作のスペシャルアニメ『ナイン』で本格的に復帰を果たす。『ナイン』については、放浪中の旅先でたまたまあだちの漫画に接して関心を持っていたところに、広告代理店の知人から『ナイン』のアニメ化について意見を求められ、「それなら僕に監督をやらせてほしい」と申し出たという[22]。完成後にはいったん旅に戻ったが、『ナイン』の続編が決まったため、復帰することとなった[22]

続けて1985年から総監督を担当したあだち充原作のテレビシリーズ『タッチ』は大ヒットとなり、日本アニメ大賞アトム賞を受賞。

2006年から京都精華大学マンガ学部アニメーション学科の専任教員に就任した。

2012年7月28日に杉井を取り上げたドキュメンタリー映画『アニメ師・杉井ギサブロー』(石岡正人監督)が公開された。

『ルパン三世』と杉井ギサブロー[編集]

モンキー・パンチの漫画『ルパン三世』は1971年にテレビアニメ化されて以来、2014年現在も新作アニメが制作される人気シリーズになっているが、このアニメ化のきっかけを作ったのが杉井であった。杉井は1969年の『どろろ』の放送開始前に同じく虫プロ出身の勝井千賀雄と共に、『ルパン三世』のアニメ化の企画を東京ムービーに持ち込んだ。東京ムービーは、『ルパン三世』を劇場用長編アニメとして東宝に売り込むことになり、1969年頃に『ルパン三世 パイロットフィルム』が制作され、杉井は将棋のシーンと峰不二子のダンスシーンの作画を担当した。『ルパン三世』は1971年にテレビアニメとしてアニメ化が実現し、以後何作も作られたが、杉井は長くスタッフとして参加することはなかった。しかし、四半世紀以上経った1996年になって、『金曜ロードショー』の枠でテレビスペシャル『ルパン三世 トワイライト☆ジェミニの秘密』を監督。放送の際には『金曜ロードショー』で映画解説を担当する映画評論家水野晴郎によって企画者だった事実も紹介されていた。

主な作品[編集]

著書[編集]

  • 『アニメと生命と放浪と 「アトム」「タッチ」「銀河鉄道の夜」を流れる表現の系譜』ワニブックス《ワニブックスPLUS新書》、2012年(企画・構成:藤津亮太

ドキュメンタリー映画[編集]

  • 『アニメ師・杉井ギサブロー』
2012年7月28日公開の杉井ギサブローについてのドキュメンタリー映画。監督は石岡正人

参考文献[編集]

  • 大塚康生『作画汗まみれ 改訂最新版』文藝春秋〈文春ジブリ文庫〉、2013年

脚注[編集]

  1. ^ 杉井、2012年、p15
  2. ^ 杉井、2012年、p49
  3. ^ 杉井、2012年、pp.50 - 53
  4. ^ 杉井、2012年、p55
  5. ^ a b 杉井、2012年、pp.56 - 59。うしおに弟子入りしようとした理由は、うしおの漫画では建築物が非常に正確に描かれていることが好きだったからと記している。
  6. ^ a b 杉井、2012年、pp.59 - 65
  7. ^ 杉井、2012年、p69
  8. ^ 大塚康生によると、『白蛇伝』の制作体制は、森康二と大工原章の2名が原画で、その下に動画と原画の中間の「セカンド」として大塚ら6人が、動画担当を従えた「班」を構成していた(大塚、p.66 - 67)
  9. ^ 杉井、2012年、pp.86 - 90。杉井は「まぎれもなく一つの挫折だった」と記している。
  10. ^ 大塚、p.73。このページには大塚が杉井らとともに映った写真が掲載されている。
  11. ^ a b 杉井、2012年、pp.70 - 72
  12. ^ 杉井、2012年、pp.72 - 73
  13. ^ 杉井、2012年、pp.92 - 95
  14. ^ 杉井、2012年、p235
  15. ^ 平家物語をアニメ化するためのプレゼンテーションをしたことが放浪のきっかけになったという。Animation Meister - Vol.6 杉井 ギサブロー | 文化庁メディア芸術プラザ
  16. ^ 杉井、2012年、p114
  17. ^ 杉井ギサブロー氏インタビュー | VIPO - 映像産業振興機構
  18. ^ 杉井、p116
  19. ^ 杉井、2012年、p151
  20. ^ 漉田実」「杉田実」は、監督の前田庸生とプロデューサーの中田実紀雄との共同ペンネーム。で、明日の「まんが日本昔ばなし」ミニ情報。 - 『萬雅堂』便り。左記のリンクには記載されていないが、「漉田實」表記の回も存在し、これも同様に三人の共同ペンネームであると思われる。
  21. ^ ただし、『アニメと生命と放浪と』ではこの作品への参加について、巻末の略年譜も含めて一切触れられていない。
  22. ^ a b 杉井、2012年、pp.150 - 155

外部リンク[編集]

関連項目[編集]