ジャン=カルロ・メノッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン・カルロ・メノッティ(Gian Carlo Menotti 1911年7月7日カデリアーノ=ヴィコナーゴ - 2007年2月1日モンテカルロ)は、イタリア出身のアメリカ合衆国オペラ作曲家台本作家。アメリカにおけるクリスマス・オペラの定番『アマールと夜の来客』(Amahl and the Night Visitors, 1951年)が代表作。「二つの世界」音楽祭やスポレート音楽祭などのフェスティバルの設立にも関わった。エリオット・カーターと並んでアメリカ合衆国における長老作曲家の一人。名は Gian-Carlo と綴られることも多く、日本語でもジャン=カルロ・メノッティとする表記もある。

経歴[編集]

イタリア王国ロンバルディア州出身。8人兄弟の6番目に生まれる。祖父はカデリアーノ・ヴィコナーゴの市長であった。7歳で作曲を始め、11歳で自ら台本を書いて最初のオペラ『ピエロの死』を作曲する。1923年ミラノヴェルディ音楽院に入学する。コーヒー商人をしていた父親に先立たれると、母親とともに渡米し、アルトゥーロ・トスカニーニの推薦状とともにフィラデルフィアカーティス音楽院に進学、ロザリオ・スカレロより作曲の指導を受ける。同世代の同校出身者にはレナード・バーンスタインルーカス・フォスニーノ・ロータサミュエル・バーバーなどがいるが、そのうち1歳年上のサミュエル・バーバーとは在学中に知り合い、その後長らく同性愛の関係を続けた。メノッティはバーバーのオペラのうち『ヴァネッサ』と『ブリッジ遊び』(A Hand of Bridge)に台本を提供しただけでなく、フランコ・ゼフィレッリ台本のバーバーのオペラ『アントニーとクレオパトラ』(Antony and Cleopatra)の改訂と再上演も行っている。

1944年のメノッティ。カール・ヴァン・ヴェクテン撮影

メノッティの最初の成熟したオペラ『アメリア舞踏会に行く』(Amelia al Ballo, 1937年)は、まだカーティス在籍中に、自作のイタリア語の台本に曲付けしたものだった。この他のイタリア語オペラは、『島の神』(1942年)と『最後の野蛮人』(1963年)ぐらいしかない。メノッティは自作の全ての台本を自ら執筆している。最も成功した作品は、1940年代から1950年代にかけて創作された。母校カーティスで教鞭を執ったことがあり、そのうち最も成功した門人に作曲家のスタンリー・ホリングワースがいる。

『アメリア舞踏会へ行く』があまりに好評だったため、NBCからラジオ向けオペラを2曲委嘱される。まず最初に書き下ろされたのが『老嬢と泥棒』(The Old Maid and the Thief, 1939年)だった。これに続いて、バレエ音楽『セバスチャン』(1944年)とピアノ協奏曲1945年)を完成させてから、『霊媒』(The Medium, 1946年)と『電話、または三角関係』(The Telephone, or L'Amour à trois, 1947年)によってオペラに復帰する。

『電話』は現代的な素材を扱ったオペラとして特に注目される。男が婚約を申し込みに恋人の家へ行くと、電話が鳴ってことごとく邪魔され、最後は男も恋人の家を立ち去ってから電話でプロポーズするという内容の喜劇。同じ電話を扱ったオペラであるプーランクの『人間の声』は悲劇で、対照的である(両方とも1幕ものの短編オペラであり、両者を一夜で上演することも可能である)。ソニーの会長だった大賀典雄バリトン歌手としてドイツ留学時代、このメノッティの『電話』をSPレコードに録音している。

それまで1幕オペラばかりを書き継いできたメノッティであったが、1950年の『領事』(The Consul, 全3幕)によってこの習慣を破る。同年これが初演されると、ピューリッツァー賞に輝き、1954年にはニューヨーク演劇サークル批評家賞年間大賞も授与された。1951年に愛すべきクリスマス・オペラ(テレビ・オペラと銘打たれている)『アマールと夜の来客』を作曲する。

1958年イタリアスポレート音楽祭を創設した。1977年にはサウスカロライナ州チャールストンに米国スポレート音楽祭も併設した。しかし、1993年にこれを辞してローマ歌劇場の支配人となった。

1984年に芸術界における長年の功労に対してケネディセンター叙勲賞を授与され、1991年に「ミュージカル・アメリカ」の「今年の顔」に選ばれた。

サミュエル・バーバーとともに、30年間にわたって同棲していたニューヨーク州キスコ山のカプリコーンの家屋を売り払うと、今度はトーマス・シッパーズと関係を結んだ。シッパーズは1977年に、バーバーは1981年に鬼籍に入った。

メノッティは1974年にアメリカを去り、スコットランドイースト・ロージアンギフォード英語版にあるツィードデール侯爵邸宅に移り住んだ(この家の音響効果が気に入ったため)。2007年モンテカルロの病院で死去し、ギフォードのYester Kirkに埋葬された[1]

メノッティの影響力は、クラシック音楽界を超えてポピュラー音楽にまで及んでいる。国際的なベストセラー歌手ローラ・ブラニガンは、1980年代から1990年代にかけて出したいくつかのアルバムに、発声教師としてメノッティの名を挙げている。

メノッティは『セバスチャン』以外にもいくつかのバレエ音楽を作曲しており、合唱曲も手懸けている。そのうち最も著名なのは、カンタータ『ブリンディジ司教の死』(The Death of the Bishop of Brindisi, 1963年)である。このほかにヴァイオリン協奏曲や舞台劇『らいを病む人』(The Leper)、交響曲第1番『ハルシオン』(The Halcyon)などがある。とはいえ、メノッティがアメリカ文化に対して最もよく貢献したのは、やはりオペラの分野においてであった。

その他のオペラ作品[編集]

  • ブリーカー街の聖人 The Saint of Bleeker Street (1954年)
  • マリア・ゴロヴィン Maria Golovin (1958年)
  • テレビ・オペラ「迷宮」 Labyrinth (1963年)
  • マーティンの嘘 Martin's Lie (1964年)
  • Help, Help, the Globolinks! (1968年)
  • 最重要人物 The Most Important Man (1971年)
  • タムタム Tamu-Tamu (1973年)
  • The Egg (1976年)
  • ヒーロー The Hero (1976年)
  • ジプシー裁判 The Trial of the Gypsy (1978年)
  • チップの飼い犬 Chip and his Dog (1979年)
  • La Loca (1979年)
  • 冥府から来た花嫁 A Bride from Pluto (1982年)
  • 大きくなりすぎたぼうや The Boy Who Grew Too Fast (1982年)
  • ゴヤ Goya (1986年1991年改訂)
  • 結婚 The Wedding (Giorno da Nozze) (1988年)
  • 歌う子供 The Singing Child (1993年)

脚注[編集]

  1. ^ http://www.findagrave.com/cgi-bin/fg.cgi?page=gr&GSln=Menotti&GSbyrel=in&GSdyrel=in&GSob=n&GRid=17832710&