手塚治虫文化賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記U+FA10.svgと異なる可能性があります。

手塚治虫文化賞(てづかおさむぶんかしょう)は、朝日新聞社が主催する、優れた漫画に授与する各の総称。

概要[編集]

手塚治虫の業績を記念し、「マンガ文化の健全な発展」を目的に1997年に創設。選考委員として、業界の重鎮ではなく「現在の漫画をよく読む人物」が選ばれている点、選考委員の審査内容が公開される点が特徴である。

選考年の前年に発行され、読者・選考委員から推薦された単行本が対象(このため連載中の作品でも単行本が出なかったものは選考対象にならない)。審査員の投票による一次選考ののち、最終選考を経て各受賞作が決定される。選考委員の推薦・投票内容は公開される。

選考方法[編集]

一次選考
マンガ関係者と一般読者からの推薦をもとに選ばれた選考対象作品に、審査員一人につき持ち点15点、1作品にひとり最大5点までの投票が行なわれる(点の振り分け方は自由)。上位の作品がノミネート作品となる。
最終選考
第6回までは1位~5、6位までの傾斜配点による審査員の投票により決定されていた。第7回以降は投票ではなく審査員の合議によって決定される。

賞金・賞品[編集]

正賞と副賞が贈られる。正賞は造形作家・横山宏による鉄腕アトムをイメージしたブロンズの賞牌。

マンガ大賞 
正賞:ブロンズ像、副賞:200万円
年間を通じもっとも優れた作品に与えられる。
優秀賞(第6回まで)
正賞:ブロンズ像、副賞100万円
大賞に準ずる優れた作品に与えられる。
新生賞(第7回以降)
正賞:ブロンズ像、副賞:100万円
斬新な表現、画期的なテーマなど新しい才能を示した作品に与えられる。
短編賞(第7回以降) 
正賞:ブロンズ像、副賞:100万円
短編、4コマ漫画1コマ漫画などの優れた作品、作者に与えられる。
特別賞 
正賞:ブロンズ像、副賞:100万円
漫画文化の発展に寄与した人物、団体に与えられる。
読者賞(第18回)
正賞:記念の盾、副賞:10万円
第18回の特別企画として設けられた。朝日新聞デジタル会員の投票で決定。

歴代受賞作品[編集]

第1回1997年

選考委員:荒俣宏、石上三登志、いしかわじゅん大月隆寛岡田斗司夫、印口崇、唐沢俊一呉智英小松左京斉藤由貴里中満智子三代目魚武濱田成夫鈴木光司関川夏央高橋源一郎タケカワユキヒデ鶴見済長谷邦夫荷宮和子、古川益蔵、フレデリック・ショット、村上知彦、夢枕獏養老孟司米澤嘉博

第2回1998年

選考委員:荒俣宏、石上三登志、いしかわじゅん、大月隆寛、岡田斗司夫、印口崇、唐沢俊一、呉智英、小松左京、斉藤由貴、里中満智子、三代目魚武濱田成夫、鈴木光司、関川夏央、高橋源一郎、タケカワユキヒデ、鶴見済、長谷邦夫、荷宮和子、古川益蔵、フレデリック・ショット、村上知彦、夢枕獏、養老孟司、米澤嘉博

第3回1999年

選考委員:荒俣宏、石上三登志、いしかわじゅん、大月隆寛、岡田斗司夫、印口崇、唐沢俊一、呉智英、小松左京、斉藤由貴、里中満智子、三代目魚武濱田成夫、鈴木光司、関川夏央、高橋源一郎、タケカワユキヒデ、長谷邦夫、荷宮和子、古川益蔵、フレデリック・ショット、村上知彦、夢枕獏、養老孟司、米澤嘉博

第4回2000年

選考委員:荒俣宏、石上三登志、いしかわじゅん、印口崇、呉智英、里中満智子、J・ベルント、関川夏央、竹内オサム藤本由香里、[細萱敦、水野英子、村上知彦、夢枕獏、米澤嘉博

第5回2001年

選考委員:荒俣宏、石上三登志、いしかわじゅん、大月隆寛、岡田斗司夫、印口崇、唐沢俊一、呉智英、小松左京、斉藤由貴、里中満智子、三代目魚武濱田成夫、鈴木光司、関川夏央、高橋源一郎、タケカワユキヒデ、鶴見済、長谷邦夫、荷宮和子、古川益蔵、フレデリック・ショット、村上知彦、夢枕獏、養老孟司、米澤嘉博

第6回2002年

  • マンガ大賞:井上雄彦バガボンド
  • マンガ優秀賞:三浦建太郎ベルセルク
  • 特別賞:なし
  • 最終選考結果(得点):井上雄彦、原作/吉川英治『バガボンド』(63点)、三浦建太郎『ベルセルク」(57点)、小畑健、原作/ほったゆみ『ヒカルの碁』(53点)、新井英樹『ザ・ワールド・イズ・マイン』(47点)、清水玲子『秘密-トップシークレット-』(45点)、尾田栄一郎『ONE PIECE』(40点)

選考委員:荒俣宏、石上三登志、いしかわじゅん、印口崇、呉智英、里中満智子、関川夏央、ジャクリーヌ・ベルント、竹内オサム、細萱敦、藤本由香里、水野英子、村上知彦、夢枕獏、米澤嘉博

第7回2003年

選考委員:荒俣宏、いしかわじゅん、香山リカ、呉智英、清水勲、関川夏央、マット・ソーン、萩尾望都

第8回2004年

  • マンガ大賞:岡崎京子ヘルタースケルター
  • 新生賞:もりもと崇 『難波鉦異本(なにわどらいほん)』
  • 短編賞:秋月りすOL進化論』など一連の作品
  • 特別賞:みなもと太郎 (歴史マンガの新境地開拓とマンガ文化への貢献に対して)
  • 一次選考結果(得点):佐藤秀峰『ブラックジャックによろしく』(22点)、岡崎京子『ヘルタースケルター』(13点)、矢沢あいNANA』(10点)、みなもと太郎『風雲児たち 幕末編』(8点)、福島聡『少年少女』(5点)、荒川弘鋼の錬金術師』(5点)、羽海野チカハチミツとクローバー』(5点)、山岸凉子舞姫 テレプシコーラ』(5点)、すずき大和『まんが紀行 奥の細道』(5点)
  • 備考:一次選考で最多得票を得ていた佐藤秀峰(『ブラックジャックによろしく』)がノミネートを辞退している。また大賞受賞作『ヘルタースケルター』は作品の発表(雑誌掲載)自体は10年ほど前である。

選考委員:荒俣宏、いしかわじゅん、香山リカ、呉智英、清水勲、関川夏央、マット・ソーン、萩尾望都

第9回2005年

川崎市市民ミュージアム(2005年度特別賞)

選考委員:荒俣宏、いしかわじゅん、香山リカ、呉智英、清水勲、関川夏央、マット・ソーン、萩尾望都

第10回2006年

選考委員:荒俣宏、いしかわじゅん、印口崇、香山リカ、呉智英、萩尾望都、藤本由香里、村上知彦

第11回2007年

選考委員:荒俣宏、いしかわじゅん、印口崇、香山リカ、呉智英、萩尾望都、藤本由香里、村上知彦

第12回2008年

大阪府立国際児童文学館(2008年度特別賞)

選考委員:荒俣宏、いしかわじゅん、印口崇、香山リカ、呉智英、萩尾望都、藤本由香里、村上知彦

第13回2009年

選考委員:印口崇、呉智英、竹宮惠子中条省平永井豪、藤本由香里、三浦しをん、村上知彦

第14回2010年

社外選考委員:印口崇、呉智英、竹宮惠子、中条省平、永井豪、藤本由香里、三浦しをん、村上知彦

第15回2011年

社外選考委員:印口崇、呉智英、竹宮惠子、中条省平、永井豪、藤本由香里、三浦しをん、村上知彦

第16回2012年

社外選考委員:竹宮惠子、中条省平、永井豪、中野晴行ブルボン小林ジャクリーヌ・ベルントヤマダトモコ

第17回2013年

社外選考委員:あさのあつこ、竹宮惠子、中条省平、永井豪、中野晴行、ブルボン小林、ジャクリーヌ・ベルント、ヤマダトモコ

第18回2014年

社外選考委員:あさのあつこ、竹宮惠子、中条省平、永井豪、中野晴行、ブルボン小林、ジャクリーヌ・ベルント、ヤマダトモコ

参考文献[編集]

  • AERA MOOK「ニッポンのマンガ 手塚治虫文化賞10周年記念」2006年、朝日新聞社 ISBN 978-4022744036

外部リンク[編集]