七色いんこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

七色いんこ』(なないろいんこ)は、手塚治虫漫画作品。1981年から1982年まで、週刊少年チャンピオン秋田書店)に連載、全47話。2000年稲垣吾郎主演で舞台化。

概要[編集]

代役専門で舞台役者を請け負いながら、幕間に金持ち客の金品を失敬する役者泥棒・七色いんこと彼を追う女刑事・千里万里子の物語。

当初は「ブラックジャック」のような、七色いんこを狂言回しとしたシリアスな話が多かったが、次第に名作劇をパロディ化した作品が多くなっていった。

登場人物[編集]

七色いんこ(なないろいんこ)
老若男女どんな役でもこなす、代役専門の舞台俳優。
まったくの素人で本業の役者ではないのだが、卓越した変装と声色の技術を持っており、客のみならず有名演出家や一流の女優を唸らせうるほどの演技力を持つ。セリフの記憶力も非常に高く、当日ギリギリの依頼でも難なく引き受ける。
しかし、観客を熱狂させる名優というのは彼の一面でしかなく、その本業は泥棒。舞台に立つ際には出演料を貰わない代わりに、その変装術を活かして劇場内にやって来る金持ちから宝石類などの金品を盗む。演劇の際以外にも、金持ちぶりを振りまいている人間を騙すなどしてしばしば盗みを働いている。本人に言わせると「モノマネがうまい素人役者、そしてドロボー」らしい。
盗みをする理由は本人曰く、「かつて、演劇が大道芸だった頃は見物人の中の金持ちが気前よくお金を払い、貧乏人はお金を払わなくても黙認されていた、かつての美習を踏襲した」という事だが、どうにも言い訳くさく、実際には演劇とは全く関係無く盗みをする場合も多い(作中では何らかの事情で結局は失敗、もしくはいんこ自身が盗みをやめることが多い)。
演技をしていない時は青みがかった緑色のおかっぱのカツラとサングラスで変装しているが、これはカツラの裏に変装道具を隠しているためである。また、有名な劇場などには必ずと言っていいほど変装道具を隠している。お気に入りのコーヒーショップがあり、いつもそこでコーヒーを飲んだり漫画を読んだりしてくつろいでいる。よくなついた手乗りインコを飼っているほか、ある事件をきっかけに犬の玉サブローと一緒に暮らしている。
出演の依頼をするには「新宿区私書箱5826432」に速達で手紙を郵送すること。正装したインコの絵が描かれている独自の名刺を持っており、自己紹介の際にはそれを使っている。
いんこのホンネ
いんこにしか見えない幻覚(姿は「ママー」そっくり)。他人にはボロ切れにしか見えない。医者によれば、常日頃から他人を演じ続けることで潜在的な自分の欲求が幻覚として現れたものらしい。
いんこが意地をはっているときに現れ、「本当は〜したいんだろう」と嫌味ったらしい言葉をかける。ホンネの言葉のせいでさらに意地をはってとんでもない結果を招いたり、良心の呵責に耐えかね渋々ホンネに従ったりすることになる。他にも家中の食べ物を食い荒らしたり、妻や2人の子供と共にいんこの周囲で大騒ぎして度々事態を引っかき回したりと、いんこはこのホンネのせいで度々ひどい目に遭っている。
千里 万里子(せんり まりこ)
いんこを追う女性刑事。捜査二課、詐欺・知能犯担当。年齢は第7話時点で19歳2ヶ月。
高校時代は関東女番長連合の中ボス「スケバン千里」として名を馳せていて、他校の男番長の肋骨を3本折ったこともあるらしい。演劇や恋愛を好む奴はひ弱な奴だと言って馬鹿にしていたせいか、あまり教養は無い。女らしい服装や言動は好まず、怒るとすぐに手が出る。その経歴から腕っ節は非常に強く、女性警官としても射撃大会などで成績を残し既に相当の名を上げている模様。
鳥に強烈なアレルギーを持っており、鳥の姿を見たり声を聞いたりすると、じんましんが出て身体が三等身ほどの子供じみた体格に縮んでしまう(種類を問わずあらゆる鳥に拒否反応を起こし、挙句にフライドチキンまでにも反応する)。
いんこを追っているがその一方で好意を抱いていて、本人は否定するものの実際は彼に会いたがっている。いんこに危機が訪れた際には本気で心配し、いんこがラブシーンを演じた際には嫉妬したことも。
玉サブロー(たまサブロー)
いんこに飼われている白い小型犬
元は演劇界の重鎮だった老人・牛沢氏の飼い犬で、彼に息子代わりに育てられ芸を仕込まれた。そのため、犬を超越した演技力や知能、身体能力を持つ。二足歩行もたやすく行い、人間の子どもに変装したこともある。いんこにはよく町中に散歩に連れて行ってもらっており、いんこに連れられて盗みの手伝いをすることもある。
酒好きで頻繁に酔っ払っていることもあって、よく流し目を送ったり目をトロンとさせているのが特徴。また、いんこに抱きついたり股間に首を突っ込むなど、ホモを疑わせる行動が多々みられる。
千里警部(せんりけいぶ)
万里子の直属の上司であり、かつ父親。外見は手塚作品の「下田警部」。
警察官としては厳格だが、親として万里子に接する際は娘を気遣う優しい父親である。万里子がいんこを担当するようになったのも、元は演劇におしゃれをして行くような女性になって欲しいという警部の計らいが含まれている。
小田原 丁珍(おだわら ちょうちん)
捜査二課、七色いんこ担当の刑事。
万里子が七色いんこの事件の担当になったことで彼女の部下となり、よく万里子と共に張り込みなどを行っている。実直に仕事をしていて、万里子のことは「(千里)刑事どの」と呼ぶ。
男谷 マモル(おたに マモル)
万里子が見合い相手として父親から紹介された男性で、アメリカ・バークレイ大学の研究室に籍を置く心理学者。
しかし、万里子にとっては「ガリ勉」として嫌悪の対象でしかなく、父親の手前ある程度は取り繕うそぶりは見せているが、内心では万里子から大いに煙ったがられている。
鍬潟 隆介(くわがた りゅうすけ)
いくつもの会社を経営している日本の財界のドン。裏では際どい事をちょくちょく行っており、そのため黒い噂も絶えない。一人息子の事は不器用ながら愛していたふしがある。


結末で明かされる登場人物の素顔など[編集]

サブタイトル[編集]

タイトルのほとんどが実在する演劇や小説からとられている。括弧内はその由来となった作品の作者。

  1. ハムレットウィリアム・シェイクスピア
  2. どん底マクシム・ゴーリキー
  3. 人形の家ヘンリック・イプセン
  4. 修善寺物語 (岡本綺堂
  5. ガラスの動物園テネシー・ウィリアムズ
  6. 検察官 (ニコライ・ゴーゴリ
  7. 電話 (ジャン・カルロ・メノッティ
  8. ゴドーを待ちながらサミュエル・ベケット
  9. アルト=ハイデルベルク (マイヤー・フェルスター)
  10. 誤解 (アルベール・カミュ
  11. ピーター・パンジェームス・マシュー・バリー
  12. ヴァージニア・ウルフなんかこわくないエドワード・オールビー
  13. 幕間
  14. 化石の森 (ロバート・シャーウッド)
  15. じゃじゃ馬ならしウィリアム・シェークスピア
  16. 彦市ばなし (木下順二
  17. シラノ・ド・ベルジュラックエドモン・ロスタン
  18. 青い鳥モーリス・メーテルリンク
  19. 南総里見八犬伝曲亭馬琴
  20. オンディーヌジャン・ジロドゥ
  21. 12人の怒れる男レジナルド・ローズ
  22. 悪魔の弟子 (ジョージ・バーナード・ショー
  23. 棒になった男 (安部公房
  24. タルチュフモリエール
  25. ピグマリオンジョージ・バーナード・ショー
  26. 靭猿
  27. 森は生きているサムイル・マルシャーク
  28. セールスマンの死アーサー・ミラー
  29. 三文オペラベルトルト・ブレヒト
  30. 王女メディアエウリピデス
  31. 犀 (ウジェーヌ・イヨネスコ
  32. R・U・Rカレル・チャペック
  33. 結婚申込 (アントン・チェーホフ
  34. 俺たちは天使じゃない (アルベール・ユッソン)
  35. ベニスの商人ウィリアム・シェイクスピア
  36. 仮名手本忠臣蔵竹田出雲・三好松洛・並木千柳)
  37. 幕間II
  38. コルネヴィルの鐘 (ロベール・プランケット)
  39. 恋わずらいのなおし方 (ソーントン・ワイルダー
  40. サロメオスカー・ワイルド
  41. 欲望という名の列車テネシー・ウィリアムズ
  42. 作者を探す六人の登場人物 (ルイージ・ピランデッロ
  43. オセロウィリアム・シェイクスピア
  44. 十一ぴきのねこ馬場のぼる井上ひさし
  45. 探偵(スルース) (アンソニー・シェーファー
  46. 終幕
  47. タマサブローの大冒険

その他[編集]

コミックス[編集]

外部リンク[編集]